« #405『冬の和定食2016』 | 男子ごはんHOME | #406『男のロマンシリーズ「レバー」』 »

#405トークタイム『俺たちの白味噌~完成編』

◇テレビ東京・2月28日放送分

太一:さあ、今日の裏トークですが、ついにですね、“俺たちの白味噌”が完成したということで、さっそく見ていきたいと思うんですけども。。。
心平:(頷く)

およそ1ヶ月前に作った“俺たちの白味噌”が完成。はたして出来映えは?

心平:見た目はね。。。
太一:見た目、こんなかんじですか、白味噌って?
心平:もう少し細かくなりそうな気がしますね。。。
太一:残ってますよね、米・・・
心平:麹がね。
太一:うん。匂いも嗅いでみます? うん、うぅん?
心平:お、酒臭ぇ。
太一:お酒の匂いですか、これ?
心平:アルコールですね。ってか、この方向いったらヤバくない?
太一:えっ、どうして?
心平:だって、アルコール発生してるってことだよ。
太一:これ、最終的に日本酒になる可能性があるということですか?
スタッフ:(笑)
太一:でも、スプーンが来てるんで…
心平:食べる?
太一:だって、今日白味噌って…
心平:使う。
太一:作んなきゃいけないでしょ?
心平:うん。
太一:いきましょうよ。
心平:ああ、酒粕の匂いするもん。
太一:(ひと舐め)ああ、ちょうどさ、味噌にいこうか、お酒にいこうか、迷ってる味だよね。
心平:そうだね。

ちなみに、これまで淡色味噌:60点、赤味噌:80点の高評価を頂いてきましたが。。。
今回は、みそソムリエ認定協会 飯田重次郎会長に評価を依頼しました。
はたして、その評価は。。。

今回、番組で作れられた白甘味噌を試食させていただきました。
刺激のある異臭がきつく、
原料がそのまま残った状態で、甘味も感じられませんでした。

太一:いいスタート切りましたね、この手紙もね。
心平:(笑)

本来、甘味噌を一般家庭で作るのは大変難しく、辛味噌などとは違い、一定温度(約50度)で仕込み、その仕込み温度を維持しながら、一定期間熟成させなくてはなりません。
しかし、スタッフの方に作り方を聞いたところ、低い温度で仕込み、約20度の部屋で保存していたとのことでした。
そのため米麹の酵素が働かず異常発酵してしまい、味噌にならなかったと考えられます。
よって、この白甘味噌の点数は。。。0点です。

スタッフ:(笑)
心平:初のww 初の0点だね。
太一:初の0点ということで。今回どうします?
心平:いや、もう市販のヤツ使いますよ。
太一:(笑)
心平:だって美味しくないもの飲ましたくないもん。
太一:そうですね。
心平:うん。
太一:じゃ、市販のやつで。
心平:はい。
太一:作りましょうか。
心平:はい。

こうして、“俺たちの白味噌作り”は失敗で終了となりました。

え~、なんか、そもそもスタッフのリサーチ不足じゃないですか、失敗の原因は(笑)
まぁ、発酵系は作り方うんぬんよりも、温度管理が一番の肝なんでしょうけどねw
そういえば、味噌って山型に盛ってる画をよく見かけますが↓

これは作るときは関係ないのかな?

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2