« #15『ゴーヤチャンプルと豚肉と春菊のジューシー風混ぜおこわ』 | 男子ごはんHOME | #16『冷や汁とお母ちゃんの舞い上がり(焼き鮭のもずく和え)』 »

#15トークタイム『沖縄三線』

◇テレビ東京・7月27日放送分・男子ごはん

太一:今日はちょっと、沖縄気分を満喫しようということで。。。これ、なんていうんですか?
ケン:カンカラ三線。

(沖縄を代表する楽器として古い伝統を持つ"三線"。そんな三線の音を手軽に再現できると静かなブームになっているのが、空き缶を利用した"カンカラ三線"。)

(三線などで耳にする沖縄独特の音階は"琉球音階"と呼ばれ、"レ"と"ラ"の音を抜いた5音で構成されています。)

そこで、2人はカンカラ三線で沖縄の定番曲『島唄』に挑戦することに。

ケン:では、やっぱりミュージシャンである。。。
太一:いや、弾いたことないですよ。
ケン:でも、さすがミュージシャンなんだな、ってところが見れるわけですよね!?
太一:(楽譜と睨めっこして弾き始める太一くん)
ケン:ガン見じゃないですかw (一応、島唄になってる)おおぉ。(最後に音をはずした太一くんに)アハハハw いま、惜しかったねぇ。
太一:じゃ、つぎはケンタロウさん。
ケン:ええっ、俺も? (太一くんを指差して)さっき練習してたじゃん。
太一:言うなよ(笑)
ケン:(弾き始めるが、ポロポロな状況に)
2人:(爆笑)

三線といえば、皮が定番ですが、カンカラなんてのもあるんですね♪


皮と違って、キャラクターものも製作できるのも強みかも!?


コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2