« #440トークタイム『広蔵市場でおつまみ探し』 | 男子ごはんHOME | #441トークタイム『コンナムルクッパを食す』 »

#441『カルビチム&チャプチェ』in 韓国

◇男子ごはん11月6日放送のレシピ

◎韓国の家庭料理を学ぶ編

■カルビチム(牛カルビの蒸し煮)(3~4人分)

《具材》
 チム用牛カルビ…1kg、大根…400g
 にんじん…200g、玉ねぎ…1個
 しいたけ…4枚、むき栗…5個
 ナツメ…5個、ブロッコリー(下茹でしたもの)…100g
 銀杏(下茹でしたもの)…10個

《カルビスープ》
 水…2L、しょうが…200g
 にんにく…5片、長ねぎ…1本
 赤唐辛子(乾燥)…2本、黒こしょう(ホール)…大さじ1/2
 玉ねぎの皮…1個分、焼酎…大さじ5

《調味料》
 カルビスープ(肉茹で汁)…2カップ

(a)
 梨のしぼり汁…1/2カップ、しょうがのしぼり汁…小さじ1/2
 おろしにんにく…大さじ2、しょうゆ…大さじ6
 みずあめ…大さじ1、ごま油…大さじ1
 砂糖…大さじ2、酒…大さじ3

■チャプチェ(春雨の炒め物)(2人分)

《春雨下ごしらえ》
 春雨…200g、グレープシードオイル…大さじ2
 しょうゆ…大さじ3、砂糖…大さじ1/2

《牛肉下ごしらえ》
 牛肉(細切り)…100g、しょうゆ…大さじ1
 砂糖…大さじ1/2、おろしにんにく…大さじ1/2
 白すりごま…小さじ1、黒こしょう…少々
 ごま油…小さじ1

《しいたけ下ごしらえ》
 しいたけ…4枚、しょうゆ…大さじ1/2
 砂糖…小さじ1、ごま油…少々

《ほうれん草下ごしらえ》
 ほうれん草(茹でたもの)…100g、薄口しょうゆ…小さじ1/2  
 おろしにんにく…小さじ1/2、ごま油…小さじ1/2
 塩、白いりごま…各少々、青ねぎ(小口切り)…適量

《玉ねぎ下ごしらえ》
 玉ねぎ…200g、グレープシードオイル…小さじ1/2
 塩、黒こしょう…各少々

《にんじん下ごしらえ》
 にんじん…100g、グレープシードオイル…小さじ1/2
 塩、黒こしょう…各少々

《赤パプリカ下ごしらえ》
 赤パプリカ…1個、グレープシードオイル…小さじ1/2
 塩、黒こしょう…各少々、きくらげ(水で戻したもの)…10g
 ごま油、白いりごま…適量

【作り方】
●カルビチム
1.カルビは冷水の中に2~3時間漬け血抜きをする。(流水か、数回水を変える)

【Omoni's Point】
水を流しながら2~3時間浸けて汚れを取り、血抜きをすることでおいしく仕上がる

2.カルビスープを作る。
沸騰したお湯(分量外:5カップ)を沸かし、しょうが、にんにく、5cm幅に切った長ねぎ、赤唐辛子、黒こしょう、玉ねぎの皮、焼酎を加える。そこに、牛カルビを加えて10分茹でる。茹でた水は捨て、牛カルビは流水で洗う。
3.鍋に水(2L)と2の牛カルビと香味野菜を再度加えて、強火で煮込む。沸騰したら火加減を中火にして、蓋をしてからカルビが柔らかくなるまで50分ほど煮込む。
4.大根は2cm厚さのいちょう切りにし、面取りをしておく。にんじんは大きめのひと口サイズに切り面取りをしておく。玉ねぎは縦半分に切り、それぞれ4等分、しいたけは軸を除き、十字に4等分、むき栗とナツメは洗っておく。
5.別の鍋に3のカルビスープ(肉茹で汁:2カップ)、(a)を入れて混ぜ、3のカルビ、4の大根とにんじんを加え、強火にかける。沸騰したら蓋をして中火で15分ほど煮込み、玉ねぎ、しいたけ、むき栗、ナツメを加えさらに10分ほど煮込む。
6.ブロッコリー、銀杏を加えてさっと煮絡め、器に盛る。

●チャプチェ
1.春雨の下ごしらえをする。鍋に水(1L:分量外)を沸騰させグレープシードオイル(大さじ1)を入れる。春雨を入れ2分ほど茹で火を止める。余熱で8分放置したら取り出し、砂糖、しょうゆで和える。
2.牛肉、しいたけ、ほうれん草はそれぞれボウルに入れ、下味をつけてよく揉み込んでおく。
3.玉ねぎ縦薄切りに、にんじんは長さ4~5cmの細切りに、しいたけは軸を除き細切りにする。きくらげは食べやすい大きさに切る。赤パプリカは厚みを半分に切り、細切りにする。熱したフライパンにグレープシードオイルを引き、玉ねぎを入れて塩、黒こしょうを加えて炒めて取り出しておく。同様に、にんじん、赤パプリカをそれぞれ塩・黒こしょうで炒めて取り出しておく。

【Omoni's Point】
色の薄い具材から順番に、個別に炒めることで、別々の食感や味付けに仕上げられる

4.2の牛肉、しいたけの順に炒め、きくらげを加えて炒めながら水分を飛ばす。
5.フライパンにグレープシードオイル(大さじ1)を熱し、1を水気がなくなるまで炒め、3・4を混ぜ合わせ、最後にほうれん草を加えて混ぜる。仕上げにごま油、白いりごまを和える。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2