« #257『春のおつまみ3品』 | 男子ごはんHOME | #258『ふわとろオムライス』 »

#257トークタイム『香りにこだわった世界のチーズ』

◇テレビ東京・4月7日放送分

太一:さあ、今日はおつまみSPということで、世界の変わりダネチーズを紹介していきたいと思います。
心平:はい。

ということで、今回は香りにこだわった、世界の変りダネチーズをご紹介♪

一品目は、木の香りが漂うチーズ。

心平:あ、良さそう。
太一:すごい、いいねぇ。(蓋を開ける)
心平:おお。
太一:木の香り?(匂いを嗅ぐ。が、顔をそむけ)嗅ぎ過ぎた(><)
心平:(笑)
太一:いまガッツリ嗅ぎましたよ、俺。
心平:ちょっと(匂いが)きついですね。


【モン・ドール(フランス)】
エピセア(モミの木)の樹皮で出来た箱に入れ、木の香りを移して食べる、季節限定のチーズ。

太一:こっち(箱の蓋)を嗅がなきゃいけなかったんですね〜。
心平:(チーズにナイフを入れ)
太一:とろーり系。俺、大好きです、これ。クラッカーみたいのつけて食べたい。(クラッカーが出てくる)ある!?
一同:(笑)
太一:俺、ホントに(あるとは)気付かなかったw (チーズの)匂いがすごい。いただきます(パクリ)うん。
心平:おいしい。
太一:塩気強いですね、だから絶対ワインと合うんですよ。(白ワインをゴクリ)うまい! やっぱこうゆうクラッカーと一緒に食べるのが一番いいですね。
心平:合いますね。

二品目は、ビールの香りのチーズ。

太一:この色もビールの色なんですかね、これね?
心平:匂い、どうですか?
太一:(嗅ぐ)うん、さっきの匂いよりは全然大丈夫ですけど。。。

st-famillian.jpg

【モワルー・ド・サンフーヤン(ベルギー)】
ベルギービールに漬け込んだチーズで、ビールとの相性抜群。

心平:(匂いを嗅ぐ)あ、けっこう、でも。。。けっこうきますね。
太一:匂いしますね。いただきます(パクリ)あっ、ビールだ。
心平:あ、うめぇ。
太一:(笑)合う。やっぱりビールに合うチーズってことを考えて作ったんでしょうね。
心平:うん、うん。

最後の品は、ワインの香りのフルーティーなチーズ。

太一:うわ〜〜。
心平:上になんか。。。
太一:上にぶどうじゃないですか?(包装を開ける)ほら。
心平:け、けっこう、けっこう。。。
太一:(匂いを嗅いで)すごいな、これは。不思議な、複雑な匂いしますね。甘さもあるんですね、やっぱこのぶどうでしょうね、上に乗ってんのわ。

basajo.jpg
【バザイオ(イタリア)】
陰干しぶどうのワインに漬けたチーズ。ぶどうと一緒に食べることでまろやかな味に。

太一:いただきます(パクリ)(゜∀゜)
心平:(拍手)
2人:(ハイタッチする)
一同:(笑)
太一:(ワインをゴクリ)なるほど〜。
心平:あら、美味しいわ、これ。
太一:あれw 出てきましたね、こっち(系)がw 病みつきだわ、もー(小指を立てながらワインをゴクリ)
心平:(心平ちゃんもまねて、小指を立ててゴクリ)
太一:心平は、どれがお好みなのよ?
心平:あたし? これ?
太一:(笑)もう酔ってるとしか言いようがない。
心平:(笑)
太一:チーズはいっぱいありますからね、紹介しましょ。
心平:楽しみですね。
太一:紹介しましょ。
心平:まぁ、ホント?
太一:(笑)

定食やおつまみ回は3品作るので、裏トークも短め。
って、裏トークは番組構成として"箸休め"的な役割のほか、尺の調整弁機能もあるわけですねw
実際の収録は料理の前なんだろうか、後なんだろうか?
ホントに料理作業を中断して撮ってるわけないですよね。
服装(衣裳)の絡みもあるから、まとめ撮りってこともなさそうですし。。。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2