« #329トークタイム『超便利キッチングッズ』 | 男子ごはんHOME | #330トークタイム『ヨーグルトで漬物をつけよう』 »

#330『ヒレとロースのWソースカツ丼』

◇テレビ東京・男子ごはん9月7日放送のレシピ

■Wソースカツ丼(2人分)
 豚ヒレ肉(豚カツ用)…6枚(厚さ2cm)、豚ロース肉(豚カツ用)…2枚
 塩…適量、白こしょう…適量
 卵…1個、薄力粉…大さじ2.5
 パン粉、揚げ油…各適量
(a)
 だし汁…大さじ3、中濃ソース…大さじ3
 オイスターソース…小さじ1

≪ソース飯≫
 豚バラ薄切り肉…100g、キャベツ…100g
 ピーマン…1個、にんにく…1片
 温かいご飯…2合分、サラダ油…大さじ1
 ウスターソース…大さじ3、塩…適量
 黒こしょう…適量

 キャベツの千切り…適量

■小松菜のみそ汁(2人分)
 小松菜…2株、油揚げ…1/2枚
 だし汁…600cc、白みそ…大さじ2~3

【作り方】
●Wソースカツ丼
1.ソース焼き飯を作る。
ご飯は少し固めに炊く。豚肉は1cm角に切って塩、黒こしょう(各少々)で下味をつける。キャベツは1cm角に切る。ピーマンは5mm角に切る。にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンを熱してサラダ油をひき、にんにくを中火で炒める、香りが出てきたら豚肉を加えて強火で炒める。豚肉の色が変わったらキャベツ、ピーマンを加えて炒める。キャベツが少ししんなりしたらご飯を加えてほぐしながら炒める。
3.ご飯がほぐれて全体に油が回ったら少し寄せて空いたところの鍋肌にウスターソース、塩(小さじ1/2)、黒こしょうを加えて炒め合わせる。

【Shinpei's Point】
ソースを鍋肌から加えることで、余分な水分が飛び、角が取れ、まろやかな味になる

4.とんかつを作る。
ロースは半分に切る。ヒレ肉は薄くなるまで肉たたきでたたく。1枚ずつに塩(小さじ1/4)、白こしょう(少々)振り下味をつける。
5.4に薄力粉をまぶし溶き卵にくぐらせてからパン粉をまぶす。揚げ油を中温に熱し、豚肉を入れて中火で揚げる。全体がきつね色になってカリッとしてきたら油を切って取り出す。
6.バットに(a)を混ぜ、5を加えて両面につける。
7.丼に3を盛ってキャベツの千切りをのせ、6を盛りつける。

●小松菜のみそ汁
1.小松菜はヘタを切り落とし、長さ5cmに切る。油揚げは横半分に切ってから縦5mm幅に切る。
2.鍋にだし汁を温め、油揚げを加えてひと煮する。小松菜の茎を加え、味をみながら白みそを溶き入れる。火を止めて小松菜の葉を加える。

【Shinpei's Point】
最後に小松菜を加えることで、シャキシャキした食感を残すことができる


コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2