« #453『男のロマンシリーズ18「ハム」』 | 男子ごはんHOME | 過去のゲスト登場歴を調べてみた »

#453トークタイム『男のロマングッズ18』

◇テレビ東京・2月5日放送分

太一:さあ、今回の裏トークはですね、男のロマングッズを紹介していきたいと思います。
心平:(うなずく)

ということで、今回も恒例、男心をくすぐる、男のロマングッズ(第18弾)3品ををご紹介♪
まずは一品目。

太一:うわ、もういいね。
心平:あー。
太一:潜水艦? だよね?
心平:うん。

【サブマリーナカメラ】
潜水艦には小型カメラが搭載。撮影後はパソコンなどで動画や静止画を見ることができる

さっそく用意した水槽内でデモ操作♪

心平:いま、なに? 潜航?
太一:うん。前に進まないな。あ、進んだ。これ、ムズい。あ、行った、行った。
心平:(操作を代わって)これ、難しいッスね。
太一:この中、入れる? この土管の中。
心平:(必死に操作するもなかなかうまくいかない)
太一:イライラするな。
心平:(ようやく中へ)
太一:入った、入った。

このときの映像を見て、

太一:うわー、すごい。これ、いいと思う。だってさ、お魚飼ってる人だったら、水槽に入れて、魚目線で自分の飼ってるお魚見れるわけでしょ?

というわけで、お魚目線で太一くんを撮ってみると。。。

太一:あ、ここぶつかるやつじゃない?(映像内の太一くんが)『ちわ~』
心平:(笑)
太一:(どアップで)怖いねw
心平:怖いですねw
太一:うーん、楽しめるよ。コントローラーの難しさはあるかもしれないけど、映像みたら。。。
心平:そうですね。
太一:かなり楽しめますよね。
心平:ていうか、なにかあの、そうね、ロマンがあるね。

二品目。

太一:わかった。電車じゃない? 電車のレバーじゃない、こうやって?
心平:あ、(レバーをひねるふりをして)これ? すげー早いね。なんでわかんの、すごいね。
太一:だけど、これ何?


【ブレーキハンドル型ペットボトルオープナー】
レバー操作と開栓した音で、電車の運転士気分が味わえる

さっそく試してみましょう。

太一:『3番線より電車が発車いたします、出発』(レバーを回す。プシュー)
スタッフ:(笑)
心平:う、ん、、、
太一:w いや、あの、ちょっと向きをちゃんと考えた方がいいよ。そっからだね、そっからだと思う。
心平:『みなとみらい中華街行き、発車します』(レバーを回す。プスッ)
スタッフ:(笑)
太一:プス、シュー。。。
心平:昔のね、目黒線とかね。。。
太一:(笑)昔の目黒線はそんな音だったの?
心平:そんなかんじかな。
太一:プス、シュー?
心平:そうそう、静かにね。。。

最後の品。

太一:あ、いいね。たまらんぞ、こりゃ。
心平:何を撃つんですかね?
太一:わかった、マシュマロだ。
心平:あー。
太一:書いてある。


【マシュマロシューター】
弾の代りにマシュマロを充填。空気圧を利用してマシュマロを飛ばすことができる。
(↑色はピンクでなくカモフラ色)

心平:どのくらい飛ぶか。
太一:そうか、キャッチすればいいんだ、キャッチすれば。(距離を取りつつ、口を開けて)アッてやってよ。どのくらい飛ぶか、わかんないけどね。いくよ。(発射。パシュッ)
心平:(頭上をはるか飛び越すマシュマロを見送る)
太一:あ、すげぇ。
心平:見失ったよ、完全に。
太一:(気持ちが)引くくらい飛ぶよ。
心平:(笑)(今度は心平ちゃんが試射。パシュッ)ほら、ここまで飛ぶんだよ。
太一:わかった、あのくらいになればフワーンってなるから(口でキャッチして)食べれるんだよ。
心平:そうそう、食べれる。
太一:ちょっと(太一くんがスタジオ奥にまで移動して構える)
心平:(発射。パシュッ)行った!
太一:(口からちょっとずれたところに当たり、マシュマロは下に落ちる)
心平:あー、惜しい。もう一回いける。(空気圧をかける)弾によるよね。(発射。パシュッ)
太一:(横にずれたので、手でキャッチしてパクリ)
心平:(発射。パシュッ)
太一:(頭上を大きくオーバー)
心平:これ、勢いよく。。。
太一:うわー、スゲー飛ぶ。
心平:(次)いきますよ。
太一:うん。
心平:(発射。パシュッ)
太一:(顔を直撃)(笑) でも、頭でキャッチしたよw

“サブマリーナカメラ”、ドローンみたいにリアルタイムで映像が見れるなら、いろいろ使い道ありそうなんだけどなぁw
“マシュマロシューター”は、日本だと「食べ物で遊ぶな」と言われそうなアメリカン・トイ。でも、アメリカじゃ、アレ持って外で遊んでたら、本物の銃と間違えられて危険では!?(笑)

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2