« 2009年01月 | 男子ごはんHOME | 2009年03月 »

2009年02月28日

フライ返し(ターナー)

また読者さんからご質問を頂きました。

いつも楽しく見ています。
またレシピも大いに活用しています。

私も探しているものが・・・
『ケンタロウと秘密の料理道具箱』に出てくる、幅の広いフライ返し。
どうしても同じものが欲しくて、探しているのですが見つかりません。
ご存知でしたら、よろしくお願いします。

anさん、ありがとうございますm(_ _)m
今回も、なかなか難題ですねーw

というのも、『ケンタロウと秘密の料理道具箱』に出てくる巾広フライ返し、実物の(白黒)写真は載っているのに、「どのメーカーというわけじゃないが…」とメーカー等の情報は載ってないので、ケンタロウさんも"詳細がわからない"と推察できます。。。

実際、ケンタロウさんが使っている"現物"の写真はすぐ見つかったのですが。。。

tarner.jpg

こちらですよね!?
オールステンレス(?)で、柄のデザインに特徴があって、カッコいいですよね♪

で、販売先は、やっぱりネット上では見つかりませんでした。
合羽橋とか行けば、あるのかなぁ?

anさん、お役に立てず、すみませんm(_ _)m

もし情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、書き込みしていただけたら幸いです。

2009年02月24日

#44トークタイム『ピクルス、ふたたびw』

◇テレビ東京・2月22日放送分

太一:先週、僕らがつくったピクルス、残念ながら大失敗w
ケン:残念でしたねw
太一:(失敗の原因は)漬け過ぎ!
ケン:すごく、単純な話だよねw
太一:だから工程までは、すべてパーフェクトだったわけですよ。
ケン:そうですよね。

ということで、前回と全く同じ作り方で、1週間だけ漬けたものを試食することに。

ケン:(漬け瓶を取り出して)ロマネスコ!
太一:ロマネスコ、ちょっと大人気らしいですよ、いま。
ケン:男子ごはん発?
太一:そう。番組HPに(メールが)送られてきて。スーパーでロマネスコ見たんですって。で、近寄ってって「これ、太一くんが美味しいって言ってたやつだ」って隣のお姉さんが言ってきたって。で、「これ、そうですよね!?」って会話ができたそうですよ。男子ごはんで生まれた会話ですよ。
ケン:すごいですね。それ、うれしいですね。
太一:うれしいですね、めちゃめちゃ。だから、ロマネスコ売っていきましょう、この番組でw
ケン:そうだねw 番組HPでオンラインショップとかやる?w
太一:そうそうそう。

ということで、まずはロマネスコを試食。

太一:(食して)うん、うまい!ロマネスコ→○

つづいて、カブ。

太一:(食して)うわ、うまい!カブ→○
ケン:うん。
太一:一週間でも、けっこう漬かってると思うんですよ。
ケン:全然漬かってる。これ、3日目ぐらいで食べたい。
太一:3日目から食べ始めるのありじゃないですか!?
ケン:あり!
太一:1週間でなくす、みたいな。
ケン:最後、ちょっと濃くなって、おいしい。

つづいて、サツマイモ。

ケン:(食して)サツマイモは、あんまり合わない。
太一:(笑)もともとね。
ケン:はい。別にこの前みたいに、うわぁー、っていうのじゃないですよ。だけど、日々食べたいかって言ったら。。。
太一:そうだよね、合うか、合わないか、ってのも研究しようと言ってたわけですから。おいしいだけでなくて、、、サツマイモは合わないってことですね。
ケン:はい。サツマイモ→×

つづいて、プチトマト。

太一:(食して)うわぁー、めちゃめちゃおいしい! プチトマト→○
ケン:トマト、超おいしい。
太一:なんだろ、トマトの中身でドレッシングができてるかんじですね。
ケン:そのままのトマトよりおいしい。嫌な酸っぱさとかない。
太一:ドレッシングぐらいの。。。
ケン:ちょうどいい。

残ったウズラの卵と水煮タケノコは、好みが分かれそうな味で△。

ケン:(ケンタロウチョイスは)完敗じゃんw
太一:だと思いますw あのー、やっぱり野菜はキュウリとか。。。w
ケン:(笑)当たり前のやつが絶対合う。
太一:でもね、これにめげず、自家製もの作っていきましょうよ。自家製シリーズ、ちなみにどんなものをやっていきたいですか?
ケン:ソーセージとか。
太一:ああぁ。あれもああいうのあるんですよね?
ケン:ぐにょにょにょ、っていう、腸を捻じって。。。
太一:いいですね。ワインとかもつくってみたいし、チーズとかもね。
ケン:チーズそのものもつくってみたいですね。
太一:あと、その、燻製なんかもできそうじゃないですか、外とかでね。
ケン:うん、やりたい。

またピクルスくるとは思いませんでしたw
プチトマト、どんな味か興味ありますねー♪
自家製シリーズ、チーズとか、流行りの生キャラメルなんてどうですか?w

2009年02月22日

#44『ケンタロウ流やわらか酢豚&太一オリジナルレシピ「不安ダーサラ」』

◇テレビ東京・男子ごはん2月22日放送のレシピ

■ケンタロウ流やわらか酢豚 (2〜3人前)
 豚バラ薄切り肉:200g、片栗粉、揚げ油:各適宜
 赤ピーマン:1/2個、ピーマン:1個
 長ネギ:1/2本、しょうが:1片
 にんにく:1片
 a 水:1カップ、砂糖、黒酢:各大さじ2.5
   しょうゆ:大さじ2
   酒、片栗粉、オイスターソース:各大さじ1
 ごま油:大さじ1
 塩、こしょう:各適宜

■太一オリジナルレシピ「不安ダーサラ」(4人前)
 白菜:1/4個
 a 白だし:大さじ1.5、水:大さじ1.5
   酢:大さじ1.5、砂糖:小さじ1弱
   塩:3つまみ
 白いりごま:適宜

[作り方]
●ケンタロウ流やわらか酢豚
1、ピーマンは縦に7mm幅に切る。ねぎは1cm厚さの斜め切りにする。しょうが、にんにくはみじん切りにする。
2、aを混ぜ合わせておく。

【Kentaro's Point】
合わせ調味料に片栗粉を混ぜておくと、ダマになるのを防ぐことができる

3、フライパンに揚げ油を深さ2cm入れて中温に熱する。ピーマンを加えて強火でサッと揚げる。油をきって取り出す。
4、ボウルなどに片栗粉を入れておく。豚肉を片栗粉のボウルに入れてまぶし、ギュッとにぎってから3のフライパンに次々入れていく。強火で揚げ、肉のまわりがかたくなってきたら、返しながらきつね色になるまで揚げる。

【Kentaro's Point】
豚バラの薄切り肉を使うことで、柔らかく仕上げることができる

5、別のフライパンを熱してごま油をひき、ねぎ、にんにく、しょうがを中火で炒める。ネギに少し焼き目がついたら3、4を加えてザッと炒め合わる。
6、aを加えて混ぜながら煮詰め、とろみがついたら出来上がり。味をみて足りなければ塩を足す。

●不安ダーサラ
1、白菜は芯を切り落として一口大にちぎる。
2、ボウルにaを混ぜ、1を加えて和える。
3、器に盛って白いりごまを振る。

2009年02月19日

ケンタロウと秘密の料理道具箱

ケンタロウさんが使っている道具に関する質問が多いのでw、ちょっと役立つかなぁと思って買ってしまいました、『ケンタロウと秘密の料理道具箱』。

よく見ると、表紙の写真、右手に持っているのは例のペッパーミルだったりするんですよねーw

ネットで買ったので気が付かなかったのですが、文庫本サイズです。

さて、内容は。。。
道具紹介がメインなのかな、と思っていたのですが、どちらかというとエッセイ中心。
ケンタロウさんの道具に関するこだわりや思いが先にあって、で、このメーカーのこれはこんなとこを気に入って使ってます、的な展開です。

最近はすっかり、太一くんにいじられる天然系なイメージのケンタロウさんですが、この本では男っぽい口調で語っていて、ちょっと違和感w
でも、そうだよな、『男子ごはん』がはじまるまでは、こんなイメージだったよなぁ。。。

包丁は「かね惣」、鍋は「ル・クルーゼ」、まな板は桐まな板、ペッパーミルは「chef'n (シェフィン)」と現在も男子ごはんで使用している道具を紹介していますが、フライパンだけは「コイヌ印(中尾アルミ)」を紹介していて、男子ごはんで使っているものとは違っています。

読んでると、ついつい同じものが欲しくなりますねー(笑)

個人的には、やはりル・クルーゼの鍋(1個持ってて損はないでしょ、的なw)に、パイレックス(PYREX)の軽量カップ、そして、デンマーク王室御用達・カイボイスンのカトラリーあたりが特に欲しいかも☆

2009年02月16日

#43トークタイム『ピクルスの結末』

◇テレビ東京・2月15日放送分

太一:ケンタロウさん、ピクルスつくったのって覚えてます?
ケン:つくりましたね。
太一:ちょうど、2週間前ですかね。で、食べごろが2週間後って言ってたじゃないですか。ちょうど今日が一番。。。

そのピクルスづくりの模様はこちら

太一:まず(食べるのは)安全なところからですよ。
ケン:じゃ、ロマ(ネスコ)でしょ。
太一:ロマからいきます。(食べて)美味い、美味い! あっ、ちょっと(酸味が)強めですね。
ケン:うん。(つぎは)ウズたま、いこうよ、ウズたま。
太一:(ウズラの卵を取って)あ、カチッカチッやぞw
ケン:ホントだ、ホントだ(笑)
太一:(食べて)おっ、これは全然だいじょうぶ。。。あっ(渋面に)黄身だ、黄身。
ケン:けっこうきついね。黄身の粉っぽいとこに酢が。。。
太一:(つづいて、さつまいものピクルスを食して、パキッ)なんだ、この歯ごたえ?
ケン:食感としては、しょうがのスライスを食べてるみたいな食感だよね。
太一:そうですね。。。でも、これ、まずい! まずくないですか、俺、だめだわw
ケン:(ビックリ顔!)

残るトマトとタケノコのピクルスも微妙なリアクション。
そして、最後にカブのピクルス。

太一:(食して)うーー。パリッとすると思ったじゃないですか、ベチャっとするんですよ。そのベチャが、全部お酢なんで。。。失敗じゃないですか、これ?
ケン:あら、言っちゃう!?(笑)
太一:でも、これは、あとでね、みんなで責任もって。。。(ピクルスをしまい始める)
ケン:もちろん!
太一:食べますか?(突然カメラマンにピクルスを差し出す)ひと口で(食べて)。
カメラマン:(食して)全然大丈夫。
太一:マジで!?
ケン:これで、ワインとかいけちゃう?
カメラマン:全然♪
太一:なんだ、好きな人には好きな味なんだー。
ケン:お、そうなんだ。
カメラマン:全然、マジで、マジで♪
太一:ちょっと喋りすぎじゃない?(笑)

干柿といい、失敗つづきですねw
ほかの番組じゃ考えられないですが、そこが「男子ごはん」の味ということで!?
つぎは、なにを失敗してくれるのでしょう?(笑)

2009年02月15日

#43『ケンタロウ流イワシの南蛮漬け&イワシのつみれ汁』

◇テレビ東京・男子ごはん2月15日放送のレシピ

■ケンタロウ流イワシの南蛮漬け(4人前)
 イワシ(3枚おろし):8尾分
 玉ネギ:1/2個、赤ピーマン:1個
 にんにく:1個
 a おろししょうが:1片分、酢:大さじ2
   オイスターソース:大さじ1.5
   水、ごま油、しょうゆ:各大さじ1
   砂糖:小さじ1/2
 薄力粉、揚げ油:各適宜

■イワシのつみれ汁(4人前)
 イワシ(3枚おろし):6尾分
 おろししょうが:1片分
 a 卵黄:1個分、山椒粉:適宜
   塩:少々
 煮干し出し汁:3カップ
 ごぼう:10㎝、大根:3㎝
 人参:4㎝、みそ:大さじ2〜3
 こしょう:適宜

[作り方]
●ケンタロウ流イワシの南蛮漬け
1、玉ネギは縦薄切りにして水に5分さらす。赤ピーマンは縦細切りにする。
2、バットにaを混ぜ、水気をきった玉ネギを加えて混ぜる。にんにくは皮をむく。
3、フライパンに揚げ油を深さ2〜3cm入れ、にんにくを加えて弱めの中火にかける。揚げ色がついてきたら赤ピーマンを加えて強火でサッと素揚げをし、油をきってバットに加えて和える。
4、イワシは水気を拭いて薄力粉をまぶし、3のフライパンに入れて強火で揚げる。まわりが固まってきたらたまに返しながら揚げ、全体に揚げ色がついたら油をきってバットに加えて和える。

【Kentaro's Point】
揚げたてイワシをすぐに漬けダレに和えることで、イワシに味がよく染み込む

5、そのまま15分くらいなじませる。

●イワシのつみれ汁
1、つみれを作る。フードプロセッサーに水を拭いたイワシ、aを入れ、断続的に回す。粗いミンチ状になるまで回す。ボウルに移しておろししょうがを加えて混ぜる。
2、ごぼうはピーラーでささがきにして酢水(分量外)に3分さらす。大根は3mm厚さのイチョウ切りにし、にんじんは3mm厚さの半月切りにする。
3、鍋に煮干し出し汁を温める。2本のスプーンを使って1を団子状にし、鍋に加えていく。再びフツフツしてきたら2を加えて7〜8分くらい、アクを取りながら煮る。
4、味をみながらみそを溶き入れてひと煮する。器によそってこしょうを振る。

【Kentaro's Point】
つみれ汁にこしょう(適宜)を振ることで、コクと風味がより際立つ

2009年02月14日

干柿の結末(OPトーク)

◇テレビ東京・2月8日放送

太一:さあ、ケンタロウさん、クイズです。
ケン:のっけから?
太一:(怪しげな物体を取り出し)これはなんでしょうか?
ケン:なに、それ? ちょ、ちょっと待って。これは、僕らが、仕込んだ、干柿ですか?
太一:はい(爆笑)約1ヶ月前、僕らがつくった干柿です。そして、大失敗ですw
ケン:いっぱいあったじゃないですか? 全部これ?
太一:全部このようになりました。

1ヶ月前の干柿づくりの模様はこちら

太一:なんでこう(真っ黒に)なったのか、農家の方に聞いたんですね。「ちょっと雨にも濡れたんですよ」って言ったら「だめだー、そんなんだめだー!」ってw
ケン:(爆笑)
太一:臭いは全然しないんですけども。しかし、日サロにでも行ったんじゃないかってぐらいw
ケン:黒いねーw
太一:ちょっと、また。。。
ケン:また頑張りましょう!

干柿、とんだ結末でしたねw
たしかに番組的にはテラスに干していましたが、あそこレンタルスタジオだから、普段はどこに干すんだろう?と疑問に思っていました。
結局、スタッフさんの管理が甘かったんでしょうねーw

2009年02月09日

#42トークタイム『国分家秘伝!納豆汁』

◇テレビ東京・2月8日放送分

太一:以前ケンタロウさんが、僕の両親の作る"納豆汁"が食べたいって言ってたじゃないですか。
ケン:食べたい。
太一:(タッパを取り出して)母ちゃんが持ってきた納豆汁! これですよ。
ケン:俺、本当に食べたかったの。

【納豆汁とは】
ペースト状にした納豆を味噌汁にいれた、山形県を代表する郷土料理。

(中略)
まだ完成状態ではない納豆汁を仕上げることに。

太一:お豆腐は最後に入れるように、と。
ケン:わかりました。
太一:何日も持たせるために、豆腐が腐っちゃうとあれなんで、一番最後に入れるって言ってましたね。あと、セリとネギを細かく。
ケン:わかりました。
太一:(納豆汁)すごい臭いでしょ!?
ケン:でも、納豆の粒とかは、全くないんですよ。
太一:"KP"なんですよ、ここ。
ケン:"Kokubun Point"。
太一:あのね、国分クニコなのでw
ケン:"Kuniko Point"(笑)
太一:すり鉢で納豆を入れて、粒がなくなるまで、すり潰すと。これは、うちの父親がやらないとダメみたいです。
ケン:納豆の存在、わかんないですもん。
太一:のに、納豆の臭いですよね。

最後にセリとネギを乗せて食べるのですが。。。

太一:セリもネギも豆腐も、親が用意しました。
ケン:えっ、まじですか? じゃ、リアルに国分家で使っている豆腐。
太一:そうです。一週間前くらいに、母親に連絡したんですよ。そしたら「全然構わないけど、田舎からすべて取り寄せるので、それが間に合うかどうか、心配だ」って話をされて。だから、全て山形の(食材)。

さいの目に切った豆腐を入れ、ひと煮立ちさせれば完成。

太一:(温め)もういいと思います。
ケン:もういいですか!?
太一:あのね、沸騰しないんですよね。なんなんだろうって、いつも。ボコン、ボコンって。
ケン:そうですね、粘度があるからじゃないかな、やっぱり。(器によそって)すごい美味そう♪
太一:今年、何回目だろうな、食べるの。
ケン:まずお正月。お正月のものなんだよね、太一くんの家では? これに?
太一:セリ、ネギを自分の好きな量を。多めの方がいいって母ちゃんは言ってましたね。セリを多くして。で、一味か、七味を。
ケン:美味そう♪
太一:美味いですよ、マジで。
ケン:いただきまーす。うまーい! 食感がどれも違って、納豆の臭いがするんだけど。
太一:味にはそんなに出てこないですよね。
ケン:すごい臭みがあるとかじゃないのに。。。
太一:でも、味噌汁とかでもないですよね!? これ、リアルに母ちゃんの味なんで、恥ずかしいw

私も納豆すきなんで、興味ありますね、納豆汁。
でも、茨城じゃなくて、山形の郷土料理なんだw

2009年02月08日

#42『ケンタロウ流 3色シュウマイ&菜の花スープ』

◇テレビ東京・男子ごはん2月8日放送のレシピ

■ケンタロウ流 3色シュウマイ
【蒸しシュウマイ&揚げシュウマイ】
 豚ひき肉:300g、玉ねぎ:1/2個
 片栗粉:大さじ2
 a  ごま油、オイスターソース、酒:各小さじ1
   塩:2つまみ、こしょう:適宜
 しゅうまいの皮:1袋
 練りからし、醤油、酢:各適宜

【海鮮シュウマイ 】
 豚ひき肉:100g、むきエビ:5尾
 ホタテ貝柱:3個、カニ缶:小1/2缶
 玉ねぎ:1/2個、しょうが:1/2片
 片栗粉:大さじ2
 a  ごま油、オイスターソース、酒:各小さじ1
   塩:3つまみ、こしょう:適宜
 しゅうまいの皮:1袋
 練りからし、醤油、酢:各適宜

■菜の花スープ
 鶏がら:1羽分
 a 水:7カップ
   にんにく、しょうが(共に半分に切ったもの):各1片
 ささみ:2本、菜の花:1/2束
 みりん、しょうゆ:各大さじ1/2
 塩、こしょう:各適宜

[作り方]
●【蒸しシュウマイ&揚げシュウマイ】
1、玉ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、片栗粉を加えて混ぜる。

【Kentaro's Point】
玉ねぎのみじん切りに片栗粉を混ぜる事で、余分な水分が出るのを防ぐ事ができる

2、別のボウルにひき肉とaを合わせて手でよく混ぜ、1を加えてさらによく混ぜる。

【Kentaro's Point】
オイスターソースを加えることで、しっかりとした味とコクが出る

3、利き手と反対の手の親指と人さし指で輪っかを作り、上にシュウマイの皮をのせる。2の具をティースプーン1杯ほどのせて、輪っかに押し込みつつ、中指と薬指で支えつつ、包む。バット等平らなところにおいて形をととのえる。
4、半量を蒸しシュウマイにする。せいろにクッキングシートをしき、蓋を布巾で包んで取っ手の部分をゴムで止める。せいろに3の半量を間隔を空けて並べる。沸騰している鍋にのせ、蓋をして15分強火で蒸す。
5、半量を揚げシュウマイにする。フライパンに揚げ油を深さ2㎝入れて中温に熱する。半量のシュウマイを加えて中火で揚げ、まわりが固まってきたらたまに返しながら揚げる。全体がきつね色になってきたら火を強めてカラッと仕上げる。
6、練り辛子、酢、しょうゆをつけながら食べる。

●【海鮮シュウマイ】
1、玉ねぎはみじん切りにしてボウルに入れ、片栗粉を加えて混ぜる。
2、むきエビ、ホタテは水気を拭いて7mm角くらいに刻む。しょうがは千切りにする。
3、別のボウルにひき肉とaを合わせて手でよく混ぜ、1、2を加えてさらによく混ぜる。
4、利き手と反対の手の親指と人さし指で輪っかを作り、上にシュウマイの皮をのせる。2の具をティースプーン1杯ほどのせて、輪っかに押し込みつつ、中指と薬指で支えつつ、包む。バット等平らなところにおいて形をととのえる。
5、せいろにクッキングシートをしき、蓋を布巾で包んで取っ手の部分をゴムで止める。せいろに3の半量を間隔を空けて並べる。沸騰している鍋にのせ、蓋をして15分強火で蒸す。

●菜の花スープ
1、鍋にaを煮立て、鶏ガラを加える。ささみは筋を取り除いてそぎ切りにする。鍋が沸いてきたらささみを加え、火を弱めてアクを取りながら1時間スープを取る。
2、菜の花は縦半分に切ってから長さを半分に切る。
3、1のスープを4カップ計量して(水分が足りなければ水を足す)鍋に戻す。ささみ、みりん、しょうゆ、塩小さじ1/2を加えて火にかけ、沸いてきたら火を弱めてアクを取りながら5分煮る。
4、味をみながら塩、こしょうでととのえ、菜の花を加えてひと煮する。

2009年02月02日

#41トークタイム『ピクルスづくり』

◇テレビ東京・男子ごはん2月1日放送

太一:またぁ、自家製ものをつくりましょうか? いままで色んなものを作ってきましたよね。
ケン:ビール。
太一:果実酒。
ケン:干し柿。
太一:干し柿はどうなったのでしょうか?w
ケン:ってか、干し柿の話、一向に出てこないよね?w
太一:干し柿は乞うご期待です!w(来週発表とのこと)
ケン:自家製シリーズ、第4弾かな!?
太一:今日は、ピクルス、挑戦してみませんか? 色んな野菜で自分たちの好きなピクルスを作りましょうよ。

数々の野菜をご用意。それぞれ3つ選ぶことに。

ケン:俺、うずたま(ウズラの卵)いっていい?
太一:えっ、ピクルスに? それ、ピクルスにあるんですか?
ケン:ある、ある、ある。
太一:さつまいももなぁ。。。俺は、ヘルシンコ(笑) これなんでしたっけ?
ケン:ロマネスコ! ヘルシンコってw
太一:これ、初めてですよね?
ケン:初めて。じゃ、俺いくよ、さつまいも!
太一:まじですか? ケンタロウさんの方、すごくなんない? あとはワカメですよね!?w
ケン:(爆)それ入れたら、"お通し"みたいでしょ!?w
太一:確かに"お通し"ですね、小料理屋の(笑)

ということで、2人が選んだ食材はこちら。
ケンタロウ:ウズラの卵、サツマイモ、水煮タケノコ
太一:ロマネスコ、プチトマト、かぶ

で、ピクルスづくり開始。

[ケンタロウ作業]
1.サツマイモ(1本)を薄切りにする。
2.サツマイモをサッと塩茹でにする
3.水煮タケノコ(約200g)は一口大に切り分け、サッと塩茹でにする
4.ウズラの卵(10個)は味が染みるように切込みを入れる

太一:ケンタロウさん、どうですか、自家製ピクルスを作ったりは。。。?
ケン:即席ピクルスみたいのは(ある)、いわゆる1週間、2週間漬け込むようなのはないですね。
太一:ないですか。じゃ、ケンタロウさんも初めてなんだ。
ケン:楽しみ♪
太一:これ、ピクルスってね、どうしても子どものころは苦手で。ピクルスっていうだけで、ネガティブなかんじだったんですけど、大人になってから、美味しいですよねー。
ケン:変わりますよね、そういうの。

[太一作業]
1.ロマネスコ(1/2個)を小房に分け、塩茹でにする。
2.かぶ(2個)は皮を剥き、12等分に切り、塩茹でにする。

太一:ご無沙汰です、ロマネスコw
ケン:1週間ぶり?w
太一:2週間で、2回出てくるって、すごいですよね。
ケン:ロマネスコ、美味しいよね!
太一:美味しいです。ピクルスにしても絶対美味しいですよね。
ケン:美味しいと思う。

下ごしらえが済んだら、ピクルス液づくりに。
1.水(2カップ)にワインビネガー(2カップ)、ローリエ(2枚)を加える。
2.塩・砂糖(各大さじ3)・クローブ(5粒)・にんにく(1片分)・唐辛子(6本)を加え、5〜10分ほど煮立たせる。

その間、食材を煮沸消毒した瓶に詰めます。

太一:楽しみだな、これ☆
ケン:瓶に入れてみると、かわいくない? すごい満タン、入るかな、液が?w
太一:僕は、ちゃんと分量を考えながら入れましたよw
ケン:大丈夫、大丈夫w
太一:(煮立てた液の)臭いすごいですねぇ、ツンとしてきた。テレビ上、換気扇を回せない。。。
ケン:ゴホ、ゴホ(むせるケンタロウさん)
太一:うぉ、ゴホッ(同じく、むせる太一くん)
ケン:どうする?w
太一:一回、換気扇回しちゃいますか?
ケン:一回まわそうよw

気を取り直して、液を瓶に注ぎます。

太一:サツマイモもなんかいいかんじに。。。
ケン:ちょっとまとまりが出てきたよね?
太一:水分とかも出てきますよね?
ケン:そうだね、野菜からね。
太一:これは、ちょっと楽しみだなぁ♪
ケン:(太一くんの瓶を見て)すごいキレイ☆ なに、それ!(自分の瓶を見て)地味じゃない!?(笑)
太一:ウズラの卵、サツマイモ、水煮タケノコ(笑)"和"ですね。
ケン:(笑)
太一:これで、1,2週間後です。

1〜2週間、冷蔵庫に入れておく

見た目は太一瓶の方が見栄えがよかったですが、味はケンタロウ瓶の方が良さそうな気がするw

2009年02月01日

#41『ケンタロウ流3種の鶏のから揚げ&コールスロー』

◇テレビ東京・男子ごはん2月1日放送のレシピ

[材料]
■ケンタロウ流3種の鶏から揚げ(2〜3人前)
【プレーン味】
 鶏もも肉:2枚
 a しょうが汁:1片分、おろしにんにく:少々
   醤油:大さじ1.5、みりん:大さじ1/2
   ごま油:小さじ1、塩:1つまみ
   こしょう:適宜
 片栗粉、揚げ油:各適宜
 マヨネーズ:適宜、レモン:適宜

【おろしだれ】
 大根おろし:8㎝、おろししょうが:1片分
 しょうゆ:大さじ1/2、みりん:小さじ1
 レモン汁:小さじ1

【インド風から揚げ】
 鶏もも肉:2枚
 a プレーンヨーグルト:1/2カップ
   おろしにんにく:少々、カレー粉:小さじ2
   酒、サラダ油:各小さじ1、塩:小さじ2/3、
   こしょう:適宜
 片栗粉、揚げ油:各適宜
 くし形に切ったレモン:適宜

■コールスロー(4人分)
 キャベツ:1/4個
 セロリ:1本、人参:1/2本
 玉ねぎ:1/4個、マヨネーズ:大さじ5
 粒マスタード:小さじ1
 塩、酢:各適宜、砂糖:2つまみ
 こしょう:少々

[作り方]
●【プレーン味】
1、鶏肉は余分な脂身を取り除き、5〜6等分に切る。
2、ボウルに鶏肉、aを加えて手でもみ込んで5〜10分つけておく。別のボウルに片栗粉を入れておく。
3、フライパンに揚げ油を深さ2cm入れて中温に熱する。2の鶏肉の皮を広げてから片栗粉をまぶし、フライパンにギッチリ入れて中火で揚げる。まわりが固まってきたら、たまに返しながらじっくりと7〜8分揚げる。

【Kentaro's Point】
揚げ油を2〜3cm分だけ張ることで、経済的なうえ唐揚げの水分がとびやすくなる

【Kentaro's Point】
揚げ始めは、衣がはがれやすいため、まわりが固まるまで触らない

4、全体がきつね色になってきたら竹串を刺し、澄んだ汁が出てくれば、火を強めて全体をカラッと揚げる。
5、器に盛ってマヨネーズを添える。

●【おろしだれ】
1、大根おろしの水気を絞り、全ての材料と混ぜあわせる。

●【インド風から揚げ】
1、鶏肉は余分な脂身を取り除き、5〜6等分に切る。ボウルに鶏肉、aを加えて手でもみ込み、5〜10分漬けておく。
2、別のボウルに片栗粉を入れておく。
3、フライパンに揚げ油を深さ2cm入れて中温に熱する。2の鶏肉の皮を広げてから片栗粉をまぶし、フライパンにギッチリ入れて中火で揚げる。まわりが固まってきたら、たまに返しながらじっくりと7〜8分揚げる。
4、全体がきつね色になってきたら竹串を刺し、澄んだ汁が出てくれば、火を強めて全体をカラッと揚げる。
5、器に盛ってレモンを添える。

●コールスロー
1、キャベツは細かく刻んで水にさらす。セロリはピーラーで皮をむいてみじん切りにする。人参、玉ねぎもみじん切りにする。
2、ボウルにマヨネーズ、粒マスタードを合わせて混ぜ、セロリ、玉ねぎ、人参、キャベツの順に加えて和える。味をみながら塩、こしょうでととのえる。

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2