« #352『海鮮のりチゲ』 | 男子ごはんHOME | #353男子ごはん in 台湾~前編 »

#352トークタイム『新感覚おつまみ&合うお酒』

◇テレビ東京・2月15日放送分

太一:さあ、今回のですね、裏トークは、新感覚おつまみをご紹介したいと思います。
心平:はい。
太一:これね、ちょっと(カメラを)引いてもらったらわかるように、お酒がこれだけ並んでるんですね。
スタッフ:(笑)
心平:酒ロードですねw

各々グラスに、ビール・赤ワイン・白ワイン・シャンパン・焼酎・日本酒・熱燗が2人分並んでいます。

太一:こんな料理番組、あります?
心平:ないですね。

ということで、なんのお酒に合うか、探しながら新感覚おつまみ3品をご紹介♪

まずは一品目。

太一:(お皿で出てくる)これは、全部国内のやつなんですか? あっ、そうなんだ。
心平:これは、分かっちゃったかな。
太一:ちょっと食べてみましょうよ、僕はわからないから。(1枚摘まんで匂いを嗅ぐ)あ、いい匂い(パクリ)うまーい!
心平:うまい。
太一:なんだ、これ? 風味は魚介の風味ですか、これ?
心平:(1枚を顔にかざして穴を覗きこむ)
太一:(それを見て)あっ、わかった、ちくわ?
心平:うん。

pe_chikuwa.jpg
【ぺったんこちくわ(奈良県)】
自家製のちくわを特別な製法でぺったんこにしたもの。ノンオイルでサクサクの食感に仕上げている

太一:これ(酒は)なんすか?
心平:焼酎かな?
太一:(焼酎のグラスを取って)かんぱーい(チン。ゴクリ)
心平:うん。
太一:これ、うまいっ。
スタッフ:(笑)
心平:うまいな。
太一:これ、うまいね、やっぱね。
心平:サラッとね、焼酎だと。
太一:ね?
心平:一回サラってくれますかね?
太一:・・・。すごいね、お酒の力でいくね、どんどん進んでくねw
心平:(笑)

二品目。

太一:えー? カツオじゃないの?
心平:ねぇ?
太一:かつお節じゃないの? あ、柔らかい。ジャーキー?
心平:(匂いを嗅ぐ)あっ。
太一:いい匂い♪ 燻されてるね、燻製ぽい。
心平:うん。
太一:(パクリ)うまっ。なに、これ、おいしい。


【そのまま食べるかつおスライス(鹿児島県)】
かつお節生産量全国一位 枕崎産のかつおを使用。半生の食感で食べられるおつまみ。

心平:うまいッスね。
太一:うまい。ん?(マヨと七味があり)どうゆうこと?
心平:置いてあった。
太一:これに合わせるんだ、絶対。(マヨ七味を付けて)いただきます。(パクリ)(^ ?^)
心平:うめぇ。
太一:これ、日本酒だよね?(ゴクリ)うわ、おいしいね、浴衣着たいね。
心平:うん。
太一:浴衣着たい味だよ。
心平:熱燗もいっときますか?
太一:(笑)
心平:(徳利からおちょこに注いで。ゴクリ)あー♪
太一:あー♪(笑)サイコー。こんなの放送していいの?
心平:(笑)

最後の品。

太一:順番がいいスね。最後にバコーンてくるような。。。
心平:うん。
太一:なんかフライにしてない?
心平:フライですね。(摘まんで)柔らかい。
太一:(匂いを嗅ぐ)あっ、嗅いだことあるよ。(パクリ)
心平:うん?
太一:甘い? すり身?
心平:すり身ですね。
太一:辛い?
心平:あ、辛い。
太一:辛いね。
心平:ちょっと辛い。
太一:辛いの来たね。
心平:うん。


【赤てん(島根県)】
魚のすり身に唐辛子を練り込んで揚げたもの。地元では60年以上前からスーパーで売られている

太一:(お酒は)なんですか、これは?
心平:(ゴソゴソやってる)
太一:あっ、なんですか、その安定感?
心平:(マヨ七味に付けてるw)
太一:(マネしてパクリ)(^ ?^)ウメーな。これ、ビール?
心平:ビールですけど、案外シャンパンとかいいかな。
太一:じゃ、シャンパンいこ?
心平:かんぱーい(チン。ゴクリ)あ、いいんじゃない?
太一:全然食ってねーじゃん。
スタッフ:(笑)
太一:シャンパン飲んだだけじゃん。それ、シャンパンの味じゃない、『いいんじゃない?』って言ったの。
心平:(慌てて食べてゴクリ)(笑)

なんか最近、トークタイムは酒飲み会になりつつありませんか?(笑)

今回、個人的に一番興味があるのは"かつおスライス"かな。
なんで、いままでなかったんだろう?ってかんじの商品ですよねw

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2