« #306『担々タンメン』 | 男子ごはんHOME | #307『春のおつまみSP2014』 »

#306トークタイム『変わりダネ春野菜 2014』

◇テレビ東京・3月16日放送分

太一:さぁ、今回はですね、変わりダネ春野菜を紹介していきたいと思います。
心平:はい。

ということで、生でもおいしい! 変わりダネ春野菜をご紹介♪
一品目。

太一:え? 生姜じゃないの、これ? 生姜でしょうね、見た目は。
心平:全然匂わない。
太一:匂い、ちょっと切ってみます? 生姜でしょう?
心平:(2つに切断)
太一:(匂いを嗅いで)え? なんだろ、生姜の匂いしないですね。じゃがいも? じゃがいもぽくないですか?
心平:ね?


【菊芋(北アメリカ原産)】
江戸時代末期に日本に入ってきた芋。生のままでも癖がなくシャキシャキした食感が特徴。
菊科で花も似ていることから名付けられたとのこと。

しょう油につけて試食。

太一:(パクリ)おいしい。
心平:おおん、おいしいね、これ。
太一:甘くないですか?
心平:甘い。
太一:水分もたくさんあって、食感もいいですしね、甘さもいいですね。マヨネーズも合いますね。

ということで、マヨネーズをつけて丸かじり。

太一:(生姜にマヨをつけたような姿に)これ(笑)いただきます。(ガブリ)おいしい。
心平:うん、うまい。
太一:ここから(TVを)点けた人驚きですよ、生姜にマヨネーズつけて食べて美味しいって言ってるぞ、って。いよいよだなってw
心平:(笑)

二品目。

太一:トマトでしょ? トマト以外のなにものでもないですよね。変りダネ野菜を紹介するはずなのに。。。
心平:ねぇ?
太一:知ってますよ、トマトぐらい、僕らは。匂いもトマトですよ?
心平:ねぇ。


【塩トマト(熊本県八代市原産)】
塩分濃度が高い土壌で栽培されているため、トマトに含まれる塩分も多く甘みも強い

太一:(パクリ)うっまい。
心平:おいしいね。
太一:なんすかね、これ? なんでこんな甘くも感じるんですかね?
心平:うん。
太一:やっぱりスイカに塩みたいな感じなんですかね?
心平:うん、うん。
太一:これね、俺、行ってるんですよ、この(原産の)場所に。色々とね、ハウスがあるわけですよ。
心平:はい、はい。
太一:1つの農家さんが持ってるハウスの中でも、塩分濃度の高いところと、全くないところがあるんですよ。
心平:へ〜。
太一:だから、全部トマトの味が違うんですって。
心平:へ〜。
太一:俺の方が詳しいじゃんw
心平:(笑)

最後の品。。。

太一:うん? お花は菜の花ぽくないですか?
心平:ここはクレソンみたいな。。。
太一:あーー。
心平:なんか水辺にいそうなかんじ。。。
太一:ああ、わかる、わかる。あっ、空洞ですよ、中。
心平:空洞。。。噛んでみますか?
太一:いきます?
心平:はい。(パクリ)あ、なんだっけ、これ?
太一:知ってる味だ。
心平:わさび菜?


【花わさび(静岡県静岡市原産)】
鼻に突き抜ける爽快な辛みと独特の苦み、シャキシャキとした歯応えが特徴。

オリーブ油&塩で試食。

太一:(パクリ)おいしい。わさびの風味もあるので、うん、生で食べるとおいしいですね。
心平:おいしい。
太一:まだね、(変りダネ野菜は)あるから、紹介していきましょうね。
心平:はい。

「塩トマト、聞いたことあるな〜」と思ったんですが、多分、鉄腕ダッシュで観たんでしょうね(^^

変りダネ野菜シリーズ、けっこう久しぶりな気がしますが、もうネタ切れですかね?
今回も、ちょっとインパクト薄めの品々だったような気がしますw

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2