« 2013年07月 | 男子ごはんHOME | 2013年09月 »

2013年08月26日

#277トークタイム『野菜飴つくり』

◇テレビ東京・8月25日放送分

太一:さあ、今回のですね、裏トークは"野菜飴を作ってみよう"。ということで。。。
心平:野菜飴?
太一:聞いたことないですよね?

夏祭りの屋台などでおなじみの"りんご飴"、今回はそれを真似て、旬の野菜5種類(みょうが・きゅうり・プチトマト・ししとう・茹でた枝豆)で野菜飴作りに挑戦♪

太一:なにが、ちなみに合うと思います?
心平:この中でですか?
太一:トマトは合うでしょうね。
心平:ひと口でいけますからね。
太一:ええ。
心平:これ(枝豆)も案外、もしかしたら、一個づつ、こう(食べたら)。。。
太一:ああ。俺、じゃ、みょうがいきます。
心平:マジすか?
太一:みょうがときゅうり。。。ししとうが大好きってずっと言ってるじゃないですか、この番組で。なので、みょうがとししとういきます。
心平:じゃ、俺はトマトときゅうり。
太一:いきましょ、豆もいきましょ、全部いきましょw(このやり取り)なんの会話だったんだっていう(笑)
心平:(笑)

鍋に砂糖(400g)・水(100g)を入れてよく混ぜてから、火にかけます。強火で約10分煮詰めたら飴の完成。
全ての野菜を飴に絡めてゆきます。

太一:あ、これはおいしそう、トマト。(全部終えたら)数分冷ます。
心平:数分で冷めるの? (バットの)底触ってみて。
太一:(底を触り)熱い。これは、ホント危険だから気を付けた方がいいですね。
心平:(鍋の飴の方を指で触り舐めてみる)
太一:大丈夫ですか?
心平:熱っ(><)
太一:(笑)すごいディレイ(遅れ)ありましたねw

太一:いきますか?
心平:(プチトマト飴をパクリ。ガリッガリッ)(;¬_¬) 分離する、いきなり、飴とトマト。。。
太一:飴とトマトをいっぺんに食べた味?
心平:トマト飴にはならない。
太一:ならない。。。(みょうが飴をパクリ)・・・うわぁ・・・(>.<)

さらに。。。

太一:(ししとう飴をパクリ)辛ぇ..(>_<)
心平:(笑)
太一:辛っ、辛ぇー、よりによって、辛いししとうがあたってるやつだよ。
心平:(笑)
太一:(きゅうり飴をパクリ)
心平:いきますねぇ?w
太一:おぅ。
心平:えっ、意外に? メロンみたいな味?
太一:いままでの中では美味しい方。。。
心平:(パクリ)ああ。
太一:メロンにはならないですよね?
心平:程遠い。。。
太一:(笑)
心平:(枝豆飴をパクリ)あ、まぁ、枝豆はね、全然ありです。まともですね。塩飴食ってると思えば。
太一:(パクリ)あー、うん、これはいままでのものと比べれば、もう全然、美味しいと言ってもいいかもしれないw
心平:(苦笑)
太一:いままでのものと比べたらw

うーーん、今回はなんか企画倒れ?(笑)
"おいしくなさそう"という印象から、そのまま"あんまおいしくない"って結果じゃ。。。
とはいえ、果物じゃ意外性も何もないですしねぇ(;¬_¬)

2013年08月25日

#277『ミラノ風カツレツ丼』

◇テレビ東京・男子ごはん8月25日放送のレシピ

[材料]
■ミラノ風カツレツ丼(2人分)
 豚ロース肉…2枚(230g)、塩…小さじ2/3
 白こしょう…適量
(a)
 薄力粉…大さじ3、卵…1個

 パン粉…適量、オリーブ油…大さじ5~6
 パルメザンチーズ…適量、イタリアンパセリ(みじん切り)…適量

【トマトソース】
 トマト…小1個(200g)、オリーブ油…大さじ1
 塩…小さじ1/2

【ガーリックバターライス】
 温かいごはん…丼2杯分(400g)、にんにく…1/2片
 バター…10g、塩、黒こしょう…各適量

■アボカドと豆のマヨマスタードサラダ(2人分)
 好みの豆(蒸し煮又は水煮)…200g、アボカド…1個
 玉ねぎ…20g
(a)
 マヨネーズ…大さじ2、粒マスタード…小さじ2
 白ワインビネガー…小さじ1、塩…小さじ1/3

[作り方]
●ミラノ風カツレツ丼
1.トマトソースを作る。
トマトは5mm角に切ってボウルに入れ、オリーブ油、塩を加えて混ぜる。
2.ガーリックバターライスを作る。にんにくはみじん切りにする。フライパンを熱してバター、にんにくを入れて弱火で炒める。香りが出てきたらご飯を加えてほぐしながら炒める。ご飯にバターがなじんだら塩、こしょうで調味する。
3.豚ロース肉は塩、白こしょうで下味をする。麺棒や包丁でよく叩いて5mmくらいの厚さにのばす。バットに(a)をよく混ぜて、豚ロース肉にまんべんなくつけ、パン粉を押さえながらしっかりまぶす。
4.フライパンにオリーブ油を入れて熱し、3を入れて強めの中火で揚げ焼きする。全体がきつね色になったら油をきって取り出す。
5.器に2を盛って食べやすい大きさに切った4をのせる。パルメザンチーズをかけ、1をかけてイタリアンパセリを振る。

【Shimpei's Point】
カツが熱いうちにパルメザンチーズをかけることで、チーズが溶けて美味しく仕上がる

●アボカドと豆のマヨマスタードサラダ
1.玉ねぎは細かいみじん切りにして、水にさらす。豆は煮汁を切る。
アボカドは縦半分に切り込みを入れて半分に割り、種を取り除く。
2.実をスプーンですくってボウルに入れ、豆、(a)、水気をよく切った玉ねぎを加えてよく和える。

【Shimpei's Point】
アボカドはスプーンですくって実を取り出すことで、少し潰れやすくなり、豆との馴染みもよくなる

↑アボカドサラダを入れていた、星形模様のスープカップ。

2013年08月19日

#276トークタイム『夏休みの宿題に役立つ、自由研究!』

◇テレビ東京・8月18日放送分

太一:さあ、心平ちゃん、夏休みということで。。。
心平:はい。
太一:子どもたちはね、宿題だったり、自由研究ね、自由研究に関してはなにを作っていいか、まだ迷ってる子も多いと思うんでね、色々と紹介したいなと思います。
心平:はい。

ということで、恒例の、夏休みの宿題に役立つ、自由研究をご紹介♪
まずは。。。

太一:なんだ、これ? ペットボトルとうずらの卵(茹で卵)と、お水かな?あ、お湯だ。
心平:お湯?
太一:お湯ですよ。"たまご実験"!?『ペットボトルにお湯を入れて15秒ほど温める』
心平:温めましょうか?(軍手をはめて、お湯をペットボトルへ)
太一:(ペットボトルを抑えるが。。。)手、震えてます?
心平:(笑)(心平ちゃんの手元が揺れてお湯が太一くんの手にw)
太一:(すかさず手をひっこめ)危ないよ! あぶないって心平ちゃんw
心平:笑わすからw
太一:ほら、あぶないよ。
心平:(笑)
太一:俺が入れるよ、心平ちゃん。(やかんを受け取り。。。)
心平:(ペットボトルを抑えるも。。。)
太一:そっちも震えたら意味ないからね、心平ちゃん。
心平:(笑)
太一:心平ちゃん、もう抑えなくていいから。
心平:(お湯で15秒ほどペットボトルを温めたらお湯を捨て、ペットボトルの口の上にうずらの卵を乗せると。。。)
太一:こえぇ?、なに、これ?
心平:うん? なにか起きるんですか?
太一:なにか起きるんじゃないですか? うわ???!
心平:おおー。(うずらの卵がペットボトル内に吸い込まれる)
太一:入ったぁw
心平:すごいね。
太一:まだ間に合うかなぁ?(もう一個卵を口の上へ)なんで入るの? あっ、入ってる。途中で止まるパターンかも?
心平:うっ??っんってw
太一:うわ?、うわ?、いや?ぁ(無事吸い込まれる)スッキリしたぁw
心平:(笑)

これは、冷えると縮む空気の性質を利用して、卵が引っ張られ落ちる、という実験。
さらに、鍋を使って、卵の入ったペットボトルを温めると。。。

太一:あ?!(ペットボトルから卵が出てくる)出てくるっていうこと? ちょっともう一回、もう一回、心平ちゃん。
心平:(心平ちゃんがペットボトルを鍋の上にかざし、太一くんが卵を受け取る用の皿をセット)
太一:いいの、このかんじ?w (ペットボトルの)ここに体付けたくなるね、人間の。
心平:(温めていくと。。。)
太一:あー、出る。(卵が出てくる。2個目も)あーー、出た。
心平:(笑)
太一:面白?い。これは小学生、大爆笑だと思う。だから、ここに、ニワトリのね。。。
心平:ああ。
太一:絵を貼ったりして、温めたりしたら、卵が産まれる、という。。。
心平:なるほど。
太一:ねぇ? 小学生はやってもらいたいですね。

つづいては。。。

太一:(風船が出てくる)あ、俺もう嫌い。風船が苦手なんですよ。
心平:なんですか?
太一:なんでか、わかんないけど、風船ダメなんですよ。
心平:(キュゥ?。風船を鳴らす心平ちゃん)
太一:w やめてw
心平:(BANGと弾け)('◇')
太一:う?っ!?
心平:(笑)ちょっと。。。おかしいでしょ、今の、弱過ぎでしょ、そいつ?
太一:(笑)
心平:(さらに3個風船を渡されるも。。。)なんか付いてるぅ? なんかあるだろ、これ!?
スタッフ:ちょっと(匂いを)嗅いでみてください。
心平:やだよ。(おそるおそる)ちょー怖ぇ。(嗅いで)ああ、なんだ、オレンジ? オレンジフレーバー。(BANG)わぅおう??。
太一:(一人離れてた太一くんは爆笑)
心平:これ、時限爆弾かよ。オレンジの、オイル? を掛けると(ゴムが)溶けるっていうこと?

大正解♪
風船にオレンジなど柑橘系の皮の汁と油を混ぜた液を塗ると「リモネン」という成分が酸の力でゴムを徐々に溶かし、時間差で割れるという実験。

太一:やー、自由研究ってホントに面白いですね。
心平:ホントですね。
太一:すごい、いい声出してましたね?
心平:ありがとうございます。
太一:わぅおう?っていうのがすごいよかったです。ね、まだ(自由研究)作ってない方は参考にしてもらいたいですね。
心平:ホントですね。

こうゆうのって難しいですよね。。。
今回のは、そのまま"自由研究"の宿題にするってレベルじゃない気がしますが、そのレベルのをやっちゃうと、同じことをする人が続出して問題になりそうですしw
まぁ、いまはネット検索すればネタは色々見つけられるんでしょうけど(^^
少なくとも、日記の天気を調べるのは超楽そうだなw(昔は、新聞を漁って調べたもんです。。。)

2013年08月18日

#276『白いごはんが進むおかず 第5弾』

◇テレビ東京・男子ごはん8月18日放送のレシピ

[材料]
■心平流ピリ辛しょうが焼き(2人分)
 豚ロース肉(生姜焼き用)…6枚(約250g)
(a)
 おろししょうが…1片分、おろしにんにく…1片分
 しょうゆ…大さじ2、みりん…大さじ1
 酒…大さじ1、豆板醤…小さじ1
 ごま油…小さじ1

 サラダ油…適量、キャベツの千切り…適量
 マヨネーズ…適量

■からし醤油のもやし炒め(2人分)
 豚挽き肉…100g、もやし…1袋
 にんにく…1片、サラダ油…大さじ1/2
 酒…大さじ1/2、塩…小さじ1/3
(a)
 しょうゆ…大さじ1/2、和からし…小さじ1/2

■モロヘイヤと海苔のスープ(2人分)
 モロヘイヤ…1束、焼き海苔…1枚
 長ねぎ…3~4㎝、ダシ…600cc
(a)
 酒…大さじ1、薄口しょうゆ…小さじ1
 塩…小さじ1/2

[作り方]
●心平流ピリ辛しょうが焼き
1.バットに(a)を加えて混ぜ合わせる。
2.フライパンを熱してサラダ油をひき、豚肉を1のタレにサッと絡めて、並べて強火で焼く。焼き目が付いたら取り出す。

【Shimpei's Point】
豚肉はタレに長く漬けないことで、肉が固くならず、また焦げにくくなる

3.フライパンをザッと洗って、残りも同様に焼く。器に2を盛ってキャベツとマヨネーズを添える。

【Shimpei's Point】
(何回かに分けて焼く際)フライパンを洗ってから次の豚肉を焼くことで、焦げた風味がつくのを防ぐ

●からし醤油のもやし炒め
1.もやしは根を取り除く。にんにくは横薄切りにする。(a)を混ぜる。
2.フライパンを熱してサラダ油をひき、にんにくを炒めて香りが出てきたら、挽き肉を加えてほぐしながら炒める。肉の色が変わったらもやしを加えて炒め、もやしが少ししんなりしたら酒、塩を加えて炒め合わせる。
3.器に盛って熱いうちに(a)を回しかける。

【Shimpei's Point】
もやしを炒めたあとにからし醤油をかけることで、辛子の辛味と風味が残る

●モロヘイヤと海苔のスープ
1.モロヘイヤはみじん切りにする。焼き海苔はちぎる。長ねぎは小口切りにする。
2.ダシを温め、(a)を加える。モロヘイヤを加えてひと煮する。モロヘイヤの色が変わって火が通ったら、海苔を加える。器によそって長ねぎをちらす。


↑使ってたお茶碗はこれぽいですが、どうだろう?

2013年08月12日

#275トークタイム『懐かしの10円ゲーム"新幹線ゲームII"』

◇テレビ東京・8月11日放送分

太一:さあ、今回はですね、懐かしの昭和シリーズ 10円ゲームです。何回か10円ゲームやってるんですけども。。。
心平:はい。
太一:ホント久しぶりなんです。

「男子ごはん」ではおなじみの、懐かしのアーケードゲーム紹介(#143 カーレース#152 山登り)。久しぶりの今回は!?

太一:見てみましょう。(赤い布をオープン)うわー、懐かしい。
心平:あ、(昔)やったかなぁ!?
太一:これ、やりましたよ、(10円が)落ちちゃいけないんでしょ、これ?

sinkan_gameII.jpg
【新幹線ゲームII(10円ゲーム)】
東京駅からスタートし、途中にある穴に入らないように、当たりのある博多駅まで、10円玉を運んでいくゲーム

まずは太一くんから挑戦。

太一:俺いいですか、先?(10円を投入)ここ強くいっちゃうとダメなんでしょうね。(バシッ。レバーではじいて10円玉は次のレバーへ)
心平:なるほど?。
太一:(このあと)どこが危ないんだ? ここが危ないのか。(バシッ)
心平:うまい。
太一:(バシッ)おお、うまっ。
心平:うまい。
太一:(バシッ。いよいよ最終関門に到着)

早くも1回目で成功か!?

太一:(バシッ。が、10円玉はハズレの方へ)ああ?orz うわ、悔しい、悔しい、これ。。。
心平:行っちゃったかと思ったw(10円投入。バシッ。次のレバーを構える)
太一:(次のレバー)それじゃないよw
心平:ああw(バシッ)
太一:いいよ、いいよ?。
心平:(レバーをいじりながら)ここがMAXなんだ。。。(バシッ。が、10円は穴に落下)
一同:(笑)
太一:なんの確認だったの、じゃあ?(笑)
心平:…
太一:よーし、いくぞぉ。(10円投入。バシッ。バシッ。無残にも穴に落下)
心平:うほぉ?い(笑)(10円投入。バシッ。レバーに手を掛ける)
太一:だから、そこじゃないってw
心平:ああw(バシッ。バシッ)
太一:危ない?。
心平:よし、よし。(バシッ。最後の難関に到着)
太一:キタ、キタ?。これ、けっこう難しいよ。
心平:(じっくり検討して、バシッ。見事当たりに入る)\(^_^)/
太一:おお、すげぇ。すげー、出てきましたよ、なんか?
心平:みんな期待してなかったでしょ、いま?
太一:期待してなかった、正直w

景品は10円分の駄菓子w コーラガムをチョイス。

太一:これ、食いながらやりたいですw これ食いながら(包装をむいてパクリ)ああ、懐かしい。燃える(^^
心平:(パクリ)
太一:よかった、半ズボンでw
心平:(笑)
太一:(三度10円投入。バシィ、バシィ、バシィ。最後の難関に到着)どのぐらい(の強さ)でやってました?
心平:う?ん、6割ぐらい。
太一:ここがMAXでしょ、ここら辺ですか?
心平:うん。
太一:いきますよ。(バシィ。見事当たりに入る)イエーイ♪
心平:イエーイw
太一:すげぇ、心平ちゃん、すげぇ。
心平:イエーイ。
太一:やったね☆

こうゆうのって性格出ますよね?。
太一くんはノリでイケイケ、人の意見を聞いて成功させる要領の良さも。
心平ちゃんは慎重派。失敗を嫌うのはプライドの高さか、コンプレックスの裏返しか?
イジられキャラは、じつは心外なのかもしれないなぁw

#275『夏の、豚とアサリのWスープチゲ』

◇テレビ東京・男子ごはん8月11日放送のレシピ

■豚とアサリのWスープチゲ(4人分)
 豚バラしゃぶしゃぶ用肉…300g、アサリ(砂抜き済)…200g
 しいたけ…6個、しめじ…1/2袋
 玉ねぎ…1/2個、ニラ…1束
 三つ葉…1/2束、豆腐(絹)…1/2丁
 キムチ…200g、にんにく…1片
 水…1リットル、ごま油…大さじ1
 酒…1/4カップ、塩、黒こしょう…各少々
 ラー油…適量
【a】
 赤みそ…大さじ2、コチュジャン…大さじ2
 豆板醤…小さじ1

■ガーリックチャーハン(4人分)
 豚バラかたまり肉…100g、青ねぎ…7~8本
 にんにく…3片、ごはん…1合分
 サラダ油…大さじ1.5、塩…適量
 白こしょう…適量

[作り方]
●豚とアサリのWスープチゲ
1.アサリは殻をこすり合わせながらよく洗って水気を切る。鍋に水とアサリを入れてフタをして中火にかける。
2.豚肉は大きければ一口大に切って、塩、黒こしょうで下味をつける。フライパンを熱してごま油をひき、豚肉を入れて強火で炒める。色が変わったら鍋に加える。酒も加えてフタをして強めの中火で10分煮る。

【Shimpei's Point】
豚肉とアサリからしっかりとダシを出すことで、チゲ全体の旨味が増し、美味しく仕上がる

3.しいたけは軸を切り落として4等分に切る。しめじは石突を切り落として小房に分ける。玉ねぎは縦薄切りにする。ニラと三つ葉は3cm長さに切る。にんにくは横薄切りにする。
4.鍋に【a】、キムチ、玉ねぎを加えてひと煮する。さらにしいたけ、しめじ、豆腐をスプーンで一口大にすくって加える。
5.豆腐が熱々になったらニラ、にんにくを加える。仕上げに三つ葉を加えてラー油を回しかける。

●ガーリックチャーハン
1.豚肉は1cm角に切って塩、白こしょう(各適量)で下味をつける。青ねぎは小口切りにする。にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンを熱してサラダ油をひき、豚肉を入れて強火で炒める。豚肉に少し焼き目が付いたらにんにくを加えて炒める。にんにくの香りがしてきたらごはんを加えて木べらでほぐしながらよく炒める。

【Shimpei's Point】
豚肉をカリカリに炒めることで、食感がよくなり、豚の甘味とジューシーさが加わって美味しく仕上がる

3.ご飯がほぐれて油が回ったら、塩(小さじ1/2)、白こしょうを加えて炒め合わせる。全体に塩がなじんだら青ねぎを加えてザッと混ぜる。


↑珍しくはるみブランドじゃない、ぽい!?

2013年08月05日

#274トークタイム『沖縄限定の変った飲み物』

◇テレビ東京・8月4日放送分

太一:さあ、今日はですね、沖縄料理ということで、裏トークは沖縄の変った飲み物を紹介したいと思います。
心平:はい。
太一:変った飲み物。。。
心平:ホント嫌ですねw
太一:(笑)できれば楽しみたいですからね。

ということで、沖縄限定の知られざる飲み物をご紹介♪
まずは一品目。

太一:元気の子? 牛乳じゃないですか?
心平:(パッケージを見て)清涼飲料水ですよ。
太一:ホントだ、元気になりましょうよ。

genkinoko.jpg
【元気の子】
宮古島のみで販売されている商品。創業依頼42年変わらない味で島民に愛されている

太一:あ、溶けたアイスの匂いしないですか?
心平:ああ。匂いのする消しゴムの。。。
太一:あ?あ、それもすっごいわかる。(ゴクリ)あ?、いい。子ども、うれしい味だわ。元気の子っていう味ではないですよね?
心平:うん、そうですねw
太一:うわ、でも美味しいな。
心平:好きですか?
太一:こどもの頃だったら、大好きだと思います。まぁ、パッケージ、思い切りましたけどねw いいですよ、これ。
心平:すごいですねw

つづいて、二品目。

太一:(出てきたペットボトルを手にして)ピンクドラゴン、沖縄限定ですよ、多分。
心平:ドラゴンフルーツですね。
太一:あー、なるほど、甘酸っぱくて優しい味って書いてありますね。


【ピンクドラゴン】
ドラゴンフルーツの果肉を絞った甘酸っぱいジュース。観光客向けに開発されたが、地元にも浸透している

太一:(匂いを嗅いで)うーん、爽やかな。。。(ゴクリ)あ、おいしい。これ、沖縄で飲んだら、もう。。。
心平:うん、うまいですね。
太一:これ、700円くらいとれないですか?w
心平:(笑)こうゆう(トロピカルグラス)のに(入れて)。
太一:ねぇ? この辺(グラス縁)にそれっぽいフルーツ(刺して)。。。これ、もうおいしいわ。
心平:おいしい。

最後の品。

太一:ほら、色が。。色がもう。。。飲む極上ライスって書いてありますよ? ミキ!?
心平:(笑)
太一:これも宮古ですねぇ。色んなのがあるんですねぇ。(と返却する)
心平:(笑)
太一:(やっぱり)やる?w (缶を振って)なんかトロトロしてるんですよ。
心平:(もう1本出てきて)なんで2本持ってくんの?w
太一:なんでこんな缶の色にしたんだろうね?
心平:もしかして、同じ色なんじゃないですか、中身が。
太一:うわ、可能性ありますね。
心平:(コップに注ぎ)ほら(笑)
太一:正解じゃないですかw うわ、トロトロしてる。米だ、米。


【ミキ】
沖縄では古くから愛されている庶民派ドリンク。すり潰した米や麦を発酵させて作った飲み物。

心平:(ゴクリ)(><)
太一:おわぁ。。。これは、orz
心平:あれですよ、あれ、わらび餅。
太一:わらび餅。。。餡子の味ですね。
心平:液体わらび餅w 好きな人は好きでしょうね。
太一:好きです、絶対好きです、これは。いや?、キタなこれは。。。
心平:太一さん、"元気の子"を。。。
太一:(元気の子をゴクリ)うん、僕、元気な子!
心平:(笑)

最後のミキはかなり微妙そうでしたね?w
わらび餅味のドリンクなんてたしかにやだなぁ。
まぁ、沖縄は独特な文化圏ですからね?、いろいろ変わったものはありそうですね(^^

2013年08月04日

#274『心平流沖縄料理』

◇テレビ東京・男子ごはん8月4日放送のレシピ

■万願寺唐辛子とゴーヤのチャンプルー 目玉焼きのっけ(2人分)
 ゴーヤ…1本(250g)、万願寺唐辛子…2~3本(60g)
 豚バラ薄切り肉…200g、かつお節…ひとつかみ
 卵…1個、サラダ油…適量
 酒…大さじ1、塩…適量
 白こしょう…適量

■ゴロゴロ肉の心平流ジューシー(2人分)
 豚バラかたまり肉…200g、たけのこ(水煮)…100g
 しょうが…1片、温かいごはん…2合分
【a】
 しょうゆ…大さじ4、みりん…大さじ3
 砂糖…大さじ1

 サラダ油…大さじ1/2、塩…適量
 白こしょう…適量、青ねぎ(小口切り)…適量

[作り方]
●万願寺唐辛子とゴーヤのチャンプルー 目玉焼きのっけ
1.ゴーヤはへたを切り落として縦半分に切り、スプーンで種とわたを取り除く。3mm厚さの半月切りにする。万願寺唐辛子はへたを切り落として5㎜厚さの斜め切りにする。豚肉は一口大に切って塩、白こしょうで下味をつける。
2.フライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、豚肉を入れて強火で炒める。少し焼き目が付いたらゴーヤを加えて炒める。ゴーヤが少し透き通ってきたら万願寺唐辛子を加えて炒める。しんなりしたら酒、塩(小さじ1/2)を加えて調味する。かつお節を加えてザッと混ぜる。

【Shimpei's Point】
豚肉→ゴーヤ→万願寺唐辛子の順に炒めることで、各食材の食感が残り、美味しく仕上がる

3.フライパンを熱してサラダ油(小さじ1)をひき、卵を割り入れて目玉焼きを作る。
4.器に盛って上に目玉焼きをのせ、崩して混ぜながら食べる。

●ゴロゴロ肉の心平流ジューシー
1.たけのこは粗みじん切りにする。しょうがはみじん切りにする。豚肉は1.5cm角に切って塩、白こしょうを振って下味をつける。

【Shimpei's Point】
豚肉を大きめにきることで、ジューシーさとしっかりした食感が生まれる

2.フライパンを熱してサラダ油をひき、豚肉を入れて強火で炒める。豚肉に焼き目が付いたら、たけのこを加えて炒める。油が回ったら(a)を加えて混ぜながら汁気が無くなるまで煮詰める。
3.ご飯に2、しょうがを加えてしゃもじで切るようにサックリと混ぜる。お茶碗に盛って青ねぎを振る。


↑ジューシー器に使っていた麦とろ鉢。

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2