« #436『こだわり丼シリーズ「ローストポーク丼」』 | 男子ごはんHOME | #437『五目うま煮麺』 »

#436トークタイム『マグロにこだわったおつまみ』

◇テレビ東京・10月2日放送分

太一:さあ、今日はですね、こだわり丼ということで、マグロにこだわった変わりダネおつまみをちょっと紹介したいなと思いますけど。
心平:マグロ?

ということで、今回はマグロにこだわったおつまみをご紹介♪
一品目。

太一:わー、うまそう。
心平:味噌?
太一:そんなに香りが強いわけでもないですね。
心平:そうですね。
太一:(パクリ)うん!うん?
心平:あっ、あれだ。
太一:なんか、こてっちゃんみたいじゃないですか?
心平:心臓?

tunahormon.jpg
【本まぐろの甘辛ホルモン】
マグロの中でも希少部位の胃袋を使用。地元の漁師が食べていたものを商品化

太一:(お酒は)なにが合う?
心平:焼酎。
太一: これは焼酎だねー。
心平:かんぱーい。
太一: (チン。ゴクリ)合う。合いますね。
心平:うめぇ。
太一: レモンサワー。
心平:(ゴクリ)あ、うめぇ。
太一: (笑)
心平:いや、うまいね、これ。
太一: (笑)
心平:作ったヤツがうまい。今日は褒めたい、これ。
太一:焼酎の感想じゃないですか。
スタッフ:(爆笑)
太一:(ほしいのは)マグロの感想ですよ。
心平:ほら、この(マグロの)こってりした味付けに、レモンのね、爽やかさがブワッとこう。。。
太一:わかる。
心平:いや、最高ですね、これ。
太一:いいよ、これ。
心平:正直、テンション上がらなかったんですけど、一気に上がりましたね。
太一:お酒飲んでテンションあげるって、もうベテラン芸人さん。。。
心平:(笑)

二品目。

太一:あ、うまそう。
心平:もう。。
太一:もううまそう。新幹線で食べたい。
心平:マヨネーズほしい。
太一:マヨネーズ出す?
心平:出そうか。
2人:その前に・・・(声が被って)ゴニョゴニョ。
太一:(笑いながら心平ちゃんを制止して)立ち飲み居酒屋じゃないんだから、これTVだから。
心平:(笑)
太一:『マヨネーズ出す?』じゃないよね。まず味見しようって話だよねw こわいなーw
心平:(笑)
太一:(齧りながら)うまい。


【鮪ジャーキー】
石垣島のマグロを燻製にした商品。ミネラル豊富な石垣島の塩で味付けされたおつまみ。

炙って食べるのがおススメ、ということで。。。

太一:うわー、見て。(マヨネーズ・七味・醤油を配合)
心平:最高!(ジャーキーを嗅いで)あ、焼いた方がやっぱり香りが出るね。
太一:燻製にしてるからね。(パクリ)(゚~゚)なんだ、これ。なんだよ、最高に旨くないですか?シャンパンいっちゃうもん。(ゴクリ)いや、意外と合う。
心平:全然合うでしょう。ね?
太一:っていうか、なんでもよくなってきた。
スタッフ:(笑)
心平:白(ワイン)も合うんじゃない?
太一:(ゴクリ)合う。
心平:合う、合う。
太一:じゃ、赤(ワイン)もいいんじゃない?
心平:赤はどうかな?w
太一:(ゴクリ)うまっ。
心平:(笑)
太一:赤はおいしい。
心平:酒の評価?w
太一:合う、とかじゃない。おいしい。

最後の品。

心平:うわー。
太一:うわ、え? もう刺身じゃないの?
心平:ハムみたいだと思う。
太一:ハム!?(匂いをかぐ)ああ、でもね、香りはね、ハムっぽい。ベーコン?
心平:燻製入ってますね。


【まぐろの生ハム】
天然キハダマグロを特製調味液で漬け込み、燻製にしたおつまみ。

カルパッチョにしていただきます。

太一:いただきます。(パクリ)うまっ。おいしい。
心平:おいしいね。
太一:香りもいい。(お酒は)どれ?
心平:どっちかじゃないかな?
太一:ね。シャンパンでしょ。(ゴクリ)うはーー。なんて、素敵な仕事なんでしょ。
スタッフ:(笑)
心平:ヌフ(笑)
太一:なんスか、いまの、『ヌフッ』ってw
心平:ホント、完全にもうどうでもいいや、って瞬間、一瞬よぎりましたよw
太一:(笑)

心平ちゃん、お酒好きですよね~。
私、お酒弱いんですが、先日、酒の弱い人向けに"酔いの不快感を軽減する"という新薬(サプリ?)を試す機会がありまして、試してみてビックリしました(^^
(薬を飲んだ上で)お酒呑んだら、気分的にはテンション上がって、身体的には活力が湧き出てくるかんじになったんですよね♪
普段なら、テンションが上がるのと同時に、ボーとしてくるというか、気だるくなって、さらに呑むと気持ち悪くなるor眠くなる、というのが自分的常識なので。。。
『ああ、こんなに違うんだ。これならお酒強い人が、もれなく"呑み"好きなのも納得できるなぁ』と思った次第です。ね、心平ちゃん?(笑)

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2