« #357『男のロマン第12弾 ベーコン』 | 男子ごはんHOME | #358『春の和定食 2015』 »

#357トークタイム『俺たちのベーコンつくり2』

◇テレビ東京・3月22日放送分

前回、下ごしらえをして冷蔵庫に寝かせた豚肉を、10時間塩抜きし、冷蔵庫で丸一日乾燥させておきました。
ここからは、いよいよ仕上げの燻製作業。

太一:こちらですね、前回も使ったことがある、燻製キットなんですけども。

心平:うん。
太一:こちらでやってゆきたいな、と思いまーす。
心平:なるほど。
太一:(説明書を読み)『肉を半分に切ります』
心平:横でいいんですかね?
太一:横で、いいですね、はい。

1.豚バラ肉を2等分にする

心平:(真ん中で切って)はい。
太一:で、今度は『(箱の)外側から針金を刺し、端を貫通させる』
心平:そっか、ここ(箱)に刺しながら、こう(内側で)やらなければいけないね。
太一:そっか、そっか。
心平:こっちで(肉に針金を刺す)。
太一:え、何で刺すの?
心平:そうだよね。(刺すのをやめて、肉を箱の内側に)
太一:あうん? いま、まさにその話したじゃなかった?
スタッフ:(爆笑)

2.豚バラ肉に串を刺し吊るす

心平:(箱→肉→箱と貫通させる)
太一:もう一個。いや?、燻製日和ですね。
心平:w
太一:で、ガスバーナーで火をつける、と。

3.スモークウッドに火をつける

太一:(バーナーで炙る)これはサクラチップかな?
心平:これは違いますね、ヒッコリー?
太一:ヒッコリー!? ヒッコリーの方がいいんですかね?


【ヒッコリー】
クルミ科の広葉樹。ナッツのような香りが特徴。肉や魚、チーズなど燻製全般に合う

心平:サクラとかだと、ちょっと独特な匂いがね。。。
太一:あ、そうなんだ。大体ヒッコリーなんだ?
心平:ヒッコリーが一番ベーシックな匂いなんじゃないですか、ただ燻したかんじの。
太一:あっ、いい匂いしてきたね。
心平:いい匂いですね。
太一:いやー、男のロマンだね。
心平:ホントですね。
太一:燻製を作るなんてね。

4.火のついたスモークウッドをセットしフタを閉める

太一:(ウッドを箱の中へ)
心平:入りましたか?
太一:入りました。
心平:では、閉めます。
太一:はい。これで3時間。
心平:はい。
太一:とりあえず一回家帰ります。
スタッフ:(笑)

ベーコンを燻すこと3時間。その出来栄えは?

太一:さあ、ベーコンが仕上がったみたいなんで、見ていきましょうか。
心平:はい。
太一:おお、いい香りしますよ。よいしょ。(箱の上部をオープン)ほー。
心平:ほー。
太一:(ベーコンを取り出す)おぅ、おいしそう。ただ、北京ダックぽさもあるね。
心平:うん。
太一:こうゆう色なんだよね。
心平:相当燻ってますね。おお、旨そうですね。
太一:旨そう。味見しませんか?
心平:(包丁を入れる)
太一:もっとなんか、赤くなるのかなって思ったけど。(切ったを見て)ああ、いい。いいね?。
心平:ちょっと焼きます?
太一:これをまた焼くんだ?
心平:うん、焼いた方がいい。
太一:そうか、そうか。

油をひかずサッとソテーしたベーコンのお味は?

心平:(パクリ)うん、うまい。
太一:うま?い! 風味も足されてるし、やっぱ塩気もしっかり入ってますね。
心平:うん。
太一:歯応えの中にも弾力っていうの?
心平:うん。
太一:それも感じますね。
心平:感じる。
太一:このベーコンで、男のロマンシリーズね、
心平:やってきますか。
太一:やってきましょうか。
心平:もっとも、男らしいですね、今までの中でも。。。

この日、ちょうど"男子ごはん"がはじまる前に、裏の、岡村さんの"旅猿"を観たんですが、東野さんとのキャンプで、ベーコンの燻製を作ってたんですよね?。
内容、被りまくりじゃないですかww
そんなことだから、年一レギュラーに格下げされちゃうんですよw
ってか、マジで新春SPみたいに時間がずれた時じゃないと岡村さん出演できないのでは!?

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2