« #324トークタイム『心平流レモンサワーつくり』 | 男子ごはんHOME | #325トークタイム『夏のサービスエリア絶品グルメ』 »

#325『ホタテと夏野菜のグリル&ビシソワーズ』

◇テレビ東京・男子ごはん8月3日放送のレシピ

■ホタテと夏野菜のフライパングリル(2人分)
 ホタテ(生食用)…大6個、ズッキーニ…1本
 ナス…1本、トマト…1個
 オリーブ油…適量、塩・黒こしょう…適量
 バジル…20枚、にんにく…1片
 バター…10g、白ワイン…大さじ1

■ビシソワーズ(2人分)
 じゃがいも…2個(約260g)
(a)
 牛乳、生クリーム…各1/2カップ、バター…5g

 塩…小さじ1/2、パセリ(みじん切り)…適量
 黒こしょう…適量

■即席レシピ「ホタテのヒモのカルパッチョ」(2人分)
 ホタテのヒモ:大6個分、塩:少々
 バジル:5~6枚、パセリ:1枝
 オリーブ油、塩、黒こしょう:各適量、レモン:適量

【作り方】
●ホタテと夏野菜のフライパングリル
1.ズッキーニはヘタを切り落とし、長さを半分に切ってから縦7mmの厚さに切り、さらに斜め半分に切る。ナスもヘタを切り落として縦7mmの厚さに切り、斜め半分に切る。トマトはヘタを取り横半分に切る。ホタテは殻から外し、ひもと肝を取る。ホタテの貝柱を洗って水気を拭き、塩(小さじ1/2)、黒こしょうを振り揉み込んで下味をつける。

【Shinpei's Point】
生食用のホタテを使うことで、少しレアな状態で美味しく仕上げることができる

2.バジルはみじん切りにする。にんにくは横薄切りにする。
3.フライパンを熱してオリーブ油(適量)をひき、ズッキーニとナスを入れて塩、黒こしょうを振って強火で焼く。焼けたものから取り出す。トマトは断面を上にして並べて塩を振り、蓋をして蒸し焼きにする。

【Shinpei's Point】
トマトは断面を上にして焼くことで崩れることなくジューシーに仕上がり、ソースとしても食べられる

4.フライパンをサッと拭いて熱し、オリーブ油(大さじ1.5)をひいてにんにくを弱火で炒める。色づいてカリッとしてきたら取り出す。
5.フライパンにオリーブ油(少々)を足してホタテを並べる。強火で両面に焼き目をつける。バター、白ワイン、バジルを加えてザッと和える。
6.器に3、5を盛って5のバジルソースを回しかける。ガーリックチップを砕きながらちらす。

●ビシソワーズ
1.じゃがいもは芽を取り皮を剥いて4等分に切り、かぶるくらいの水で茹でる。竹串がスーッと通ったら茹で汁を捨て、再びに火かけて水分を飛ばす。火を止めてじゃがいもを木べらで潰す。
2.(a)を加えてよく混ぜる。再び火にかけて塩(小さじ1/2)を加える。ボウルに移して粗熱を取り、冷蔵庫でしっかり冷やす。器によそってパセリをちらして黒こしょうを振る。

●即席レシピ「ホタテのヒモのカルパッチョ」
1.ホタテのヒモは塩(少々)で揉んでよく洗い水気を拭く。ザルに入れて熱湯を回しかけて湯通しをする。氷水で洗って水気をしっかり拭く。

【Shinpei's Point】
ホタテのヒモは茹でずに湯通しすることで、固く縮むのを防ぎ、生臭さを取り除く

2.ボウルに入れて塩(2つまみ)、オリーブ油(大さじ1/2)を加えて和える。
3.バジル、パセリはそれぞれみじん切りにする。
4.器に2を盛って塩、こしょう(各少々)を振り、3をちらす。オリーブ油(小さじ1)を回しかけてくし型に切ったレモンを絞る。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2