« #263『心平流 サバサンド』 | 男子ごはんHOME | #264『トマトと鯛のアクアパッツァ&サラダ風カルパッチョ』 »

#263オープニングトーク「鯛釣りR」

◇テレビ東京・5月19日放送分

今週は"鯛釣りリベンジ"がメインでしたので裏トークはありませんでした。
で、次世代乗り物がカッコよかったので、オープニングトークを。

太一:さあ、今日はですね、観ての通り、スタジオを飛び出しまして、海にやってきました。
心平:はい。
太一:海にやってくるということは。。。えー、あのおじさんも、あの小っちゃいおじさんもついてくるというような。。。
心平:あの、おじさん?
太一:はい。毎回なんか乗って出てくるんですよ。毎回ね、その乗るリハーサルがあったりするんですよ。
心平:(笑)
岡村:(遠くから)太一く?ん、心平ちゃ?ん、おはようございますぅ。

Yike Bikeに乗って登場♪

太一:なんですか、それ?(そのまま通りすぎる岡村さんw)止まって、止まって!
心平:(笑)
太一:なんすか、それ?
岡村:最新のマシンやがな。最新のマシン用意してもらったん。
太一:最新のマシン、毎回紹介しますよね、この番組で?
岡村:(笑いながらうなずく)そうやねん、今回ね、船で来ようと思ったんだけど。スタッフさんがこんなの用意してくれて楽しかったよ。
太一:(笑)
岡村:ちょっと(首の)筋を痛めたかも。。。
太一:(笑)今日はなんですか?
岡村:今日は"男子ごはん"よ。"男子ごはん"、久しぶりの。
太一:そうですけども、まぁ、海に来てるなってのをね、僕らもね。。。
岡村:あ、感じてる?
心平:はい。
岡村:リベンジです!!
太一:(笑)

そう、昨年アクアパッツァを作るために鯛釣りに挑戦した太一くんと岡村さん。しかし、サバ・ベラを釣ったものの念願の鯛は釣れず。。。
そこで今回はそのリベンジ企画ですw

太一:あの時は、でも、2人だけでしたからね。
岡村:そうそう。
太一:今回は心平ちゃんもね、入ってやるわけですよ。
岡村:頼んます、ほんまに。
太一:ただね、心平ちゃん、めちゃめちゃ船酔いするらしいんですよ。
心平:昨日から眠れませんでしたよ、船酔い怖くて。
岡村:もう、だって、うっすら酔ってるみたいw
太一:(笑)
岡村:大丈夫ですか? しっかり...アクアパッツァはな、心平ちゃんに作ってもらわな、あかんから。
太一:そう。
心平:陸に上がったら、大丈夫ですから。
太一:やっつけでつくるのやめてねw
心平:いやいやw
岡村:おいしいやつな。
太一:鯛のほかにも、お魚釣れるかもしれないじゃないですか?
岡村:そう、鯛以外にもな、色々美味しい魚。。。
太一:そのときは、心平ちゃん、なんか魚を見て、料理をしてもらっていいですか?
心平:そうですね。なんかサバなんか釣れたらサンドイッチとかにしちゃうとか。
岡村:おお。
心平:ここで食べるのに適した料理を作ろうかなと。
太一:なるほど。すぐに作れるもの。。。
岡村:ちょっと、行こうよ、もう。
太一:(笑)行きましょう、もうね。
岡村:とにかく、エサを海に入れないと釣れないよ、こんなとこで喋ってても。
太一:分かりました、ホントに、約束ですよ、誰かが鯛を釣ると。そうじゃないとリベンジになんないから。
岡村:あとお手すきのスタッフの方も、出来れば針を垂らしてください。
太一:さあ、じゃ、いつもの、アレいきますか? 大丈夫ですか?
岡村:(手を)用意して。
太一:それ、俺が言うから!
岡村:(笑)
太一:じゃ、いきましょう、せーの、
3人:男子ごはん!!

こうして、釣りに出かけた結果、見事太一くんがサバと鯛を釣りあげました(^^
スタッフと合わせると鯛は3尾ほど釣れたようなので、今年は大成功となりましたね。

さて、オープニングのYike Bike。なかなかカッコいいですが、公道は走れないので、普及は厳しそうですよね。

セグウェイも見ることないですしね。。。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2