« #276『白いごはんが進むおかず 第5弾』 | 男子ごはんHOME | #277『ミラノ風カツレツ丼』 »

#276トークタイム『夏休みの宿題に役立つ、自由研究!』

◇テレビ東京・8月18日放送分

太一:さあ、心平ちゃん、夏休みということで。。。
心平:はい。
太一:子どもたちはね、宿題だったり、自由研究ね、自由研究に関してはなにを作っていいか、まだ迷ってる子も多いと思うんでね、色々と紹介したいなと思います。
心平:はい。

ということで、恒例の、夏休みの宿題に役立つ、自由研究をご紹介♪
まずは。。。

太一:なんだ、これ? ペットボトルとうずらの卵(茹で卵)と、お水かな?あ、お湯だ。
心平:お湯?
太一:お湯ですよ。"たまご実験"!?『ペットボトルにお湯を入れて15秒ほど温める』
心平:温めましょうか?(軍手をはめて、お湯をペットボトルへ)
太一:(ペットボトルを抑えるが。。。)手、震えてます?
心平:(笑)(心平ちゃんの手元が揺れてお湯が太一くんの手にw)
太一:(すかさず手をひっこめ)危ないよ! あぶないって心平ちゃんw
心平:笑わすからw
太一:ほら、あぶないよ。
心平:(笑)
太一:俺が入れるよ、心平ちゃん。(やかんを受け取り。。。)
心平:(ペットボトルを抑えるも。。。)
太一:そっちも震えたら意味ないからね、心平ちゃん。
心平:(笑)
太一:心平ちゃん、もう抑えなくていいから。
心平:(お湯で15秒ほどペットボトルを温めたらお湯を捨て、ペットボトルの口の上にうずらの卵を乗せると。。。)
太一:こえぇ〜、なに、これ?
心平:うん? なにか起きるんですか?
太一:なにか起きるんじゃないですか? うわ〜〜〜!
心平:おおー。(うずらの卵がペットボトル内に吸い込まれる)
太一:入ったぁw
心平:すごいね。
太一:まだ間に合うかなぁ?(もう一個卵を口の上へ)なんで入るの? あっ、入ってる。途中で止まるパターンかも?
心平:うっ〜〜っんってw
太一:うわ〜、うわ〜、いや〜ぁ(無事吸い込まれる)スッキリしたぁw
心平:(笑)

これは、冷えると縮む空気の性質を利用して、卵が引っ張られ落ちる、という実験。
さらに、鍋を使って、卵の入ったペットボトルを温めると。。。

太一:あ〜!(ペットボトルから卵が出てくる)出てくるっていうこと? ちょっともう一回、もう一回、心平ちゃん。
心平:(心平ちゃんがペットボトルを鍋の上にかざし、太一くんが卵を受け取る用の皿をセット)
太一:いいの、このかんじ?w (ペットボトルの)ここに体付けたくなるね、人間の。
心平:(温めていくと。。。)
太一:あー、出る。(卵が出てくる。2個目も)あーー、出た。
心平:(笑)
太一:面白〜い。これは小学生、大爆笑だと思う。だから、ここに、ニワトリのね。。。
心平:ああ。
太一:絵を貼ったりして、温めたりしたら、卵が産まれる、という。。。
心平:なるほど。
太一:ねぇ? 小学生はやってもらいたいですね。

つづいては。。。

太一:(風船が出てくる)あ、俺もう嫌い。風船が苦手なんですよ。
心平:なんですか?
太一:なんでか、わかんないけど、風船ダメなんですよ。
心平:(キュゥ〜。風船を鳴らす心平ちゃん)
太一:w やめてw
心平:(BANGと弾け)('◇')
太一:う〜っ!?
心平:(笑)ちょっと。。。おかしいでしょ、今の、弱過ぎでしょ、そいつ?
太一:(笑)
心平:(さらに3個風船を渡されるも。。。)なんか付いてるぅ? なんかあるだろ、これ!?
スタッフ:ちょっと(匂いを)嗅いでみてください。
心平:やだよ。(おそるおそる)ちょー怖ぇ。(嗅いで)ああ、なんだ、オレンジ? オレンジフレーバー。(BANG)わぅおう〜〜。
太一:(一人離れてた太一くんは爆笑)
心平:これ、時限爆弾かよ。オレンジの、オイル? を掛けると(ゴムが)溶けるっていうこと?

大正解♪
風船にオレンジなど柑橘系の皮の汁と油を混ぜた液を塗ると「リモネン」という成分が酸の力でゴムを徐々に溶かし、時間差で割れるという実験。

太一:やー、自由研究ってホントに面白いですね。
心平:ホントですね。
太一:すごい、いい声出してましたね?
心平:ありがとうございます。
太一:わぅおう〜っていうのがすごいよかったです。ね、まだ(自由研究)作ってない方は参考にしてもらいたいですね。
心平:ホントですね。

こうゆうのって難しいですよね。。。
今回のは、そのまま"自由研究"の宿題にするってレベルじゃない気がしますが、そのレベルのをやっちゃうと、同じことをする人が続出して問題になりそうですしw
まぁ、いまはネット検索すればネタは色々見つけられるんでしょうけど(^^
少なくとも、日記の天気を調べるのは超楽そうだなw(昔は、新聞を漁って調べたもんです。。。)

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2