« #26香港ロケ〜前編1 | 男子ごはんHOME | #27香港ロケ〜後編1 »

#26香港ロケ〜前編2

◇テレビ東京・男子ごはん10月12日放送

「男子ごはんin 香港」前編のつづきです。

調味料専門店を出た2人が、つぎに向かった先は、世界の十大レストランにも選ばれたことがあるというお店『鏞記酒家』。
香港を代表する老舗中の老舗だとのこと。
ここで、2人を待っていたのは、ジャッキーチェンの育ての親としても知られる美食家・蔡瀾(チャイラン)氏。
蔡瀾氏の案内で店の中へ。

さっそく飲茶の起源を尋ねると。。。
飲茶とは、飲んで字のごとく"茶を飲む"と書きますが、当初は朝から簡単なお茶請けなどでお茶を飲んでいたが、のちにシュウマイや饅頭などの点心が生まれ、いまのスタイルになったそうです。

すると、まず出てきたのが、このお店の定番メニュー「筍尖鮮蝦餃(えび餃子)」と「龍皇乾燒賣(肉シューマイ)」。
2人も絶賛の美味しさです♪
つづいて「春巻」を満喫し、"点心作りを教えてもらえませんか?"と太一くん。

OKをもらった2人は、餃子作りに挑戦。
先生は、調理人の李さん。まずは、米でできた皮を包丁で薄く延ばす作業。
太一くんが挑戦し、まあまあの出来栄え!?

太一:ケンタロウさんは、もうしっかりやらないとw

とプレッシャーをかけますが、さすがケンタロウさん、先生にも誉められる出来栄え。
満足顔のケンタロウさん。

ケン:今回はもうこれで帰ろうw

つづいて、餡を皮で包む作業。
先生の早業に、2人は驚嘆。それぞれチャレンジしてみるものの、なかなかうまくいかず。
それでも、とりあえずできた餃子を蒸してもらうことに。
出来上がった自分の餃子をそれぞれ試食して、今週は終わりとなりました。

来週は、"絶品お粥"に、ちょっと変わった"お土産探し"と、さらにディープな香港を紹介するそうです。
楽しみですね♪

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2