« #334『秋のおつまみSP』 | 男子ごはんHOME | #335『白いごはんが進む! 中華定食』 »

#334トークタイム『最新オフィスランチ・グッズ』

◇テレビ東京・10月5日放送分

太一:さあ、今回の裏トークはですね、サラリーマンの方などうれしい、最新オフィス・ランチ・グッズを3品ご紹介したいな、と思います。
心平:はい。

ということで、オフィスでちょっと楽しいランチ・グッズをご紹介♪
一品目。

太一:ランチグッズなの、これ?
心平:ああ!?
太一:え、もうわかった?
心平:わかった。
太一:(心平ちゃんがいじってるとこを見て)うん? エスプレッソ?
心平:うん。
太一:えっ、エスプレッソマシーン?
心平:ですね。


【ハンドプレッソ ハイブリッドタイプ】
電源不要でどこでも本格的なエスプレッソが楽しめるマシン。通常のコーヒー粉でも使用可能。

ということで、これを使ってエスプレッソを作ってみることに。
1.圧力計の針が緑色の部分を指すまでポンプする

心平:(ポンプする)すぐ行った♪
太一:行きました?
心平:うん、すぐ行く。

2.ドーム部分にお湯(50cc)を注ぐ
3.カフェポッドをセットしフタを閉める
4.(マシンを)逆さまにしてボタンを押す

太一:そうすると、出来るんですって。
心平:いっていいですか?
太一:はい、お願いします。
心平:いきまーす。(押すと、口からエスプレッソが抽出される)
太一:おっ。ちょっとこぼしちゃったじゃないですか?
心平:だって、そんな拡散するって思わないもん!
太一:(泡にかわって)おおぉ、なに、なに?
心平:すげ、すげ、すげー。
太一:これ、凄くないですか?
心平:凄い。
太一:(匂いを嗅いで)いい香りですよ。
心平:ホントだ。
太一:(ゴクリ)おいしい。おいし?い。簡単だ。これは、でもオフィスに置いておきたいかもしれない。
心平:うん。
太一:自分のデスクのさ、引き出しに入れておいていいんでしょ。
心平:うん。

二品目。

太一:あ、これは電源が必要だ。うん? すごくないですか、これ。ご飯のマークありますよ。パンも焼けるよ。お湯も沸かせる。


【HOTデシュラン2】
炊く、煮る、焼くなど6つの機能を備えたお弁当箱。お米と水を入れればおよそ40分でごはんが炊ける

太一:(ケースを開ける)おお。これはうれしいぞ。
心平:あ、炊き立てのご飯の匂いするよ。
太一:どこだ、炊き立ての。。。
心平:一番下じゃない?
太一:あー、出た。お米。これは温かいご飯食べられるのはうれしいなぁ。
心平:あ、これ(細かいケース)におかずを入れて。。。
太一:うわ、おかず入ってるよ。
心平:すげー。
太一:すごくないですか、これ。今、こんななってんのお弁当箱ってw おっ、凄いですよ。『炊いたあと、付属のフライパンで焼肉もできる』んですって。
心平:フライパン、どこにあるの?
太一:(弁当を並べて)でもさ、オフィスにこんなやついたら、腹立ってしょうがないよね。
心平:ちょっとむかつきますね、これねw
太一:うん。12時になってさ、「よし、お昼だ」ってみんなお弁当出したりして、一人だけ、こう、生肉出してくるんですよ。
心平:(笑)
太一:(焼きながら)焼肉だよ、すごいよね。(肉をひっくり返し)おお、ちっとこれ、テンション上がるなw
心平:うん。すごい世の中になりましたね。
太一:凄いよね。ほら、出来ちゃったよ。(焼きあがった肉をパクリ)夢のようなお弁当だね。こんな温かいお肉、食べれないよ。
心平:うん。

最後の品。

太一:なんだっけ? ランチ・オフィスグッズだよね?(首に掛けて)ここ開いて立ち食いできる、とかじゃないの?
心平:そこまでしか開かないんじゃない?
太一:あれ、ここまでしか開かない。えー、なんだ、これ?


【バゲットバッグ】
フランスパンを入れるためのバッグ。オフィスで使えば注目の的になること間違いなし。

太一:(スタッフに)オフィス、全然関係ないよね?
心平:(笑)
太一:『ピクニックやハイキングにピッタリの商品』って書いてあるじゃん。なんなの、そのオフィスに寄せたかんじ?

とはいえ、試してみると。。。

太一:(バッグにバゲットを入れ)えー、オフィスで?(肩に掛ける)11:45に装着、12時とともに、シャキーンってこっちから(パンを)出して、こう(バクバクって)いく?
心平:(笑)
太一:オフィスで?
一同:(笑)

たしかに、バゲットバッグをオフィス・グッズって無理ありますねw

HOTデシュラン2も重さ1.6kg(←中身詰めたらもっと重くなる)あるみたいなので、車通勤ならともかく、電車通勤では辛そう(><)
本体(加熱機器部分)とお釜、付属フライパンはオフィスに置きっぱ、おかずケースだけ持ち運びするなら、なんとかなりそう!?
お米もペットボトルなんかに詰めて保管か?w
あと怖いのは、仕事の忙しさに米の炊き忘れですが、そこはタイマーがあるもよう(^^

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2