« #255トークタイム『"俺たちのオイスターソース"作り』 | 男子ごはんHOME | #256トークタイム『男のロマングッズ』 »

#256『男のロマンシリーズ"貝づくし"』

◇テレビ東京・男子ごはん3月31日放送のレシピ

■アサリとハマグリのパエリア(3~4人分)
 アサリ…300g、ハマグリ…300g
 ベーコン…3枚、パプリカ(赤・黄)…100g
 セロリ…50g、玉ねぎ…50g
 にんにく(みじん切り)…1片、米…2合
 オリーブ油…大さじ2、白ワイン…50cc
 水…200cc
【a】
 コリアンダー(粉末)…小さじ1/2、ナツメグ…小さじ1/2
 塩…小さじ1

 パルミジャーノ…適量、万能ねぎ(小口切り)…適量
 くし型に切ったレモン…適量

■サザエのエスカルゴ風(2人分)
 サザエ…4個

<ハーブバター>
 バター…25g、セージ…4~5枚
 タイム…4本、にんにく…1片
 塩…小さじ1/3

 パン粉…適量

■とり貝のカルパッチョ(2~3人分)
 とり貝…100g、芽ネギ…適量
 オリーブ油…大さじ1、レモン汁…小さじ1~2
 塩…小さじ1/8、黒こしょう…適量

[作り方]
●アサリとハマグリのパエリア
1.アサリとハマグリは塩抜きをして、殻をこすりあわせて洗って水気をきる。ベーコンは細かく切る。パプリカは縦1.5cm幅に切ってから横3等分に切る。セロリと玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンを熱してオリーブ油大さじ1をひき、アサリ・ハマグリを入れて強火で炒める。油が回ったら白ワイン、水を入れてフタをして口が開くまで強火で加熱する。貝の口が開いて更に1分加熱したら火を止めて粗熱を取って冷ます。

【Shimpei's Point】
・先にアサリとハマグリを酒蒸しにして、出たエキスで米を炊くことで旨味アップ!
・アサリとハマグリのスープをしっかりと冷ますことで炊き上がりのムラが防げる

3.貝とスープに分ける。アサリは殻からはずす。スープは水を足して360cc分計量する。さらに【a】を加えて混ぜる。
4.鍋を熱してオリーブ油大さじ1をひき、にんにくのみじん切りを弱火で炒め、ベーコンを入れて強火で炒める。ベーコンから油が出てきたら米を加えて炒める。米に油が回ったらセロリと玉ねぎを加えて炒る。
5.3のスープを加えて上にパプリカをのせる。フタをして強火で加熱し、沸いてきたら弱火にして10分炊く。様子をみてまだ芯が残っていたらさらに3~5分炊く。炊き上がった火を止めてそのまま5分蒸らす。
6.2の貝をのせる。小口切りにした万能ねぎを散らし、削ったパルミジャーノ、レモン添える。レモンを絞って食べる。

●サザエのエスカルゴ風
1.サザエをトースターで約5分加熱する。プクプクしてきたら取り出してサザエのフタをはずす。竹串等で身を取り出す。ワタは3等分くらいに切って、身は4等分くらいに切る。再び貝に詰める。
2.[ハーブバターを作る]
バターは電子レンジ弱で加熱するか室温で柔らかくする。タイムは葉っぱだけこそぐ。 セージ、タイム、にんにくはみじん切りにする。全ての材料を混ぜ合わせる。
3.サザエの口に2とパン粉をのせる。再びトースターで約10分焼く。

●とり貝のカルパッチョ
1.器に水気を拭いたとり貝を並べる。塩、黒こしょうを振ってレモン汁、オリーブ油を回しかける。根元を切り落とした芽ネギを散らす。

【Shimpei's Point】
爽やかな芽ネギを合わせることで、繊細なとり貝の風味が引き立つ

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2