« #289男子ごはん in シンガポール〜後編 | 男子ごはんHOME | #290『シンガポール持ち帰りレシピ〜パクテー他』 »

#289トークタイム『ホーカーズでおつまみ探し』

◇テレビ東京・11月19日放送分

今回の裏トークは。。。
地元で人気の屋台街(ホーカーズ)である「Maxwell Food Centre(マックスウェル・フードセンター)」にやってきた2人。
こちらはおよそ80軒の屋台が立ち並び、昼も夜も地元の人でにぎわうグルメスポットです。

ここでのテーマは、

●ホーカーズでビールに合うおつまみを探す!

2手に分かれて、2品ずつ調達することに。

太一くんは、いきなり手前2店に気になるメニューを発見♪
一応、奥まで全部の店を見て回りますが、結局一番最初の2店で購入することにw

ゲットしたのは、

・ダック・クウェイチャプ(鴨肉の甘辛煮) S$4.00(約320円)
・ビーンスプロート(蒸しもやしのサラダ) S$3.00(約240円)

一方、心平ちゃんは(太一くんがコミュニケーションとりながら注文するのとは対照的に)マイペースに2品をゲットw

・ポピア(生春巻き)2本S$2.40(約192円)
・シーフード・ディライト(海鮮お好み焼き)S$6.00(約480円)

さっそく持ち寄って、乾杯☆

心平:(ジョッキのビールを一気飲み)
太一:つまみ、関係ないじゃんw
心平:(^〜^)
太一:これね、奥まで(探しに)行ったけど、この2軒(で買った)w
心平:(笑)そこで決まっちゃたんですねw

まずは太一くんチョイスのビーンスプロート(蒸しもやしのサラダ:砂肝・オニオンフライ・パクチーとともにほんのり甘いしょうゆで頂きます)から。

太一:(パクリ)うまいわ。
心平:うまい。
太一:内臓もいいね、鶏の内臓も。これ、なんなの、オニオンフライ?おいしい、香ばしくて。これ、ビールに合うよ。

つづいても、太一くんチョイス、ダック・クウェイチャプ(鴨肉の甘辛煮:スパイスが効いた甘辛なタレで煮込んだ鴨肉)。

太一:これ、ビールに合うよって教えてくれたんですよ。
心平:(パクリ)うん、うまい。
太一:うまい。全然味濃くないですね。
心平:かなりあっさりしてる。
太一:気候に合うんだね、この味はね。いいじゃないですか、これ。
心平:非常にいい。

つぎは、心平ちゃんチョイス、ポピア(生春巻き:薄く焼いた記事にタレを塗りレタス・もやし・カブ・ニンジン・ピーナッツパウダーなどを挟んだ生春巻き)。

心平:(パクリ)うん!?
太一:辛い、これ一番辛いよ、心平ちゃん(><)でも、甘いソースも、ピーナッツぽい甘さと、急に辛くなる味。こっち独特の味付けですよね。食感いいですね。
心平:食感いい、シャキシャキしてて。

最後は心平ちゃんチョイスの、シーフード・ディライト(海鮮お好み焼き:小麦粉の生地と卵を焼き、エビ・いか・ねぎと炒めた一品)。

太一:(パクリ)うん、おいしい!
心平:うまい。
太一:お好み焼きだね。雑なお好み焼きw 色んなとこにムラがあるけど、それが逆に美味しい。
心平:(笑)
太一:いやー、これ一番決めるの、難しくない?
心平:難しいけど。。
太一:指差しますか?
心平:そうですね。
太一:せーの(2人とも蒸しもやしのサラダを指す)おお。これね、そこ(店の場所を指すw)
心平:(笑)
太一:(店員に向け)(*^ー゜)b (店員も)d(^ー^)
心平:おいしいわ。
太一:うまい、うまい。かなり楽しめますね。
心平:面白い♪

こうして、裏トークは終了しました。。。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2