« #540『昭和洋食屋シリーズ4「カリカリチキンソテーのトマトソース」』 | 男子ごはんHOME

#541『塩パーコー麺&ピリ辛モヤシ』

◇男子ごはん10月21日放送のレシピ

■塩パーコー麺(2人分)
 豚肩ロース肉(2.5㎝厚)…2枚(250g/枚)
a)
 しょうがの搾り汁…小さじ1、紹興酒、ごま油、しょうゆ…各大さじ1/2
 砂糖…小さじ1

 塩…小さじ1、白こしょう…適量
 玉ねぎ…小1/4個(50g)、にんにく…1片
 ラード…大さじ3、中華麺…2玉
 フルーツトマト…2個、水菜…1株
 長ねぎ…5㎝、片栗粉、サラダ油、ごま油…各適量

《スープ》
 かつお出汁…1200㏄、鶏がらスープの素(ペースト)、酒…各大さじ1
 塩…小さじ2/3

■ピリ辛モヤシ(2人分)
 モヤシ…1袋、塩…少々
a)
 ごま油、豆板醤…各小さじ2、オイスターソース…小さじ1

【作り方】
●塩パーコー麺
1.豚肉は筋切りをして両面をミートハンマーで叩き塩、白こしょうを振る。a)をからめて30分くらいおく。
2.スープを作る。鍋にかつお出汁を入れて火にかけ沸いてきたら鶏がらスープの素、酒、塩を加えてひと煮する。
3.香味油を作る。玉ねぎは縦薄切りにし、にんにくは横薄切りにしてフライパンに入れラードを加えて中火にかける。ラードが溶けてきたらたまに混ぜながらきつね色になるまでじっくりと揚げ焼きにする。油を切って取り出す。油は残しておく。
4.フルーツトマトは湯むきをし、半分に切る。水菜は3㎝長さに切り、長ねぎは粗みじん切りにする。
5.1の豚肉に片栗粉をまぶす。フライパンにサラダ油とごま油を2:1で入れて熱し中温の油でたまに返しながら5~6分揚げる。少しきつね色になってきたら取り出す。食べやすく切る。

【Shimpei's Point】
サラダ油とごま油を混ぜて揚げることで、ごま油の香りで豚肉が美味しく揚がる

6.麺は袋の表示時間通りに茹で、水気をしっかり切る。
7.どんぶりに3の香味油(大さじ1)ずつ入れ、2のスープを注ぐ。中華麺を入れ、5、4をのせる。3の玉ねぎとにんにくものせる。

●ピリ辛モヤシ
1.モヤシは塩を加えた熱湯で半透明になるくらいまで茹でて流水で冷やし、水気をしっかり絞る。

【Shimpei's Point】
・モヤシは食感が勝負なので、茹で過ぎないように注意する
・モヤシは流水で冷やし水分を絞ることで、調味料を和えたときに水分が出るのを防ぐ

2.ボウルにa)を混ぜ、1を加えて和える。


パーコー麺、黒い丼ぶりの方が似合う気がしたんですが。。。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

Category

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2