« 2013年10月 | 男子ごはんHOME | 2013年12月 »

2013年11月25日

#290トークタイム『手作りソーセージ』

◇テレビ東京・11月24日放送分

太一:さあ、今日のですね、裏トークは手作りシリーズを。
心平:手作りシリーズ。
太一:今までね、色んなものを作ってきましたけれども、今回は手作りソーセージを作ろうじゃないかと。
心平:なるほど。
太一:ということで、具をね、用意してみました。こういった具でソーセージを作ろうじゃないかと。
心平:なるほど。

【モクモクウインナーメーカー】
過程で簡単に手作りウインナーが楽しめるキット

用意された食材は、

豚肉・鶏肉・タラ・エビ・チーズ・しそ・塩・スパイス

豚肉をベースに好きな具材を混ぜて作っていきましょう。

太一:まあね、心平ちゃんはちょっと攻めてもらいたいですね。
心平:えっ? 攻めます?
太一:いや、攻めてもらいたい、だって、なんか、(具材は)この中だけだけど、ちょっとこう、量によって美味しくさせたりとか。
心平:なるほど。
太一:僕は豚だけでいいんで。
心平:え?
太一:(笑)オリジナルじゃないですねw わかりました、じゃあ俺は、攻めます。
心平:はい。
太一:豚!
心平:豚。
太一:しそ!
心平:しそ。
太一:チーズ!
心平:攻めてない。。。
太一:(笑)
心平:全然攻めてない。
太一:めっちゃ旨そうじゃないですかw
心平:パクチー入れてもいいよね。
太一:ああ。面白いんじゃないですか。バクチー入れましょうか。
心平:じゃあ、僕は、豚。。。
太一:豚。
心平:3ついっちゃおうかな。(エビと鶏肉も取る)
太一:3種類ですね、あ、4種類か、パクチーも入れたら。
心平:そうそう。(なぜか、パクチーは心平ちゃんの方に入れることにw)

1.選んだ食材をフードプロセッサーにかけてミンチ状に。
2.スパイスを加えてよく混ぜる
3.完成したタネをキットに詰め、キットの先端に腸をはめてつめていく

太一:(詰めてゆくのが)うまい、心平ちゃん! むっちゃくちゃうまいじゃん。交代して。
心平:やだ。
太一:なんでそんなに太いの? (太一くんの腸詰めはヒョロヒョロw)
心平:手で押さえながらやる。
太一:こうゆうこと?(腸に手を添えてゆく)
心平:そうそう。ちょっと溜めるかんじで。
太一:先に行かせないんだ、あんまり。
心平:そうそう。
太一:わかった、わかった、もうわかったぞ、俺。(しかし、途中までの結果は見るも無残な状態)
心平:(笑)
太一:すごい、しま腸みたい、orz

4.詰め終わった腸を5分ほど茹でればオリジナルソーセージの完成。

心平:じゃ、茹でていきまぁす。(長い腸詰めを鍋に)
太一:はーい、5分、茹でまーす。形より味ですからねw
心平:(そうそう)栗原家に伝わるソーセージソースがある。
太一:え?それは普通に、ちゃんと教えてほしい。栗原家の、ソーセージのソース?

[材料]
ごま油・しょうゆ・酢・砂糖・白ネギ

太一:いつごろからこのソース食べてたんですか?
心平:小学校のとき。
太一:小学校のころから?
心平:これを作ってた。ほんとは白ネギね、ないから(青ネギを投入)。
太一:はい。これは、なんか中華まんとかにつけてもおいしそう。

いよいよソーセージが茹で上がり。

心平:(心平ちゃん作のソーセージを取り出す)
太一:それが、俺で。。。
心平:俺で! (太一くん作の)なんかしみったれたかんじがw
太一:(゜ー゜) 俺のじゃないよ、これ!!
心平:(笑)
太一:心平ちゃんの旨そう。
心平:とりあえず自分のを。
太一:(まずはソースをつけずに)このままですよね?
心平:このまま(パクリ)うん。
太一:めっちゃうまい。
心平:すげーうまいよ、まじうまいよ。
太一:マジでうまい。
心平:パクチーがね、すごいいいかんじ。
太一:ちょっとこれ(ソース)つけましょうよ。(つけてパクリ)おいしい、これ! おいしい。これ(ソーセージ)が美味しいんだ。
心平:超うまい。
太一:こっちですよ。
心平:絶対こっちの方がおいしいよ。
太一:俺のうまいスよ。
心平:とりあえず(交換して)いただきます。(パクリ)
太一:ああ、そっか(=Д=)どうですか?
心平:うまいけど、俺のがうまい。だって、音がいいでしょ。(パクリ。パキッ)
太一:絶対こっちのがおいしいです。
心平:いやいやいや。。。

ソーセージって熟成はしないんですね。。。あんまり気にしてなかったことですがw
ちなみに、腸はどこで手に入れるんだ?って思ったんですが、楽天とかでも普通に売ってるんですねw


2013年11月24日

#290『シンガポール持ち帰りレシピ〜パクテー他』

◇テレビ東京・男子ごはん11月24日放送のレシピ

■バクテー(2〜4人分)
 豚スペアリブ…600g、ニンニク…8片
 あらびき黒こしょう…大さじ1/2、塩…小さじ1
 水…1リットル

 そうめん…適量、香菜…適量

■蒸しもやしと砂肝のニンニクしょうゆがけ(2人分)
 もやし…1袋、砂肝…大1個(30g)

 玉ねぎ…1/4個、揚げ油…適量
 ごま油…大さじ1/2、香菜…適量

[ニンニクしょうゆダレ]
 ニンニク…1片、しょうゆ…大さじ2
 みりん…大さじ2

[作り方]
●バクテー
1.ニンニクは小房に分ける。鍋に水を入れて豚スペアリブ、あらびき黒こしょう、ニンニクを皮ごとを入れ強火にかける。沸いてきたら火を弱め、フタをして40分くらい煮る。
2.塩を加えて混ぜる。
3.そうめんは少し固めに茹で、流水でよく洗って水気をきる。器にそうめんを盛って2のスペアリブ、ニンニク、スープを加え、刻んだ香菜をのせる。

●蒸しもやしと砂肝のニンニクしょうゆがけ
1.ニンニクしょうゆダレを作る。ニンニクは横薄切りにする。小さめのフライパン又は鍋にしょうゆ、みりんを入れて中火にかける。沸いてきたらニンニクを加えてひと煮する。
2.もやしは根と芽を取り除く。鍋に水を入れてザルをのせ、砂肝を入れてフタをして2分加熱する。続いてもやしを加えてさらに2分蒸し煮する。砂肝は薄切りにする。

【Shimpei's Point】
もやしを蒸すことで水も出にくくなり、味を閉じ込めながらシャキッと仕上がる

3.玉ねぎは2cm長さの薄切りにする。キッチンペーパーで包んでしっかりと水気を絞る。低温の揚げ油でじっくりと揚げる。きつね色にカリッと揚げる。
4.器にもやし、砂肝を盛って3をちらす。ごま油、1をかける。 刻んだ香菜をのせる。

2013年11月18日

#289トークタイム『ホーカーズでおつまみ探し』

◇テレビ東京・11月19日放送分

今回の裏トークは。。。
地元で人気の屋台街(ホーカーズ)である「Maxwell Food Centre(マックスウェル・フードセンター)」にやってきた2人。
こちらはおよそ80軒の屋台が立ち並び、昼も夜も地元の人でにぎわうグルメスポットです。

ここでのテーマは、

●ホーカーズでビールに合うおつまみを探す!

2手に分かれて、2品ずつ調達することに。

太一くんは、いきなり手前2店に気になるメニューを発見♪
一応、奥まで全部の店を見て回りますが、結局一番最初の2店で購入することにw

ゲットしたのは、

・ダック・クウェイチャプ(鴨肉の甘辛煮) S$4.00(約320円)
・ビーンスプロート(蒸しもやしのサラダ) S$3.00(約240円)

一方、心平ちゃんは(太一くんがコミュニケーションとりながら注文するのとは対照的に)マイペースに2品をゲットw

・ポピア(生春巻き)2本S$2.40(約192円)
・シーフード・ディライト(海鮮お好み焼き)S$6.00(約480円)

さっそく持ち寄って、乾杯☆

心平:(ジョッキのビールを一気飲み)
太一:つまみ、関係ないじゃんw
心平:(^〜^)
太一:これね、奥まで(探しに)行ったけど、この2軒(で買った)w
心平:(笑)そこで決まっちゃたんですねw

まずは太一くんチョイスのビーンスプロート(蒸しもやしのサラダ:砂肝・オニオンフライ・パクチーとともにほんのり甘いしょうゆで頂きます)から。

太一:(パクリ)うまいわ。
心平:うまい。
太一:内臓もいいね、鶏の内臓も。これ、なんなの、オニオンフライ?おいしい、香ばしくて。これ、ビールに合うよ。

つづいても、太一くんチョイス、ダック・クウェイチャプ(鴨肉の甘辛煮:スパイスが効いた甘辛なタレで煮込んだ鴨肉)。

太一:これ、ビールに合うよって教えてくれたんですよ。
心平:(パクリ)うん、うまい。
太一:うまい。全然味濃くないですね。
心平:かなりあっさりしてる。
太一:気候に合うんだね、この味はね。いいじゃないですか、これ。
心平:非常にいい。

つぎは、心平ちゃんチョイス、ポピア(生春巻き:薄く焼いた記事にタレを塗りレタス・もやし・カブ・ニンジン・ピーナッツパウダーなどを挟んだ生春巻き)。

心平:(パクリ)うん!?
太一:辛い、これ一番辛いよ、心平ちゃん(><)でも、甘いソースも、ピーナッツぽい甘さと、急に辛くなる味。こっち独特の味付けですよね。食感いいですね。
心平:食感いい、シャキシャキしてて。

最後は心平ちゃんチョイスの、シーフード・ディライト(海鮮お好み焼き:小麦粉の生地と卵を焼き、エビ・いか・ねぎと炒めた一品)。

太一:(パクリ)うん、おいしい!
心平:うまい。
太一:お好み焼きだね。雑なお好み焼きw 色んなとこにムラがあるけど、それが逆に美味しい。
心平:(笑)
太一:いやー、これ一番決めるの、難しくない?
心平:難しいけど。。
太一:指差しますか?
心平:そうですね。
太一:せーの(2人とも蒸しもやしのサラダを指す)おお。これね、そこ(店の場所を指すw)
心平:(笑)
太一:(店員に向け)(*^ー゜)b (店員も)d(^ー^)
心平:おいしいわ。
太一:うまい、うまい。かなり楽しめますね。
心平:面白い♪

こうして、裏トークは終了しました。。。

2013年11月17日

#289男子ごはん in シンガポール〜後編

◇テレビ東京・男子ごはん11月17日放送

毎秋恒例の海外ロケ、第6弾の今年はシンガポールです〜♪
二週目の今週は、シンガポールのご家庭にお邪魔して、代表的な麺料理「ラクサ」を教わります。
その模様をかんたんにレビュー♪


【ラクサ】
プラナカンと呼ばれる、中国から渡ってきた人々が広めたシンガポールを代表する麺料理

とあるマンションにやってきた2人。
出迎えてくれたのは、プラナカンの文化や伝統を伝える講演やイベントなどで活躍するリズさん。
さっそく家の中に案内されると、立派なお部屋に2人のテンションもアップ☆

太一:僕ら、なんて呼べばいいですかね?
リズ:ニョニャ・リズと呼んで。
太一:ニョニャって意味あるんですかね?
リズ:プラナカンで女性のことをニョニャ。男の人はババ。You are BABA.
太一:ババア? リサ婆(ばばあ)ってことですか?
心平:違う、違う(笑)(通訳の説明を受けて)ババ太一ってこと。
太一:(笑)

その後、プラナカンのお皿などを見せてもらい、いよいよ「ラクサ」作り♪

[材料]
<具材>
ラクサ麺・もやし・エビ・フィッシュケーキ(魚のすり身を揚げたかまぼこ)・油揚げ・うずらの卵・ラクサリーフ(香草)

<スープ>
干しえび
a)
ブルージンジャー・紫玉ねぎ・プラチャン(エビペースト)・コリアンダー・レモングラス・唐辛子・キャンドルナッツ・ターメリック

1.ラクサリーフを葉と茎に分ける。葉の部分はみじん切りに。

心平:(手早くみじん切りに)
太一:見て。Look!
リズ:Wow,He is a chef.
太一:そう、この人ね、料理上手いんですよw(略)あんまり、台所に入ることはないんですか、シンガポールでは?
リズ:No. プラナカンの男性は料理が得意なのよ。
太一:へ〜〜。

2.フィッシュケーキを薄切り、油揚げは半分に切る。

太一:どのくらいのペースで食べるんですか、家では?
リズ:1ヵ月に1回くらい。すごく手がかかるんで、そうしょっちゅうは。。。
太一:ああ。なにご飯?朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯?
リズ:Lunch or Dinner.one dish.
太一:ああ、丼ぶりになるんだ。

3.スープのベースになるチリペースト作り。a)を細かく切りミキサーに入れる。コーン油を加え、ミキサーをかける。

【LIZ's Point】
水ではなくコーン油で馴染ませる

4.干しえびは乾煎りする

【LIZ's Point】
干しえびは油で炒めるのが普通だが、乾煎りするとヘルシー

5.フライパンに油をひいてチリペーストを炒め、ココナッツミルクを加える。

リズ:プラナカン料理は忍耐力がないとできないの。
太一:確かに。
リズ:ササッとできるものではないの。

6.さらに乾煎りした干しえびを加える。
7.エビの茹で汁にラクサリーフの茎を入れ10分煮る。その後、茎は取り出す。
8.スープにチリペーストを加えて混ぜる。切った油揚げを加える。ココナッツミルクもたっぷり加えてスープが完成。
9.器にラクサ麺を入れる。もやし・エビ・フィッシュケーキ・うずらの卵をのせる。
10.スープをかけて、刻んだラクサリーフの葉をのせたら完成。

いざ試食。

太一:(ズルズルッ)おいしい。癖がないんですよ。
心平:なんかね、すんごく濃そうに見えるけど、わりとあっさりというか、さっぱりというか。
太一:女の子が好き。
心平:うん。色んな要素がありますね。タイぽいし、マレーシアぽいっていう。。。
太一:はい。
心平:色んな料理が混ざったような、そういう文化のものなんだなぁと。
太一:それがシンガポールなんですね。

こうして、番組終了となりました♪

2013年11月12日

#288トークタイム『シンガポールの絶景アトラクション』

◇テレビ東京・11月10日放送分

シンガポールでの裏トークは。。。シンガポール南部のセントーサ島にある「MegaZip Adventure Park(メガジップ・アドペンチャーパーク)」に行き、絶景アトラクション"MegaZip"を体験w

megazip.jpg
【MegaZip】
高台の上から海岸までの450mをワイヤーで滑り降りる。1回約3,04円。

なんでアトラクション体験?って気がしますが、心平ちゃんは高所恐怖症らしいので、それを事前に知ったスタッフのいたずら(悪意?)なんでしょうw

アトラクション体験を文字起ししてもつまらないので、今回はこのくらいでm(_ _)m

2013年11月11日

#288男子ごはん in シンガポール〜前編

◇テレビ東京・男子ごはん11月10日放送

毎秋恒例の海外ロケ、第6弾の今年はシンガポールです〜♪
当ブログも今回はカンタンなレビュー編でお送りします。

マーライオン公園にやってきた2人、ともにシンガポールは初めてということでテンション高めw
シンガポールでの今週のテーマは。。。

◎シンガポール料理をがっつり食べて食文化を学ぶ

シンガポールは中国・インド・マレーシアなど様々な国の人が住む多民族国家。ゆえに、色んな国の文化が融合し、独自の食文化を形成しているんだとか。

さっそく、男子ごはんの掛け声"マーライオンver."をきめて、番組スタート☆

まずは地元で人気の朝食を求めて、中心地・オーチャードの北東にある、中国風の外観のお店「ンー・アー・シオ(Ng Ah Sio)」。
注文したのは、シンガポーリアンの朝食として人気のローカルフード"Bak Kut Teh(バクテー)"。
見た目はスペアリブ入りのスープ?

心平:おいしそう。すげー、いい匂いだ。
太一:これはスープ飲むんですか?(ゴクリ)おいしい(^ 〜^)コショウ効いてますね。
心平:うまい。Good♪

こちらは、スペアリブからダシをとり、粒こしょうとニンニクで20分ほど煮込み、しょうゆと塩で味付けした料理です。

太一:普通の鍋だったらできないですか、この味っていうのは?
心平:すごくたくさん入れて、少ない水分でやればできますね。
太一:ほ〜〜。おいしい。これ、お肉も食べるんですよね? ちょっと衝撃、あまりのおいしさに。(スペアリブもパクリ)おいしい。パサパサしてなくて、ジューシーですよね。
心平:味が抜けきってないですよね。

さらに、付合せの唐辛子をのせて食べるのもおススメだとか。煮込んでいるニンニクもトロトロッ。
どんどん食が進みますが、ここで店員さんがスープとニンニクを追加してくれます。
なんと、このスープおかわり無料なんだとか(^^

さらに、揚げパンに似た"炸油条(Fried You Tiao)"を浸して食べてみても、

太一:うまい(*^ー゜)b
心平:おいしい。
太一:むちゃくちゃおいしい。コショウが効いてて。汗は出てくるんだけど、朝から元気が出てくる味ですよね。

朝から大満足そうな2人です(^^

(つづいて番組はトークタイム"シンガポールの絶景アクティビティ"へと続きますが、こちらは後日掲載ということで。。。)

つぎに、雑貨・民族衣装のショップやインド料理レストランが並ぶ"リトルインディア"に移動。
2人がやってきたのは、インド系のシンガポール料理店「Sakunthala's Food Palace (サクンタラス)」。
こちらのおススメは"フィッシュヘッドカレー"。カレーといっても、インドにはなくて、シンガポールではじまった料理なんだとか。

出てきたのは、魚の頭が丸ごと入ったカレー鍋w
さっそく頂いてみると。。。

太一:(カレーをゴクリ)うまい。うま〜い。
心平:おっ、おいしいわ。すごいおいしい。
太一:病みつきになる味ですよ。
心平:酸味があって、その酸味がいいですね。
太一:この魚に合うわ。なんか淡泊なんで、具としては最高ですね、相性。

使っている魚は、アンゴリ(レッドスナッパー)と呼ばれる鯛の一種。
その頭をしょうがなどと一緒にボイルし、10種類のスパイスを使った秘伝のカレーソースと合わせたら完成。酸味の素はレモンと、アフリカ原産の果物・タマリンド。

太一:米とめちゃくちゃ合いますよ。(中略)
心平:最高に合います。酸味が最高。
太一:見た目と全然違いますね、味はね。おいしかった。
心平:ホントおいしかった。

つづいては、オーチャードロードの東側、カトン地区にある中国系シンガポール料理のお店「FIVE STAR HAINANESE CHICKEN RICE(ファイブスター・ハイナンチキンライス)」へ。
こちらでは、もちろんシンガポール名物"チキンライス"を。スタンダードverと、ローストverがあるそうなので、1つづつ注文。さらに、おススメということで"チリクラブ"を。

チリクラブは、サンバルソースにチリソースと砂糖を加えて炒め、チキンスープを加え、ボイルしたワタリガニをひと煮立ち、仕上げに溶き卵を加えたら完成♪

太一:(チリクラブをパクリ)おいしい。甘辛いかんじですね。
心平:うん! 辛さもね、辛くない。

ここで相性抜群という、チリソースをつけて食べる揚げパンが登場。

太一:いい匂い。
心平:(パクリ)おいしい。
太一:これは子どもに人気あるなぁ。これ自体も甘くて、ソースと相性いい。
心平:揚げてるんですね。
太一:外側がサクッとしてる、揚げてるから。中はフワッとモチモチですね。

ここでチキンライスが登場。
鶏はしょうが・ニンニク・長ネギと一緒に45分ほど煮込みます。ご飯はこの鶏スープを使って炊くので相性は抜群。
さっそく頂ます。

心平:(パクリ)おいしいですね。
太一:うまい!おいしい。
心平:すごいジューシー。鶏自体もおいしい。
太一:ちょっと甘いんですね。(しょうがをつけてパクリ)
心平:うまい?
太一:めちゃくちゃうまい、しょうが。あっさり食べられるわ、これ。
心平:しょうがいい。

つづいては、ロースト・チキンライスを。

太一:ローストは珍しいですか?(パクリ)めちゃめちゃうまい。ごめんなさい、何度も言っちゃってごめんなさい。両方あり。
心平:超うまいです、これ。
太一:こっちの方が脂を感じるっていうのかな、鶏の。
心平:すごい香ばしいし、また上手に焼いてるんです、これ。
太一:ああ、北京ダックとはちょっと違いますね。

ローストの方は、まず醤油ダレで2時間ほど味付けしたあと、15分ほど揚げるんだとか。

太一:心平ちゃん、(全部)喰えちゃうね。(中略)またタイとは違うチキンライスだけど。。。
心平:全然違いますね。
太一:腹がもう破裂しそうになってきたw

チリソースでのいたずらなんかも織り交ぜながら、大満足で今週の番組終了となりました♪

2013年11月04日

#287トークタイム『タイ米報告&"俺たちのにんにく"作り』

◇テレビ東京・11月3日放送分

太一:心平ちゃん、今年の7月にタイ米を植えたの覚えてます?
心平:はい。

7月14日の放送で、ゲストのコウ・ケンテツさんとともに植えた男子ごはん米・第4弾のタイ米。
もう収穫の時期だったのですが。。。

太一:あれがねぇ、どうやら、失敗しちゃったんですよ。
心平:あら。簡単だって話だったのに。。。
太一:そうなんですよ。タイ米は簡単だって話だったんですけども。これ、なんですけどもね。
心平:あらま〜。(育ててたキットの方へ移動)稲穂がありませんね。
太一:ないんですよね。『穂っていう部分は出てこなかった。穂がなかった』そうなんだ、穂が食べられたわけじゃないんですよ、心平ちゃん。
心平:なるほど。

ここで、タイ米の成長過程を見てみることに。

[7月1日の写真]

太一:これ、植えてすぐですもんね。
心平:うん。
太一:大都会ですよ、場所はw
心平:おうおう。

[7月16日の写真]

太一:伸びてきてますねぇ。

[7月22日の写真]

太一:1ヵ月経ってない状態でここまで伸びるんですよ、もう。
心平:うん。

[7月30日の写真]

太一:順調ですね。
心平:そうですね。

[8月19日の写真]

太一:もう、あれか、色つきはじめちゃってるんですね。この状態でもう実になってないんですよ。
心平:うーん。
太一:ちょっと穂が出てきてもいいと思うんですけど。
心平:たしかに、なにもないですね。

[9月3日の写真]

太一:う〜ん。これ、順調じゃないんだな。この時点でもう。
心平:うん。
太一:多分。。。

[9月17日の写真]

太一:17日ぐらいで、虫がつきはじめてるんですって。
心平:なるほど。
太一:2ヵ月ぐらいで、もう、(収穫は)無理だってわかったらしいですね。。。
心平:なるほど。
太一:うーーん、なにがいけなかったんだろう?

[失敗と思われる理由]
1)タイとの気温や日照時間の違い
2)免疫力が低いため、管理が行き届かなかった

太一:日本米の方が免疫力があるということですか? 俺、タイ米の方が簡単だって思ってました。
心平:そんなかんじしますけどね。
太一:ねぇ、違うんだ? あの。。。これは失敗しましたけど、またちょっとね、新たな挑戦を、したいと思います。
心平:はい。
太一:"俺たちのにんにく"をね、作りたいな、と思います。
心平:やったことないですね。
太一:にんにくって乾燥させてる状態で売ってるじゃないですか?
心平:はい。
太一:栽培すれば、生のまんまにんにくを食べることができるんですよ。
心平:ああ〜。
太一:これってないんですね。
心平:なかなか手に入んないんですね。

ということで、"俺たちのにんにく"作りに挑戦♪

太一:えー、今日はですね、ホワイト六片、紫にんにく、ジャンボにんにくというのを植えていきましょうかね。
心平:はい。
太一:ジャンボにんにく、でかいですね。
心平:でかいですね。

1.にんにくの皮を薄皮までしっかり剥く

太一:え〜と、7cmくらいまで?(マニュアルを手に読む)間隔が7,8cm、(土の)中へ3〜5cm。

2.プランターの土に、7,8cm間隔に配置

心平:(ジャンボは)こうゆう感じですか? 横やばいのかな?
太一:あ、でも、こう(直線でなく交互に)していけば。。。
心平:なるほど。
太一:ちょっとは(間隔が)取れると思いますよ。全部植えたいですもんね?

3.芽を上に向けて、3〜5cmの深さに植え付ける

太一:尖った方を上に入れていってください。
心平:3cmぐらい?
太一:3cmぐらい。で、ちょっと優しく土被せて。心平ちゃん、どうする、家でやりたい?
心平:やりたいですね。
太一:これ、持ってってくださいよ。
心平:え? それはいいですわ。
太一:さっき言ってたじゃないですか?
心平:失敗するわけにはいかないじゃないですか。
太一:(笑) すごい、心平ちゃんだったらスーパーで買ってきそうですもんねw
心平:獲れたって言って?w
太一:言ってw

4.あとは水をあげて、成長を待つだけ。

太一:春になってくると、気温が上がってくるんで、そうすると花が咲くのかな。
心平:うん。
太一:で、その花も切っちゃう。
心平:なるほど。
太一:切ることによって、栄養がまた下にます、っていうこと。余計に栄養を上にあげない。
心平:なるほどね。
太一:また、にんにくの芽としても食べられます。
心平:なるほど、では、食べましょう。
太一:ね。

収穫は5月。今度は上手くいくでしょうか!?


『タイ米は簡単だって話だったんですけど・・・』

うん?
いやいや、タイ米、「強そうなイメージだけど日本の米より弱い」ってちゃんと放送で言ってたじゃないですかw

→その模様はこちら

ってか、結局、ケンテツさんはお呼びじゃない!?(笑)

にんにく栽培は興味ありますね〜。
にんにくは国産はけっこう高く、安いのは中国産ですからねぇ。。。簡単に自家栽培できるならいいかもw


↑ジャンボにんにくw

2013年11月03日

#287『チーズinトマト煮込みハンバーグ』

◇テレビ東京・男子ごはん11月3日放送のレシピ

■チーズinトマト煮込みハンバーグ(2人分)
 合挽き肉…400g、スライスチーズ(溶けるタイプ)…2枚
 玉ねぎ…1/4個、グリーンオリーブ…6個
 ホールトマト…1缶、塩…小さじ1/2
 オリーブ油…適量
(a)
 卵…1個、塩…小さじ1/2
 黒こしょう…適量、薄力粉…大さじ1
 ナツメグ…小さじ1/2

■ブロッコリーとマッシュルームのソテー
 ブロッコリー…1個、マッシュルーム…4個
 バター…5g、塩…適量
 黒こしょう…適量

[作り方]
●チーズinトマト煮込みハンバーグ
1.玉ねぎはみじん切りにする。グリーンオリーブは種を取り除いてみじん切りにする。ホールトマトを潰す。フライパンを熱してオリーブ油(大さじ1)をひき、玉ねぎ、オリーブを入れて中火で炒める。玉ねぎがしんなりしたらホールトマトを加えて混ぜ、フツフツしてきたら火を止める。

【Shimpei's Point】
トマトソースにオリーブを加えることで、コクと旨味が加わり美味しいソースに仕上がる

2.スライスチーズは半分に切ってから小さく折りたたむ。
3.ボウルに合挽き肉、(a)を入れてよく混ぜる。4等分に分けて真ん中に2を入れて包み、ハンバーグ型にまとめる。
4.別のフライパンにオリーブ油(大さじ1)をひき、3を並べて強火で両面に焼き目をつける。1を加えてフタをして弱めの中火で7分煮る。途中、ハンバーグを裏返したり、フライパンをゆすって焦げ付かないようにする。

【Shimpei's Point】
ハンバーグはしっかりと焼いてから煮込むことでコクのあるソースに仕上がる

5.塩を加えて味をととのえ、オリーブ油(大さじ1/2)を回しかける。

●ブロッコリーとマッシュルームのソテー
1.ブロッコリーは小房に切り分ける。塩(少々)を加えた熱湯で軸からサッと茹で、流水でザッと洗って粗熱を取り、しっかり水気を切る。マッシュルームは6等分に切る。
2.フライパンを熱してバターをひき、ブロッコリー、マッシュルームの順に入れて中火で炒める。マッシュルームが少ししんなりしたら、塩(小さじ1/4)、黒こしょうを加えて炒め合わせる。

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2