« #446『根菜と豚バラ肉の和風ポトフ』 | 男子ごはんHOME | #447『アップルパイと鶏肉の白ワインハーブ煮』 »

#446トークタイム『オリジナルカレンダー2017撮影会』

◇テレビ東京・12月11日放送分

太一:さあ、毎年恒例のですね、カレンダー作りの季節がやってまいりました。
心平:(うなずく)
太一:来年が酉年ということで、色んな鳥とその鳥にちなんだ衣裳が用意されるそうです。あのー、今日も気合入れて、やっていきましょうかね。
心平:本気でやりたいと思います。
太一:はい。

ということで、毎年恒例のオリジナル・カレンダー作り2017♪

【1・2月】
背景:富士山/かまくら
太一:ナス
心平:鷹

太一:出るよー。(この格好)なんで?
心平:あっ、あの、縁起物なんだよ。
太一:(笑) 自分がどんな格好してるか、わかってる? いま普通に「縁起物なんだよ」って言ってるけど、いま自分がどんな格好してるか、わかってる?w
心平:わかってる、わかってるw
太一:これは?
心平:鷹だね。
太一:そっか、なるほど、一富士、二鷹、三茄子だ。そういうことかー。
心平:そう、そう。
太一:「縁起物なんだよ」。
心平:(笑)
太一:よーし、撮りますか。

写真をパチリ。

太一:新しい動物だねw
心平:うん。
太一:よし、じゃあ、いきましょう、次ね。


【3・4月】
背景:ひな人形/桜
太一:鶴
心平:亀

太一:『鶴は千年、亀は万年』って、鶴合わせで(心平ちゃんは)亀やらされてるんだ。4月関係ないってことだ?
心平:うぅん、なるほどね、うーん。。。
太一:バーターだw
心平:そうゆうことだよねw
太一:中途半端だよね?
心平:(笑)なんだろ?(背中の甲羅を見せる)
太一:そこまではいいんだけど、ここ(頭部)がちょっと、ここもなんか付けたくなると思うんだけど。そこは努力して亀のモノマネぽくするしかないね。
心平:(顔マネをはじめる。。。)
太一:(太一くんもポーズをとり。。。)

写真をパチリ。

太一:いいね、次いきましょう。


【5・6月】
背景:鯉のぼり/あじさい
太一:桃太郎
心平:キジ

太一:ワハハハ、お似合いですよ。ほぼ見えないけど、心平ちゃんか誰かわかんないけれども。
心平:・・・
太一:よし、じゃ、これで撮りますか。
心平:(桃太郎に)従うかんじになった方がいいのかな?
太一:そうだね。
心平:(土下座風のポーズをとる)
太一:ww顔見えないしw

写真をパチリ。

太一:すべったわ。
スタッフ:(笑)


【7・8月】
背景:ひまわり/ビーチ
太一:ダチョウ
心平:ダチョウ倶楽部

太一:行くよ。
心平:はい。
スタッフ:(出てきた2人を見て)(笑)
太一:なんで?
心平:ヤー!
太一:俺がダチョウだから。。。
心平:まぁ、そういうことなんでしょうね、たしかにね。
太一:ちょっと上島さんに似てるね。
心平:(笑)
2人:(ポーズをとる)
カメラマン:心平先生、カメラ目線で。

写真をパチリ。

心平:こうゆう状況で、心平先生とか言われるとw


【9・10月】
背景:枯葉/お月見
太一:魔法使い
心平:フクロウ

太一:あれ、上島さん、まだやってんの?
心平:(笑) 俺、なに、これ?
太一:『ハリーポッターとフクロウ』
心平:あ、フクロウね。(太一くん)似てる。
太一:えっ、似てるの?
心平:主人公にちょっと似てるよね?
太一:ホント? 42(歳)だよ、だって。
心平:(笑)

写真をパチリ。

太一:大分飽きてきたぞw


【11・12月】
背景:ボジョレーヌーボー/クリスマスケーキ
太一:七面鳥
心平:クリスマスツリー

太一:クオリティがさぁ(出てくる)
スタッフ:(笑)
心平:なに、それ?
太一:わかんない。なに、これ、クオリティの低さ。
心平:なに、それ?w
太一:『七面鳥』? 気持ち悪いね、この七面鳥。

写真をパチリ。

心平:さぁ、終わりましたね。
太一:終わりましたね。
心平:あの、年々凝ってきて、この先どうなるか、もう分かりませんね、さっぱり。
太一:多分、ロケする可能性あるね。
心平:ロケ?w
スタッフ:(爆笑)

完成版は来年公開です♪

さて、正月の新春特番、今回は元旦が日曜なので、2日の16時~放送されるようですね。
ゲストは、いつもの岡村さん、佐々木蔵之介さん、上野樹里さんです。


↑(楽天の)カレンダーランキング、トップはイッテQなのかぁ~。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2