« #444『カツオのなまり節チャーハン&エビ餃子』 | 男子ごはんHOME | #445『トマトパッツア&ペペロンチーノ』 »

#444トークタイム『便利キッチン・グッズ』

◇テレビ東京・11月27日放送分

太一:さあ、今回の裏トークは、便利キッチン・グッズです。なにに使うグッズなのか、想像しながらね、みていきたいと思います。
心平:(うなずきながら)はい。

ということで、今回は料理がはかどる、便利キッチン・グッズをご紹介♪
まずは一品目。

太一:えー? 変った形のものが。。。重いね。
心平:重い?
太一:あ、そうでもないか? 柔らかい。シリコン! もうわかっちゃった、俺。
心平:分かったの?
太一:うん、分かった。
心平:すごいね。さっぱり分からない。
太一:これ、こうやって並べてね、熱いやつ、鍋とか。。。
心平:あ、鍋敷き?
太一:(鍋をシリコンの上へ)こうなったりするんじゃないの?
心平:なるほどね。
太一:どんな形であれ、いいんじゃない? どうでしょうか?

ピンポーン、正解!!

太一:(笑)ディレクターさんががっかりしてしまう、という。。。


【タンブルトリベット】
タンブル=転がる、トリベット=鍋敷き。
撒菱(まきびし)をモチーフにした、サイズを選ばず自由に使えるシリコン製の鍋敷き

心平:投げ転がしてもいいわけだよね、これ?
太一:おっ?
心平:熱々(の鍋)を持ってきたとするじゃん。
太一:『ちょっと早く、熱っ熱っ』
心平:(バラっと撒く)
太一:どこに置いたらいいんだ?
心平:(笑)
太一:(3点の上に置く)なるほど、なるほど、いいスね。
心平:こうゆうかんじで使えるってことだよね。

二品目。

太一:うん?なんかこれもシリコン製ですよ。熱に強いものだね、これもね。
心平:わかった。
太一:早い。
心平:薄焼き玉子をおいとくやつ。(ブー、不正解)わかった、ライスペーパー敷くやつ。(ブー、不正解)
太一:うわ、全部外れてるぅw 熱とか逃がしてない、これ?
心平:わかった。あれ、落とし蓋。(ピン、△)
太一:あっ、わかった、灰汁取り。

ピンポーン、正解!!

太一:(笑)
心平:いや、いや、いま落とし蓋のくだりで、灰汁取りもセットでしょ。
太一:いやいや、それはちゃんと言わなきゃダメ。
心平:言わなきゃダメなんだ。。。


【あく取り落とし蓋】
鍋に入れるだけで灰汁がとれるグッズ。全体の穴・裏側の突起が灰汁をキャッチ

実際に試してみることに。

太一:(具材の入った鍋に)水を入れて、その上にこのあく取りを。。。
心平:ブツブツが下なんだね。
太一:ブツブツが下です。で、火をつける。

待つこと5分。。。

太一:うわっ、出てきた。うおー、灰汁出てきた、見てても楽しいな。(箸であく取りをつまみ)これで、、、ひっくり返す?
心平:え?
太一:あ、こっちも(灰汁を)キャッチできてるってことだ。
心平:ああ、なるほどね。
太一:これ、いいね。

最後の品。

心平:もう。。。
太一:もうさ、形がだって。。。アレのかたちだもんね。
心平:そうだよねぇ。
太一:ああ、わかった、冷蔵庫入れるときじゃないの、残ったヤツを?
心平:ああ。マジで勘がいいね。そこにはめ込むんだろうけど、なんだろうなぁ?って。たしかに保存だね。
太一:ここでベルトして。。。じゃ、ないんですか?
心平:すごいわ。

ピンポーン、正解!!

太一:すみません、ちょっと当てちゃう癖があるみたいです、どうやらw

avosaver.jpg
【Avo Saver(アボセイバー)】
アボカドのカット面を空気に触れさせることなく保存。変色を防げる。

心平:(アボカドに包丁を入れてカットしようとする)
太一:アボカドを丸々一個使うことって、そうか、なかなかないか。
心平:(なんか上手く切れない様子)
太一:どうしたの?
心平:(小声で)こんなことある? カッツリ切れるんだけど。。。(ようやくカットに成功)これ(種のある方)を(セイバーにセット)
太一:すごいね、このグッズ。おお、いや、感動しますけどね、これ。
心平:ホントですか。けっこういいかも。
太一:いいね。
心平:全部使わないもんね、なかなかね。

アボカドの種って、大きさはほとんど同じらしいですね。
それゆえ、有効な形なんでしょうね、Avo Saver(^^
でも、日本にはまだ入ってきてない品らしいですよ。スーパーでは普通にアボカド売ってるんだし、輸入したら売れそうですけどね~。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2