男子ごはんHOME

2008年12月22日

#36トークタイム『世界のクリスマス料理』

◇テレビ東京・12月21日放送分

太一:今日は色々なクリスマス料理を食べてみようかと。

ということで、世界の変わったクリスマス料理を2人は試食♪

【1品目】
ローストビーフにブルーベリージャムを添えたような見た目。

太一:まず、これ。見た感じ、フレンチぽいですけど。
ケン:そうですね。
太一:フレンチじゃないですか? 当てましょ!
ケン:どこの国かを当てる?
太一:全部当てましょ、もう。何の肉で、どこの国か?(試食して)食ったことあるなぁ、このかんじ。
ケン:あるね。
太一:絶対フランスですよ。フランスで鴨肉! そんな問題出すかなあ!?
ケン:そこなんだよw
太一:このお肉は鴨に似てると思うんですよ。
ケン:似てるね。
太一:これ、フルーツですかね?うん、甘めのフルーツ?

正解は、トナカイの肉で、アイスランドの料理。トナカイの肉はやや臭みがある為、甘いソースをつけて食べるのだそう。

ケン:ソリも引かせた上に、食べちゃうの?(笑)
太一:おつかれーw
ケン:ホント、トナカイにとってはクリスマスって踏んだり蹴ったりだねw
太一:ちょっと、(ソリ引きで)絞らせて。
ケン:と思ったら、つぎはこれ(肉料理)だよ。挙句に「ちょっと臭みがある」とか言われちゃってw ほっといてくれ、そこは(笑)でも、鴨っぽい。鹿とか。うん、美味しい。

つづきを読む♪ "#36トークタイム『世界のクリスマス料理』" »

2008年12月16日

#35トークタイム『果実酒・途中経過』

◇テレビ東京・12月14日放送分

太一:そろそろ、気になる頃じゃないですか、これ。
ケン:おっ。

2人が1ヶ月前に仕込んだオリジナル果実酒
さて、どんなあんばいに?

太一:(にんにく酒瓶を持って)キレイな色。
ケン:それが一番味の想像がつかないですね。(みかん酒を持って)これは間違いないと思うんですよ。
太一:おいしそー!
ケン:これ、絶対、さわやかで美味しいと思う。
太一:(リンゴ酒を持って)これもちょっとえげつない色に変わってきましたね。
ケン:えげつないと言えば、(アボカド酒を持って)これだけどねw
太一:なに、それ!?

それぞれ、見た目にかなりの変化が見られます。
で、さらに漢方を漬けた健康酒には。。。

つづきを読む♪ "#35トークタイム『果実酒・途中経過』" »

2008年12月08日

#34トークタイム『変りダネ漬物』

◇テレビ東京・12月7日放送分

定食に欠かせないのが"漬物"ということで、今回はちょっと変わった漬物をご紹介。

まずは、こちら↓

【オリーブ新漬け】
香川県小豆島で栽培したオリーブを塩漬けにしたもの。
10月下旬から1月上旬までの期間限定の漬物

太一:オリーブ?
ケン:オリーブ。
太一:あっ、これ、知ってる。チョー美味しいよね?
ケン:俺も。ホント、美味しいよね。
太一:(味見して)うまい!僕ね、オリーブこうやって食べるの、ちょっと苦手なんですよ。でも、これは全然美味しいですね。
ケン:はい。
太一:漬物ってか、イタリアンで付け合せっていうか。。。
ケン:お通し的にね。

つづきを読む♪ "#34トークタイム『変りダネ漬物』" »

2008年12月02日

#33トークタイム『プレゼント』

◇テレビ東京・11月30日放送分

太一:ケンタロウさん、最近あれ、使ってますか? 誕生日にあげた。。。
ケン:シュラフ(寝袋)?

ケンタロウさんの誕生日に太一くんが寝袋をプレゼントしたそう。

ケン:あのあとすぐに、家で、まず寝ましたよw
太一:家で?
ケン:家で、ほぼ裸w 暑かったんで。でも、中入って寝たいじゃないですかw
太一:(笑)こどもじゃないんだから。
ケン:そのあと、ホントにキャンプ行って、そのときに使いました♪

楽しそうに語るケンタロウさんを尻目に、切り出す太一くんw

太一:まぁ、ちょっとね、前の話になるんですけど、僕9月2日が誕生日だったんですけど、ケンタロウさんから何も貰ってないんですよ。
ケン:あれ?(笑)
太一:まぁ、何かが欲しいとか、そういうことじゃないですけども。年下の僕からは寝袋を巻き上げ。。。ケンタロウさんは僕の誕生日を覚えてないと。
ケン:ちょ、ちょ、ちょ、ちょっと。。。ホントに、あの日すごくうれしくて、とともにショックっていうか。。。こんなにしてもらって、俺、なにかしたっけ。。。?
太一:なんもしてもらってないですよw
ケン:(崩れ落ちるケンタロウさん)ちょ、ちょ、ちょっと、あのね、だから。。。
太一:俺、(フライパンをひっくり返すしぐさをして)全部ガッとやりますよw
ケン:(笑)俺ね、どっちかというと、クリスマス大事にしてるの。だから、クリスマスはすごい。
太一:クリスマスプレゼントをくれるんですか、僕に?
ケン:なにが欲しい?
太一:でも、プレゼントって自分が言ったものを貰うって若干。。。
ケン:まぁ、そうだよね。リサーチするっ。

つづきを読む♪ "#33トークタイム『プレゼント』" »

2008年11月25日

#32トークタイム『オリジナルソースづくり』

◇テレビ東京・11月23日放送分

(カキフライ調理中)

太一:今日はタルタルソースをケンタロウさんが作ってくれました。あと、ソースで食べたり。
ケン:そうですね、ウースターソースとか。
太一:ですけども、なんかちょっと違うソースを作ってみて、それで合うか、どうか?というのを考えてみたいんですけども。。。
ケン:やりましょう。
太一:いいですか?

(用意された食材を前に)

太一:僕は粒マスタードでなにか考えたい。
ケン:俺は。。。味噌にしようかな。
太一:味噌!?カキフライに?
ケン:ええ。

それぞれの食材選びは、

[太一チョイス]
 らっきょう:6粒
 マヨネーズ、ケチャップ:各大さじ1
 中濃ソース:大さじ1/2、粒マスタード:小さじ1
 こしょう:少々

[ケンタロウチョイス]
 大葉:10枚、みそ:大さじ2
 水、白すりごま:各大さじ1、マヨネーズ:大さじ1/2

つづきを読む♪ "#32トークタイム『オリジナルソースづくり』" »

2008年11月17日

#31トークタイム『オリジナル果実酒づくり』

◇テレビ東京・11月16日放送分

太一:前、ビールを手作りで作ったじゃないですか。
ケン:はい、はい。
太一:思いのほか、美味しかったじゃないですか。
ケン:美味しかった。
太一:ネ、ということで、またお酒造りませんか?
ケン:いいですね♪

そこで、手作り企画第2弾として、『オリジナル果実酒づくり』に挑戦!
フルーツ盛とレシピの冊子を前にして、

太一:季節野菜もありますし、(冊子を持って)作り方はここに書いてあるんですって。
ケン:ここに並んでるの(フルーツ)は、なんでも酒になるってことですか?
太一:なんでもなるんじゃないですか?
ケン:にんにくも!?
太一:とりあえず、りんごとみかんはやりましょうよ。
ケン:それは、間違いないもんね。
太一:あと、2つぐらいやりましょ。
ケン:どうする?
太一:気になるこれ(にんにくを持って)、やっちゃいます?
ケン:やっちゃお、踏み込もうw
太一:あと1種類。
ケン:アボカド? アボカドでできるってことでしょ。

つづきを読む♪ "#31トークタイム『オリジナル果実酒づくり』" »

2008年11月10日

#30トークタイム『エプロンあれこれ』

◇テレビ東京・11月9日放送分

太一:ケンタロウさん、番組はじまってすぐに骨折したじゃないですか?
ケン:(苦笑)はい。
太一:で、エプロンが邪魔になると。もう、骨折治ったじゃないですか?
ケン:治りましたねーw
太一:でも、エプロンしてないじゃないですか?
ケン:そうですね。
太一:そうですね、じゃなくて(笑)エプロン持ってないんじゃないですか?
ケン:毎回、持って来てます。
太一:持ってきてるの?(笑)持ってきてるんだったらしましょうよ!
ケン:現に今日も持ってきてます。(スタッフより白いエプロンを渡される)
太一:ホントだ、あるんだ。
ケン:自前の。(腰にエプロンを巻く)毎回持ってきてます。
太一:本気じゃないですか。なんで、しないんですか?
ケン:腰から下のエプロンって、本当は意味ないんです。(みぞおちあたりを触れて)このあたりがくらいがちなんで、上からのじゃないとホントは。。。
太一:上からにすればいいじゃないですか、ケンタロウさんも。まさに、これを上からこう。(腰エプロンを首に巻く)まさにてるてる坊主(笑)
ケン:これで、俺に料理を習いたい人、いるのかな?(笑)

そこで、色んなエプロンをご紹介。
まずは、緑色の男子用エプロン。
7つもポケットがついていて、しょもじ・小瓶・おたまなど入れたい放題w

太一:(太一くんが試着して)でも、ここに入れても。。。
ケン:(太一くんのポケットにおたまを挿す)
太一:(笑)

男性は格好から入る人が多いので、バンダナキャップやミトンなども人気!とのことで、太一くんも装着。

ケン:いずれ、蕎麦打ち教室とか通いそうな。。。
太一:こんなんつけて、テンション上がるおじちゃん達が想像つくもんねw


↑バンダナキャップはこんなかんじ♪

つづきを読む♪ "#30トークタイム『エプロンあれこれ』" »

2008年11月04日

#29トークタイム『香港土産』

◇テレビ東京・11月2日放送分

太一:香港行ったときに、自分たちのお土産として色んなもの買ったじゃないですか。
ケン:はい。
太一:それ、ちょっと見ませんか、久しぶりに。なに買ったか、あんま覚えてないんで。。。
ケン:俺も、覚えてない。

ということで、袋から色々取り出します。

ケン:ああ、これ、食器屋で(買ったレンゲを取り出す)。
太一:ああ、今日、使えそうじゃないですか!?
ケン:使えそう。こっちは、キャットストリートの(茶碗を取り出す)。
太一:そうだ、お茶碗、かわいい。昔からあるって言ってたやつですね。
ケン:そう、こどもの頃から使っているって。
太一:これ、ゲストが来たときに使わせよう、と言ってたやつ(←毛沢東の茶碗)w
ケン:なんで、これ、もっと買ってこなかったのかなぁー(笑)

食器をひと通り取り出したあと、

つづきを読む♪ "#29トークタイム『香港土産』" »

2008年10月27日

#28トークタイム『香港ロケの裏話』

◇テレビ東京・10月26日放送分

太一:香港ロケのときに僕、意外と写真撮ってたじゃないですか。
ケン:撮ってましたよね、相当。
太一:120枚ぐらい撮ってたらしいですね、気づいたら。どうせならね、2人とも写真撮ってたんで、今日はちょっとどんなものを撮ったかお見せしましょうよ。
ケン:はい。

【テーマ】香港ロケの裏エピソード写真

太一撮『とあるお店の店内写真』

太一:じつは、お店に行く空き時間が2時間ぐらいあったのかな。で、コーディネータさんに色んなところに連れて行ってもらったんです。洋服屋さん見たりしたんですけども、疲れちゃって、「飲み物飲まない?」ってことになって、日本でいうファミレスみたいなところに連れて行ってくれたんです。
ケン:はい。
太一:そしたら、メニューに美味しそうなものがいっぱいあって、そのあともご飯食べなきゃいけないのに。。。一本目と二本目の間で、ご飯食べて、後半のロケは腹いっぱいだったんです、じつは(笑)
ケン:(爆笑)

ケンタロウ撮『ラーメン+オムレツ+コーヒーセット』

太一:これ、食べましたっけ、俺ら?
ケン:えー、お粥屋さん行ったじゃないですか、朝粥食べに。
太一:はい、はい。
ケン:そのときに、ラーメンがメニューにあって頼んだら、脇にオムレツと食パンと。。。出てきてるんですよ。
太一:ただ、ラーメンと食パンって合いますか!?
ケン:ラーメン食べて、ちょっとパンかじって、オムレツ食べて、コーヒー飲んで、またラーメンみたいなw
太一:すげぇーw
ケン:意味不明じゃないですか、ちょっと。
太一:ねぇ?

つづきを読む♪ "#28トークタイム『香港ロケの裏話』" »

2008年10月21日

#27香港ロケ-後編2

◇テレビ東京・男子ごはん10月19日放送

さて、香港ロケの後編のつづきです。です。

陶磁器店を出た2人は、香港の町に詳しい、コミック作家クレッグさんと待ち合わせ。
太一くんはさっそくクレッグさんに質問。

太一:トラムって昔からあるんですか?

トラムとは、香港島の北部をゆっくりと走る2階建ての路面電車のこと。香港名物で、100年の歴史を誇るそう。

そして、3人は"キャットストリート"と呼ばれる、およそ100mの露天街へ。
食器やポスター、雑貨など見て歩くだけでも楽しめる場所です。

すると、太一くんが面白い食器を発見。

太一:毛沢東グッズ。すごいお皿だな。お醤油も入れられないかんじだなw
ケン:これ、いっちゃう? いっちゃうっしょ?
太一:チャーハン、これで盛るっていう!?(笑)
ケン:とりあえず、2個、買おうか。
太一:あ、でも、ゲストが来たときように、3つ買っておきましょうよ。
ケン:よっしゃ。じゃ、これ(別デザインの毛沢東茶碗を取り出す)。

こうして、毛沢東をプリントした茶碗を3種類ゲット!
ここで、クレッグさんが一言アドバイス。

クレッグ:"ペンティ、ペンティ(まけて、まけて)"と言わないと。
太一:もっと早く言ってくださいよー(笑)
クレッグ:(苦笑い)

つづきを読む♪ "#27香港ロケ-後編2" »

2008年10月20日

#27香港ロケ-後編1

◇テレビ東京・男子ごはん10月19日放送

さて、今回も香港ロケの後編です。

前回は、点心の作り方に、調味料を学んだ2人。
今回は。。。朝ということで、まずはお粥を食べることに。

向かったのは、老舗のお粥屋さん『生記清湯牛※麺家』。(※は月へんに南)
朝からけっこうな客入り。
なんでも、香港では家庭で料理をする習慣があまりなく(!)、朝食も外食するのが一般的とか。

2人がオーダーしたのは。。。
太一くんは「鮮(魚完)魚(月南)粥」(←川魚のアラが入ったお粥)、ケンタロウさんは「鮮牛肉粥」(←牛肉がたっぷり入ったお粥)。

太一:うまい!
ケン:サイコー!
太一:程よい塩加減ですね。優しい味。お粥というとしたら、お米がほとんどないですね。
ケン:もうほとんどスープですよね。

粥を交換して食べ比べなんかもしたあと、なにも入ってない「白粥」もオーダー。

ケン:ダシはとってありますね。
太一:おいしい、これも。なんか玉子スープみたいな味!?
ケン:うん、これ、目隠しして食べたら、お粥だと分かんないと思う。
太一:スープですね。

つづきを読む♪ "#27香港ロケ-後編1" »

2008年10月14日

#26香港ロケ-前編2

◇テレビ東京・男子ごはん10月12日放送

「男子ごはんin 香港」前編のつづきです。

調味料専門店を出た2人が、つぎに向かった先は、世界の十大レストランにも選ばれたことがあるというお店『鏞記酒家』。
香港を代表する老舗中の老舗だとのこと。
ここで、2人を待っていたのは、ジャッキーチェンの育ての親としても知られる美食家・蔡瀾(チャイラン)氏。
蔡瀾氏の案内で店の中へ。

さっそく飲茶の起源を尋ねると。。。
飲茶とは、飲んで字のごとく"茶を飲む"と書きますが、当初は朝から簡単なお茶請けなどでお茶を飲んでいたが、のちにシュウマイや饅頭などの点心が生まれ、いまのスタイルになったそうです。

すると、まず出てきたのが、このお店の定番メニュー「筍尖鮮蝦餃(えび餃子)」と「龍皇乾燒賣(肉シューマイ)」。
2人も絶賛の美味しさです♪
つづいて「春巻」を満喫し、"点心作りを教えてもらえませんか?"と太一くん。

OKをもらった2人は、餃子作りに挑戦。
先生は、調理人の李さん。まずは、米でできた皮を包丁で薄く延ばす作業。
太一くんが挑戦し、まあまあの出来栄え!?

太一:ケンタロウさんは、もうしっかりやらないとw

とプレッシャーをかけますが、さすがケンタロウさん、先生にも誉められる出来栄え。
満足顔のケンタロウさん。

ケン:今回はもうこれで帰ろうw

つづいて、餡を皮で包む作業。
先生の早業に、2人は驚嘆。それぞれチャレンジしてみるものの、なかなかうまくいかず。
それでも、とりあえずできた餃子を蒸してもらうことに。
出来上がった自分の餃子をそれぞれ試食して、今週は終わりとなりました。

来週は、"絶品お粥"に、ちょっと変わった"お土産探し"と、さらにディープな香港を紹介するそうです。
楽しみですね♪

2008年10月13日

#26香港ロケ-前編1

◇テレビ東京・男子ごはん10月12日放送

今回はいつものスタジオを飛び出し、香港へ。
『食の都・香港で学んだ料理を日本で作る』をテーマに2人が繰り広げる「男子ごはんin 香港」の珍道中・前半戦です。

なので、当ブログも今回はカンタンなレビューをお送りしようと思います。

香港に降り立った2人。
テーマを説明し、ケンタロウさんに感想を求める太一くん。
「香港は何回か仕事で来たこともあるし、一緒に作らせてもらったり、とかあるんですけども、結構前なので、今回また新たな気持ちで(のぞみたい)」とケンタロウさん。

早速フェリーに乗り込み、オープニング恒例の「男子ごはん」の掛け声をw

フェリーは、九龍半島から香港島へ到着。
2人は、地元で評判だというレストラン『蓮香樓』へ。
こちらのお店は、古き良き香港飲茶スタイルを今に残す飲茶専門店で、その特徴は"ワゴン式オーダー方法"。
セイロを乗せたワゴンが店内を回り、直接セイロを開けてほしい点心を受け取るシステムです。

2人が席に着くと、出てきたのはプーアール茶。
湯のみ以外の中皿にもお茶が注がれ、その中皿のお茶で箸やレンゲ、小皿などを洗ってから食事をするのが、"洗杯"と呼ばれるこのお店のルールだそう。
変わったルールに、太一くんもケンタロウさんも戸惑い気味ですw

さて、いよいよワゴンに乗ったセイロが登場。いろいろ物色した2人は「干蒸燒賣(豚肉とえび)」と「北菇棉花鶏(干しシイタケと鶏肉)」をチョイス。
美味しいー、と堪能していると、お店から点心が何点もプレゼントされます。
まずは、珍しいレバーの点心「豬潤燒賣」をケンタロウさんがガブリ。
なにも言わず、太一くんの皿へw
太一くんもガブリッ。

太一:あのー、実家の、スーパーの横にある焼き鳥屋の味ですよ。
ケン:けっこう時間経っちゃたね、焼いてるうちに。。。w

つづいて、ブタの胃袋を使った点心「豬肚燒賣」。

太一:(一口食べて)…ちょっと食べてみてください。
ケン:(食べて、しばし沈黙後)明日も食べたいってわけじゃないけど。。。
太一:食べれないわけじゃない!?
ケン:うん(苦笑い)

最後は、お店No.1人気の「鶏球大包」。卵やハム、鶏肉などが入ったこちらの点心は午前中には売り切れてしまう人気だとか。

太一:いい匂い♪
ケン:ホントだぁ。
2人:美味しいー!ちょっと甘くて。
太一:ホント、お茶と合いますよね。(点心って)なんでもありですね!?
ケン:包んであるものばかりじゃなくて、ちょっとした小皿の蒸し物は点心なんですね。
太一:なんか、ヒントになるもの、ありました?
ケン:ええ、ありましたねw

つづきを読む♪ "#26香港ロケ-前編1" »

2008年10月09日

#25トークタイム『香港ロケ』

◇テレビ東京・10月5日放送分

太一:そうなんです、ケンタロウさん! 来週、僕たち香港ロケなんです。
ケン:香港ロケですね。
太一:はじめてスタジオを飛び出して。。。
ケン:やっと、ジャッキーチェンに会えますねw
太一:ジャッキーに会いに行くわけじゃないですw ちゃんと香港の食事情を勉強しに。ケンタロウさんは勉強しに行くかんじですよ!?
ケン:太一くんは、なにを?
太一:僕ね、お粥が大好きなんですよ。
ケン:ああ、美味いっスよね。香港のお粥、ホントに美味しい。
太一:ねぇ? 最初ね、お粥なんて嫌ですよ、ってかんじだったんですけど、美味いですよね。その辺、ちょっと僕(押さえたいんですけど)、なにかあります?
ケン:なにかなぁ。。。料理もそうだし、道具や調味料も見たいし。
太一:ああ、それは普通とはちがう目線で。やっぱり色んな器にこだわり持っているじゃないですか、ケンタロウさん。(香港に)昔からあるやつだったりとか、いいかもしれませんね、色々見て。
ケン:うん。(あと)飲茶とかももちろん。
太一:はい。
ケン:飲茶って普通に言うけど、本場ではどういうものか?それを持ち帰って、次の週はそれを披露。。。
太一:それはね、行った意味ありますよ。

つづきを読む♪ "#25トークタイム『香港ロケ』" »

2008年09月29日

#24トークタイム『きのこあれこれ』

◇テレビ東京・9月28日放送分

太一:なんか今日は、スタッフさんが美味しくてレアなきのこを持ってきてくれたんですよね。(きのこを受け取り)うわー、見たことない。あっ、これは知ってる気がする。(触って)なにこれ、ふわふわするぅ。
ケン:(そのきのこの匂いを嗅ぐ)
太一:どうですか、匂い?
ケン:すっごい、きのこ臭w
太一:(太一くんも嗅ぎ)うわー、すっげぇなぁ。

このきのこは"ヤマブシタケ"。中国では高級食材や漢方にも使われ、白い毛が丸まっている見た目から"ウサギタケ"と呼ばれることも。

ケン:(名前の由来は)山伏の胸についているやつみたいだから。
太一:ほー、はい、はい。でも、それが本物だったら臭いでしょうねぇ(笑)

つづいて、黄色いかさが特徴の"タモギタケ"。古くから北海道ではよく食べられていて、歯ざわりもよく、栄養価も高いとのこと。

太一:あー、いい匂い。
ケン:うん、いい匂い。
太一:これ、絶対美味しいよ。
ケン:美味しい匂いですね。

つづきを読む♪ "#24トークタイム『きのこあれこれ』" »

2008年09月22日

#23トークタイム『手作りビールの完成』

◇テレビ東京・9月21日放送分

太一:ケンタロウさん、前にビールつくったじゃないですか?
ケン:やった、やった、やりましたよ。
太一:今日、もう完成したらしいです。
ケン:もう完成なの?
太一:今日、蓋を開けていいそうです♪

(1ヶ月かけて作ったビール。いよいよ試飲します。冷蔵庫の中を覗く2人)

hand_beer.jpg

ケン:あっ、ラベルできてる。
太一:(ビンを取り出し)見てくださいよ、これ。売れますよw
ケン:すごーい。ちゃんとしたビールだね。開けてみないとわからないけど。
太一:(冷えたジョッキを取り出すため、さらに冷蔵庫を覗くと)すげぇー。
ケン:(ビール瓶が)いっぱいある(笑)
太一:うわー、このジョッキ、(よく冷えてて)大正解じゃないですか!? 一人一本ぐらい(入っちゃうん)じゃないですか?
ケン:まずは試飲だからw

(栓を抜き、ビールを注ぐ太一くん)

つづきを読む♪ "#23トークタイム『手作りビールの完成』" »

2008年09月15日

#22トークタイム『はじめての料理』

◇テレビ東京・9月14日放送分

太一:そもそも、ケンタロウさんは料理っていつごろはじめたんですか?
ケン:1歳半くらいで、キッチンで何かやってる写真があります。
太一:1歳半で、もうキッチン入ってるんですか!?
ケン:入ってます。2歳で米を計って。多分それが家で最初の仕事だったんです。
太一:写真が残ってるんですか?
ケン:残ってます。米びつから炊飯器に(入れる)、ってのが最初に与えられた仕事w
太一:でも、それは遊びですよね!?
ケン:最初のころは遊びでしょう、全く覚えてないですけど。
太一:覚えてないですか?
ケン:ええ。
太一:一番最初に自分で作った料理って覚えてます?
ケン:全然覚えてないですね。
太一:それはもう、小学生ぐらいですか? 包丁持ったりしてるのは?
ケン:そうですね。
太一:すごいなあ。それは、そういう家だったんですか? お昼ごはんはお母さんも働いてるし、自分で作らなきゃいけないという。。。
ケン:基本的には、すべての料理、母親が作ってましたよ。ただ、必ずこどもも何か手伝わなくちゃいけない家でしたね。下働き的なw
太一:ああ、そうですか。あの、母親にそれ美味しいね、って言われた料理とか覚えてますか?
ケン:ちっちゃい時、小学生かな、やけにサラダを作ってたみたいなんですよ。それが大人にはすごく好評だったみたいで。だけど、制作工程を絶対に公開しなかったみたい。
太一:見せなかったんですか!? 生意気な子どもですね、それ(笑)
ケン:なにをやってたか、よくわからないんですけど。
太一:それは今も作ってるんですか?
ケン:作ってない。俺もわからなくてw
太一:忘れちゃってるんだ。
ケン:はい。
太一:見せとくべきだったんですよ、それは(笑)
ケン:大人になってから、アレ食べたい、って親が言ったんですよ。それぐらい美味しかったみたい。
太一:はー、勿体ないですね。
ケン:まさか、こんな仕事することになるとは思わなかったし。。。

つづきを読む♪ "#22トークタイム『はじめての料理』" »

2008年09月09日

#21トークタイムなし

めずらしく(初めて?)トークタイムはありませんでした。
国分・小林両家のキンピラづくりに時間をとられたんですかね!?

番組では特に触れてませんでしたが、今回の肉じゃがの肉、牛肉でしたね。
関東では、肉じゃがは豚の方が一般的だと思うのですが。。。
ケンタロウさんは東京出身ですが、母・小林カツ代さんは大阪出身(関西では牛が一般的)とのことで納得(笑)

聞いた話だと、関西では肉=牛肉で、"肉じゃが"というからには使うのは牛肉、(関東で言うところの)"肉まん"も向こうでは(牛肉じゃないから)"豚まん"って呼ぶらしいですねw

オープニングトークで、太一くんがしきりに宣伝していたTOKIOの新曲「雨傘」。
せっかくなので、載っけておきます(笑)

2008年09月01日

#20トークタイム『手づくりビール2』

◇テレビ東京・8月31日放送分

太一:じゃ、気になるビール君たち、一週間経ちましたよ、ちょっと見てみましょうよ。
ケン:どうなったでしょうか。

home_beer.jpg
先週からはじまった、家庭でもできるビールづくり。
果たして、うまく発酵しているのでしょうか?

太一:(ビール容器を前に)一週間経ったものですよ。
ケン:見た目、ふたが。。。
太一:ふたがすごいですよね、ガスがたまってる感じですね。
ケン:では、ビールの工程、2回目の。1.ビール瓶やペットボトルを用意。容器をよく洗い、エタノールで除菌する。

(瓶を洗い、除菌する2人)

ケン:その容器に砂糖を入れます。瓶一本に、砂糖スティック一本を入れて、ビールを注ぐ、ってことですか!?
太一:砂糖入れるんですね。先週も相当入れましたよね。

(先週の砂糖はアルコールを作る1次発酵のため。これから入れる砂糖は炭酸ガスを作る2次発酵のため必要だそう)

太一:へー、泡って砂糖なんだぁ。
ケン:(一同シーン)
太一:いやな空気だなw
ケン:(笑)ちょっと直結しすぎな(意見)w そこまで短くしていいのか?w
太一:(瓶を探りながら)どれに入れました?
ケン:この2本、入れたよ。これ、入ってない。
太一:ひとつだけ、チョー泡出るようにします?(笑)

つづきを読む♪ "#20トークタイム『手づくりビール2』" »

2008年08月25日

#19トークタイム『手づくりビール』

◇テレビ東京・8月24日放送分

太一:この番組って、試食のときによくビール飲むじゃないですか。昼からビール飲めるって幸せなことじゃないですか。
ケン:気分がいいですもんね、まず。
太一:ねぇ。で、ビールを作っちゃわないかな、と思って。。。
ケン:やっちゃうんだw

(1996年の酒税法改正以降、ジワジワと人気を呼び、いま静かなブームとなっている『手づくりビール』。そこで、家でできる自家製ビールづくりに挑戦!)

太一:いま、普通に売ってるらしいですよ。
ケン:ビールキットみたいなの?
太一:はい。これです。
ケン:かわいいですね。これがビール・キットなんですか?
太一:ビール・キットです。


【ホームブルワリー】
原料と水、砂糖を混ぜて熟成させれば、1ヶ月弱で美味しいビールが完成。

購入ほかくわしくはこちら。

太一:1ヶ月弱ですか?
ケン:夏終わっちゃうよw
太一:ちょっとね、自分たちでつくれるってのはうれしいですよね。

つづきを読む♪ "#19トークタイム『手づくりビール』" »

2008年08月18日

#18トークタイム『ゲストを呼ぶなら?』

◇テレビ東京・8月17日放送分

太一:番組はじまって、もう4ヶ月経つんですけども。。。僕ら2人じゃないですか。もし、ゲストを入れるとしたら、どんなゲストがいいんですかね? これね。。。男子が来るのも想像できないんですよねー、ここに。
ケン:誰がいいですか、ズバリ。
太一:宮崎あおいちゃん。
ケン:(笑)ですよね。ちょっと、でも、変わっちゃいますよね? すごいお互い、いい人ぶっちゃうかんじになっちゃうよね(笑)
太一:(爆笑)そうですね。
ケン:絶対なっちゃうと思う。
太一:でも本気で考えたら、料理研究家の人に来てもらうってどうです?
ケン:(驚いた顔で)あっ。
太一:ケンタロウさんも習う、みたいな。
ケン:いいですね。
太一:誰か、という話になると、僕は、栗原さんとか。会ってみたい、個人的に栗原さんに会ってみたい。
ケン:チョーいい人ですよ。
太一:ケンタロウさんは、誰ですか、会ってみたい人は?
ケン:俺は。。。柳沢慎吾さん。
太一:(笑)なんで?
ケン:生で見てみたいw
太一:慎吾さん、味のことなんにも言わないですよ、あの人。
ケン:高校野球やって。。。
太一:警察24時やって。。。(笑) 最近また会いましたけど、パワーアップしてますよ、あの人。CD出してます、それだけのw
ケン:らしいですねw


↑コレ(笑)

太一:慎吾さんね、すごく面白いんですよ。必ず、色々やったあとに「どう?」って聞くんです(笑)
ケン:(笑)
太一:ドラマも一緒にやったんですけど、本番前、リハーサル中ずーっとしゃべってるんですよ。で、本番行きますってなると、緊張してるんですw
ケン:急に(笑)
太一:で、NGだしちゃう(笑)ホントに変わった人ですよね(笑)
ケン:お会いしてみたい。
太一:ホント難しいですねー、誰がゲストに来るか。まぁ、いずれか呼びましょう!
ケン:はい。

つづきを読む♪ "#18トークタイム『ゲストを呼ぶなら?』" »

2008年08月11日

#17トークタイム『玉ねぎを切っても涙がでない方法』

◇テレビ東京・8月10日放送分

以前、長ネギを切る際、太一くんがティッシュを鼻に詰めれば涙が出ないという方法を試すが失敗。そこで今回は、玉ねぎを切っても涙が出ない方法をいくつか試すことに。。。

その1:口だけで息をする

ケン:こないだのじゃないですか?
(ここでシンクロナイズドスイミング用の鼻クリップが登場)

太一:ああっ、すげぇー。これ、初体験だ、うれしい、ちょっとw
ケン:どっち向きにするもん?
太一:(装着して)痛てぇ、痛てぇ。これで涙が出るんですけど(笑)
ケン:これがつらいよね?
(早速2人は顔を近づけて玉ねぎを切り始める)
太一:でも、出ないなぁ。
ケン:この距離でもまったくかんじないですね。
太一:おすすめですよ、これ(笑)

その2:包丁に熱湯をかけてから切る方法

(切り始める2人)
太一:あつぅw
ケン:おお、ないかも。
太一:ああ、キター。
ケン:でも、鼻クリップの方が(効果的)!

その3:玉ねぎを一片くわえてから切る方法

(切り始める2人)
太一:うん。
ケン:うん。
太一:(渋い顔になる太一)きてますねぇ。
ケン:俺は平気。
太一:でも、一番は鼻クリップですよね。
ケン:たしかに。でも、こんなに玉ねぎいらないよ。
太一:えっ、いらないんすか?(爆笑)

なんだ、結局鼻栓という無難な結果になりましたねw

2008年08月04日

#16トークタイム『短パン自慢』

◇テレビ東京・8月3日放送分

(以前行った「帽子自慢」「Tシャツ自慢」に引き続き、今回は「短パン」。番組収録時は必ず短パン姿という2人だけに。。。)

お題1:ヘビーローテーションの短パン
・太一→オフホワイトの綿パン。ベルト装着済み。
・ケンタロウ→カーキー色ぽい綿パン

ケン:あっ、(2人とも)似たような。それ、たしかによくはいてる。
太一:はいてますよね。しかも、見てください、僕、ベルトこういう(バックルをはずしてない)状態で脱ぐんです。で、ホントにヘビーローテだからこのままグッとはきます(笑)(バックルを指して)ここすら動かしません。
ケン:えっ、じゃ、ベルト要らないんじゃ?(笑)
太一:要らないんですよw で、後ろ(ポシェットがついていて)、ひさしぶりにつけたら、かわいいんですよね。
ケン:かわいいじゃん。
太一:いいですよね。なにも入れてないけど(中を探ると一枚のレシートが出てくる)すごいの出てきたw コロッケめんたい弁当、食ってますw
ケン:ヘビーなものを。何時ごろですか?
太一:えー、ビックリしないでくださいよ、夜中の3時37分です(笑)
ケン:(笑)3時37分に、コロッケめんたい弁当食べたの?w
太一:504円ですからw
ケン:安い!
太一:(ケンタロウさんの短パンを指して)そちらの思い出は?
ケン:これ、今年買ったんですけど、すごいはきやすくて。で、(買ったとき)店の人に「けっこう短いですよ」って言われたんです。「短いと気持ち悪くなっちゃうかな?」と思ったんですけど、はいたら全然普通で。
太一:短いの、最近流行りですよね。

つづきを読む♪ "#16トークタイム『短パン自慢』" »

2008年07月28日

#15トークタイム『沖縄三線』

◇テレビ東京・7月27日放送分・男子ごはん

太一:今日はちょっと、沖縄気分を満喫しようということで。。。これ、なんていうんですか?
ケン:カンカラ三線。

(沖縄を代表する楽器として古い伝統を持つ"三線"。そんな三線の音を手軽に再現できると静かなブームになっているのが、空き缶を利用した"カンカラ三線"。)

(三線などで耳にする沖縄独特の音階は"琉球音階"と呼ばれ、"レ"と"ラ"の音を抜いた5音で構成されています。)

そこで、2人はカンカラ三線で沖縄の定番曲『島唄』に挑戦することに。

ケン:では、やっぱりミュージシャンである。。。
太一:いや、弾いたことないですよ。
ケン:でも、さすがミュージシャンなんだな、ってところが見れるわけですよね!?
太一:(楽譜と睨めっこして弾き始める太一くん)
ケン:ガン見じゃないですかw (一応、島唄になってる)おおぉ。(最後に音をはずした太一くんに)アハハハw いま、惜しかったねぇ。
太一:じゃ、つぎはケンタロウさん。
ケン:ええっ、俺も? (太一くんを指差して)さっき練習してたじゃん。
太一:言うなよ(笑)
ケン:(弾き始めるが、ポロポロな状況に)
2人:(爆笑)

三線といえば、皮が定番ですが、カンカラなんてのもあるんですね♪
皮と違って、キャラクターものも製作できるのも強みかも!?


2008年07月21日

#14トークタイム『オリジナルマグカップ』

◇テレビ東京・7月20日放送分・男子ごはん

太一:イラストの仕事を、料理家になる前はしてたんですよね?
ケン:してました。
太一:もともと好きだったんですか?
ケン:好きでしたね、ちっちゃいときから。
太一:じゃ、マンガとか描いたりとか?
ケン:ええ、家で絵描いたりとか。。。
太一:僕、おそろしいぐらいに、絵心ないんですよぉ。今日ね、イラストの描き方を教えてもらおうかなと思って、用意したものがあるんですよ。

取り出されたのは、『レインボーキット』。
マグカップに専用クレヨンで絵を描いて電子レンジに入れると5分で、絵が定着し、オリジナルマグカップが完成するというキットです♪

太一:これはすごいですよね。だから、こどもたちが「お父さん、ありがとう」と書いたりだとか。。。
ケン:へー! こんなの俺らが小さいときなかったよね?
太一:ないですよ。しかもクレヨンでね、ふつうのクレヨンじゃないんだね。
ケン:(クレヨンを取り出し)この色になるってことだよね、加熱すると。
太一:これ、出来上がったらいいじゃないですか、コーヒーカップだけど、ビールなんか飲んで。ちょっと教えてくださいよ、描き方とか。
ケン:えー? なに描きたいですか?
太一:なにを描きましょうか?
ケン:じゃ、パンダを。
太一:パンダ!?
ケン:(パンダの顔を描き始める)こんな感じに。
太一:(真似する太一くん)
ケン:そうそう、いいすよ。

パンダ描きの作業が完了。絵を披露。

つづきを読む♪ " #14トークタイム『オリジナルマグカップ』" »

2008年07月14日

#13トークタイム『ステンレス石鹸』

◇テレビ東京・7月13日放送分・男子ごはん

(以前、2人はにんにくのニオイのとり方について大盛り上がり。そこで、今回はステンレスソープをご用意。)

太一:コレ? 軽いな! 軽いっすよ。
ケン:ホントだ。空洞的なものなんだ。ホント、石鹸型なんですね。
太一:これ、水で洗うもん? (水と石鹸で手を洗う)ああ、すげぇー、全然臭わない!
ケン:おお、ホントだ! ちょっと安い通販番組並みに驚いちゃったよw
太一:(再び手ににんにくをこすりつけニオイを嗅ぐ)くっさぁ!(手を洗い)すげー、臭わない! ええっ、100円ショップで売ってんの、これ?
ケン:(手を洗いながら)100円ショップで買ってきて、500円で売ろうよw ステンレスならなんでもいいってことですよね、なにか加工してるわけじゃない?
太一:うん。
ケン:じゃ、キッチンのステンレスをこうやって(ステンをこする)流しながら、手のニオイも消えるってコトですよね?
太一:にんにく切って、話しながら、手はステンをこすってたら。。。ベテランですよねw
ケン:相当アイツ分かってんな、と(笑)

100円ショップには負けますが、楽天最安値は198-199円w


【ステンレスソープ】

2008年07月07日

#12トークタイム『ペット自慢』

◇テレビ東京・7月6日放送分

太一:ケンタロウさんって、犬飼ってるんですか?
ケン:犬も、猫も飼ってます。
太一:猫もですか、ほー。長いんですか?
ケン:長いですね、犬は8歳!? あっ、写真を持ってきました。
太一:でかい。えーと、ゴールデン・レトリバー?
ケン:ラブラドール。。。
太一:あぁ、ラブラドール・レトリバー。
ケン:名前は「黒太郎」。
太一:なんでですか?
ケン:黒いからw この前、犬散歩させてて、いいかんじのかわいらしい人に「ああ、犬かわいいですね」って、そういうことよくあるわけ。で、「名前はなんていうんですか?」って聞かれて「黒太郎です」って言うと「黒いですもんね」って(笑)俺、バカみたいで。。。
太一:(笑)終了ーですね、会話w で、ドッグフードのオイスター煮とか食べさせてるんですか?w
ケン:ちょっとこってりとねw 準レギュラーだけにw いやいや、普通のドライの食べさせてますよ。(別の写真を取り出して)これ、事務所のネコですね。
太一:いま、ネコ、ブームですもんね。
ケン:ああ、あったね、土鍋に。。。
太一:ネコ鍋? 土鍋? ネコ鍋?なめネコ?(笑)
ケン:(爆)俺、チョーわかるけどw
太一:そう、いま、すっごい癒しがあるみたいな。。。
ケン:土鍋にすっぽりはまってる。ああいう、ちっちゃいスペースが好きなんですよ、ギリギリ入れる。。。
太一:(ネコの写真を指して)雑種ですか?
ケン:雑種です。名前は「キック」。
太一:なんで?
ケン:なんか、キック・パンチ・チョップってつけたかったんです(笑)家にはパンチとチョップがいるんです。
太一:チョップは可哀想じゃないですか、なんかー?
ケン:なんで?
太一:キックとか、パンチは強いけど、チョップですよw
ケン:でも、響きとしてはいいじゃないですか!?
太一:力道山の世界ですよ、空手チョップでw
ケン:まあね、チョップはいいやつですよ、曲がらずに育ちましたw

つづきを読む♪ "#12トークタイム『ペット自慢』" »

2008年06月30日

#11トークタイム『Tシャツ自慢』

◇テレビ東京・6月29日放送分

太一:ケンタロウさんて、スタイリストさん、ついてるんですか?
ケン:ついてない。ついてたら、毎回同じ帽子かぶってないでしょw
太一:でも、Tシャツとか相当持ってるでしょ?
ケン:ものすごいある。
太一:捨てない?
ケン:たまにガサッと。友達がフリマやるとか言ったら、出す。
太一:僕もおねがいしますね、友達がフリマやるとき。(以前)帽子あったじゃないですか。あれが相当好評だったんですって。
ケン:マジですか?
太一:スタッフさんの間で。(一同爆笑)

(ということで、今回もお題に合わせたTシャツを持ってきてもらい、紹介♪)

お題1:思い出の一枚のTシャツ

・太一→白地に、"TOKIO缶"がデザインされたTシャツ
・ケンタロウ→オレンジ地に"72"がプリントされたアメリカンテイストのTシャツ

太一:これね、「TOKIO」って書いてあって、「PRESENTED BY TAICHI」って書いてあって、ここに「THANK ME」。裏は、星が12個。TOKIOを結成して、12年目のツアーのときに、僕がこれを作ってプレゼントしたの。そしたら、次の日全員がこれを着てくれたの。
ケン:おお、いいですね、うれしいですね!?
太一:うれしい。裏方だからホントは黒いTシャツなんだけど、その日だけはこれを着てくれたんです。
ケン:じゃ、お客さんが「あのTシャツほしい!」と思っても、ないわけですね?
太一:そう、ないんです。
ケン:俺、そんなこと言われても、(俺のは)そんなたいしたもんじゃないですよw
太一:いや、思い出を。
ケン:これは、友達が古着屋を開くときに、まぁ色々手伝ったりしたことがあって。箱でアメリカから仕入れてくると。とにかく、その一番上にあったTシャツをくれ、って言ってたの。これだったんですけど、俺、ちょうど'72生まれで。
太一:なるほど。
ケン:で、すごいうれしくて。運命的に。
太一:わかる。すごい、わかる。
ケン:でも、かえって、あんまり着れないの、コレ。
太一:着ましょうか、俺?
ケン:(笑)70何年生まれ?
太一:'74年です。全然こだわりないから、普通に着れますよ、逆に言うと。
ケン:いや、それはいいけど。(太一くんのTシャツを指して)じゃ、俺着ようか?
太一:いいですよ、ってか、あげますよ。
ケン:えっ、マジで? ホントに?
太一:どうぞ、どうぞ。(ただ)Sなんですよ。
ケン:俺ね、ピチピチのTシャツ好きなの。よく、店でパッと出したときに「サイズ大丈夫ですか?」て聞かれるの、100%聞かれる。「大丈夫だよっ!」って(笑)

つづきを読む♪ "#11トークタイム『Tシャツ自慢』" »

2008年06月23日

#10トークタイム『海外で出会った思い出の料理』

◇テレビ東京・6月22日放送

太一:ケンタロウさんって海外行くこと多いですよね? で、その中で思い出の料理ってあります?
ケン:一回韓国で、取材したお宅で、夕ごはん用意してるからって。韓国の人って、「ごはん食べていきなよ」って言ったら、ホントなの。でみんなで座ったら、全部大皿なの。ナムルとか、肉とか。とり皿はなくて、みんな直箸なの。で、びっくりしたのはチゲ。汁物もドーンと鍋で、それぞれスプーンを突っ込んで、こうやって飲むの。韓国スプーンの柄が長いのはそのためか!? みたいな。でも、底が浅いじゃないですか。
太一:浅い、浅いw
ケン:だから、(手をプルプルさせて)こんなかんじで飲むんですけどね。でも、現地クルーはメチャクチャうまいんですよ、食い方がw
太一:そういえば忘れてましたけど、(たしかに)韓国料理はメチャメチャうまいですよね。前にTVの仕事で韓国行ったんですけども、そのときのプロデューサーがここのソルロンタンがメチャメチャ美味しいから、まず着いたらソルロンタン食おうって言って。たしかにうまいんですよ。
ケン:うん、うん。
太一:そのプロデューサーも「うめぇ、ああ、うめぇ」って食べてて。パって見たら、鼻血だしてんの(笑) どんだけ喜んでるんだ、と。
ケン:(爆笑)

牛の肉、骨などすべてを煮込むという、ソルロンタン(雪濃湯)。
真っ白に白濁したスープは、牛一頭の結晶ともいえるうまさだそう。
サムゲタン(参鶏湯)は好きなんですが、ソルロンタンは知りませんでした。
食べてみたいですねーw

2008年06月16日

#09トークタイム『ジャム4種類』

◇テレビ東京・6月15日放送

太一:じゃ、そのパンですけど、なにで食べます?
ケン:バターとか、ジャムとか。

そこで、パンにつけると美味しい、ちょっと変わったジャムを4種集めて、利き"ジャム"をすることに。

(1品目)
太一:これなんだ? (匂いを嗅いで)無臭?
ケン:お、無臭だ。
(2人、ジャムを舐めて思案顔)
太一:じゃ、(答えを)いっせいのせっ。
2人:リンゴっ!
太一:おっ、おなじだ。
(正解は「紅茶ジャム」)
太一:えー、紅茶? 言われたら、そんな気がしてきた。
ケン:たしかに、なんか最後にちょっと渋みがあるもんね。


フランスの紅茶専門店「マリアージュ フレール」銀座本店の紅茶ジャムだそう。

(2品目。早速舐めて)
太一:キャラメルだ、キャラメル溶かしたやつだ。
ケン:うん、キャラメル。でも、さっきの(不正解)があるから。。。
太一:でも、絶対そうですよ。せーの、
2人:キャラメル溶かしたやつ!
(正解は「ミルクジャム」)
ケン:原料は生乳と砂糖。
太一:砂糖は黒い砂糖とか?
ケン:でも、(どっちにしても)はずれだよね!?w


創業120年の歴史を持つフランスの食品会社FAUCHON(フォション)のミルクと砂糖を煮詰めたジャムだそうです。

つづきを読む♪ "#09トークタイム『ジャム4種類』" »

2008年06月11日

#08トークタイム『帽子自慢』

◇テレビ東京・6月8日放送分

太一:ちょっと気になってるんですけど、ケンタロウさんてずーと帽子かぶってるじゃないですか?
ケン:ほぼ起きてる時間の8割以上かぶってるんじゃないかな。
太一:なんでですか? あの。。。(言いずらそうな表情で)聞かない方がよい話ですか?
ケン:ある、髪あるから(笑) 毛根も元気だし。
太一:僕も、そりゃ20代前半、キャーキャー言われてるときってのは、15cmでも前髪がずれたらイヤでしたよ。でも、もう面倒臭いですね、いい加減。だから、テレビとかないときはひげも剃んないですし、髪もセットしませんね。まぁ、あの、CM来たら大好きだって言いますけどw
ケン:そりゃそうでしょう(笑)

(ここで帽子好きの2人にお題に合わせた帽子を持ってきてもらい、紹介♪)

お題1:買って失敗したけど、捨てられない帽子。
・太一→グレーのハット(ボンブルグ?ポークパイ?)
・ケンタロウ→青地に"M"マークのキャップ

ケン:(太一のハットを見て)全然いけそうじゃん、ソレ!?
太一:キング・カズですよ、こんなかんじ(笑)でも、コレ高かったんスよ。
ケン:高そう。(自分のキャップをかぶって)なにが失敗かって、入んない(笑)
太一:(爆笑。そのキャップを手にして)浅いもんな、コレ。(かぶってみて)あっ、でも僕ならありじゃないですか!? じゃ、コレかぶります?(ハットを差し出す)
ケン:入んないんじゃ? 僕、時々フリーサイズって誰のフリーだよ?って思うw(で、かぶってみる)
太一:ハハハ、あり、あり、あり。"髭男爵"みたい(笑)

つづきを読む♪ "#08トークタイム『帽子自慢』" »

2008年06月09日

#06トークタイム『料理家事情!?』

◇テレビ東京・5月25日放送

太一:ちょっと聞きたいことがあったんですけど。。。
ケン:はい。
太一:料理家の人たちって会ったりするんですか? ちょっとがんばろうぜ、って言ったりとか、俺と方向が似てきてるから、変えろ!とか。
ケン:(笑)まず、料理家同士が同じ現場にいるってことがないんで。
太一:そうか、そうですね。
ケン:ミュージシャンの方は同じ現場で会ったりするじゃないですか、そういうのないんですよ。
太一:そっか、料理フェスってないですよね?w
ケン:ないですw 料理番組でも、何人もが後ろのひな壇に座って待ってるとか、ないですもん(笑)
太一:(爆笑)見たい! タモリさんがね、「つづいて、ケンタロウくんです。。。」みたいな(笑)
ケン:だから(料理家に)お会いすること、ほとんどないですね。
太一:じゃ、お母さん(小林カツ代さん)というのは、自分の中ではどのくらいのポジションにいるんですか、料理家として。
ケン:考えたことないですね。決められないですよ。客観的になれない、親のことは。
太一:ほー。ダメだしみたいなことはないんですか?
ケン:うーん、ほとんどないですね。「太一くんと知り合いなの?」みたいな、意味わかんないのはありますけどw
太一:あぁ、そういう話はあるわけですか?
ケン:知り合いだよね、少なくとも、みたいな(笑)
太一:僕はそう思ってなかったですけど。。。
ケン:(驚き顔で)知り合ってるジャン。入ってない、"ケンタロウ"って?
太一:ケイタイにですか?
ケン:うん。
太一:入ってます。
ケン:じゃ、知り合いだよね!?
太一:着拒です(笑)
ケン:(爆笑)そっちなんだ、入ってるのw

太一くんにいじられる、天然系ケンタロウさんは面白いですね♪
ケンタロウさんは太一くんをミュージシャンとして扱ってるみたいですが、太一くん本人は思いっきりバラエティ・タレント目線な気がするw

2008年06月04日

#01トークタイム『ギター談義』

◇テレビ東京・4月20日放送分

太一:そうですよ、ケンタロウさんってアレなんですよね、ギター好きなんですよね?
ケン:ギター好きですね。
太一:いつぐらいからですか?
ケン:中一のときに初めていとこから、お下がりのギターをもらったんです。
太一:あー、なるほど。入り方としては間違ってない入り方ですよね。
ケン:そうそう、極正しいw で、まー、友達とやってて、ギターに向いてないってことに途中で悟ったんですけど。。。
太一:へー。
ケン:そっからドラムに転向したんです。
太一:えっ? あ、楽器から楽器へ、ほうほう。
ケン:バンドとか組んでやってたんですけど、ギターは常に家にあって、ドラムは家で叩けないじゃないですか。し、全然面白くないの、一人で叩いても。
太一:確かに、そうですね。
ケン:個人練習とか、一時間やることない。
太一:ああ、飽きちゃいますもんね。
ケン:だから、スタジオでギターを借りることになるんですけど。
太一:うん。で、またギターに戻るわけですか?
ケン:ギターは、だから、日々家でも。。。(煮込み中のカレーが気になり)ちょっとアク取りますね。
太一:(笑)
ケン:話しながらも、やっぱりアクを。。。
太一:手は止めずにw

つづきを読む♪ "#01トークタイム『ギター談義』" »

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

Category

スポンサードリンク

キッチングッズ

【サラダスピナー】

イギリスの料理家ジェイミー・オリヴァーきっかけで、ケンタロウさんも使うようになったというサラダ・スピナー♪

【ル・クルーゼ 鍋】

言わずと知れた、保温性と熱伝導が優れている、フランスの伝統的鋳物ホーロー鍋。大人買いするほど、ケンタロウさんもご愛用☆

【フライパン】

ケンタロウさんが「男子ごはん」で使っている新フライパン。安いし、デザインもよいですね♪

【ペッパーミル】

ケンタロウさんご愛用の、シェフィンのワンハンド・ペッパーミルはすでに廃番とのことで、よく似たものを。

Powered byMovable Type 3.2