« #440男子ごはん in 韓国~前編 | 男子ごはんHOME | #441『カルビチム&チャプチェ』in 韓国 »

#440トークタイム『広蔵市場でおつまみ探し』

◇テレビ東京・10月30日放送分

2人がやってきたのは、100年以上の歴史を誇り、多くの屋台が集まる“広蔵市場”(ソウル特別市鍾路区礼智洞6-1)。

太一:ここで、まぁ、ちょっとお酒に合うおつまみを2品。。。
心平:OK!
太一:2品探そうと。で、その中でナンバー1を決めましょう。
心平:はい。

ということで、海外ロケ恒例のお酒に合う絶品おつまみ探し♪
さっそく二手に分かれ、おつまみ探し開始。
が、太一くんはすぐ後ろのお店へ。

太一:アニョハセヨ。これはなんですか?
店員:豆チヂミ。
太一:豆チヂミ? いま、美味しいおつまみを探してるんですけども。。。
店員:オイシイ、オイシイ。
太一:よし、ここにしよう。
スタッフ:(笑)
太一:だって、おいしいっていうからね。

一方、心平ちゃんもなにやら見つけた様子。

心平:味見? 辛い? 絶対? こっちの人の辛くないは信用できないからなぁ。(パクリ)おっ、うまいな、これ。おー? いきなり超有力候補、これw

はたして、2人の選んだおつまみは?

太一:まずは、乾杯からいきますかね。
2人:カンパーイ♪(ゴクリ)
太一:さあ、このお酒に合うおつまみ。じゃあね、まずはこれいきたいと思います。ここはね、心平ちゃん、見てないと思うんだけどね、そこのお店。
心平:(笑)
太一:いや、たまたまおいしそうなものがあっただけなの。これ、チヂミなの。
心平:へー。
太一:玉ねぎのソースで食べるの。
心平:へー。うまそう、うまそう。

pindetok.jpg
【ピンデトッ(緑豆のチヂミ)】 1枚4,000ウォン(約360円)
緑豆を臼で挽き、長ネギ・もやし・古漬けにしたキムチと混ぜて揚げ焼きにした一品。
玉ねぎが入った酢醤油で頂きます。

太一:お先です(パクリ)うまっ。これ、うまっ。
心平:いきなり劣勢だよ、これ。
太一:このね、タレよ。酸味があって、おいしいね。
心平:うまい。
太一:なんだろ、玉ねぎの食感かな?
心平:もやしがね、いっぱい入ってるんですよ。
太一:あ、もやしか。これはおいしい。
心平:うまいわ。

一方、心平ちゃんの一品目は。。。

心平:僕のはね、おつまみ、ホントにおつまみ。
太一:えっ、なに?
心平:ソフトシェルのね、辛いのを和えたヤツ。
太一:どこで買ったの?
心平:そこ。
太一:近っ!
心平:(笑)

kokeponk.jpg
【カニの炒め物】500g 5,000ウォン(約450円)
炒めたカニを水あめ・にんにく・にんじん・唐辛子・ごまと絡めた、韓国では定番のおつまみ。

太一:いただきます(パクリ)あー、佃煮ぽいのかな。
心平:マッコリに合うね。
太一:うん(ゴクリ)うん、甘辛いかんじと(後ろを通りすがりの現地の人が覗きこむ)、なんかマッコリと合うね。いま(後ろに)誰かいたね?
スタッフ:(笑)
心平:誰かいた?
太一:誰かいたねw

つづいて、太一くんの二品目。

太一:(袋から取り出す)
心平:あー、タコの踊り喰いだ。
太一:そう。(パックの中でタコ足がまだクネクネと動いてる)うわー。
心平:俺、正直ね、苦手っていう。。。

namadako.jpg
【生テナガダコ】 1匹15,000ウォン(約1,360円)
生テナガダコをぶつ切りにし、ごま油とごまを絡めたおつまみ

心平:いやー、けっこう苦手なんだよな、口の中で暴れるじゃん、これ。
太一:いただきます(パクリ)あーーっ。(タコの吸盤が唇に吸い付く)
心平:(パクリ)(><)
太一:(タコが)お元気で。。。
心平:ね。
太一:でも、コリコリして美味しいけどな。
心平:おいしいんだけどさ、ちょっと油断するとさ、口を閉じ。。動かすの止めると動いてるでしょ。
太一:(笑)

心平ちゃんの二品目。

心平:あのね、マンドゥ好きでしょ?
太一:おお、おぅ。マンドゥあったの?
心平:マンドゥ自体は沢山あったんですけど、焼きマンドゥはここしかなかったの。(パックをオープン)
太一:へーー、うまそう。
心平:うまそうでしょ。

yakimando.jpg
【揚げ餃子】7個5,000ウォン(約450円)
豚ひき肉・ニラ・長ねぎを餃子の皮で包み、一度茹でてから揚げ焼きにしたもの

太一:いただきます(パクリ)うまい。
心平:うまいでしょ。
太一:焼き餃子と水餃子の間くらいのね、香ばしさもありながら。これもおいしいよ。うわー(選ぶの)むずかしい。でも、総合して、この市場の屋台はおいしいね。
心平:おいしい。
太一:さあ、いきましょう。せーの。。。
心平:(2人とも緑豆のチヂミを指す)
太一:(笑)
心平:負けたねw
太一:やりましたよ。どうですか、おつまみとしてのヒントとかありましたか?
心平:ありますね。うん、これ(緑豆のチヂミ)、家庭で簡単にできるようにしたいですね。
太一:ああ、ホットプレートでもできそうですもんね。
心平:全然できると思いますね。
太一:じゃ、これ覚えていてもらって、いつか作ってください。
心平:わかりました。

太一:…いつか作ってください。

あれ、いつもだと帰国一発目に海外ロケを踏まえたレシピをやるんですが。。。
来週の家庭料理レシピで枠が埋まっちゃうのか?
まぁ、太一くんの発言ですからね、適当に言ってそうww

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2