« #214『台湾風豚丼&空心菜の炒め物』 | 男子ごはんHOME | #215『ケンテツ流アジアンおつまみ3品』 »

#214トークタイム『お酒造り第4弾!マッコリ造り』

◇テレビ東京・6月10日放送分

太一:さあ、今日の裏トークは、マッコリ造りに挑戦したいと思います。造ったことあります、マッコリ?
コウ:ないです。
太一:ねー、作れるんですねー。
コウ:超楽しみですよ。

ということで、マッコリ造りに挑戦♪
使うのは。。。

makkori_kit.jpg
【ホームメイドマッコリキット】
家庭で簡単にマッコリを造ることができる、マッコリの素(麹鮮)と加工米(麹鮮の米)のセット。

太一:じゃ、さっそく造っていきたいと思います。
コウ:はい。
太一:まずは、容器に水3.5L。はい、入れましょうか。

1.容器に水3.5Lを入れる

太一:お酒って親とか造ってましたか?
コウ:うち、毎年梅酒を。
太一:あー、やっぱそうですか。梅酒は日本も一緒ですか、同じようなかんじですかね?
コウ:韓国の梅酒はちょっと違うんです。
太一:違うんですか?
コウ:うちの母親なんか、気分によって、安いウイスキーにしたりとか。
太一:へー。ウイスキーでもできるんですねぇ。
コウ:ウイスキーの味、すごい美味いですよ。
太一:はー。お酒、なにが一番好きですか?
コウ:迷うわ。なんでも好きなんですよ。気分ですね。
太一:えー!? これ、一回心平ちゃんと3人で飲みたいですね。
コウ:心平さんと行ったら、2軒目絶対コスプレカラオケになりますけど、大丈夫ですか?
太一:(笑)心平ちゃん、そんな趣味あるんですかw Sinpei's Pointのポーズとかすごかったですからね。
コウ:心平さん、どんなの?
太一:(マネする)
一同:(笑)
太一:こんなんですからね。
コウ:けっこうなんでもやってくれるんですよねw
太一:やってくれるんですよ、心平ちゃん。あと、テンションが上がるっていうね、急にw "はぁ?!"みたいなw
コウ:(笑)

2.乾燥酵母や種麹・精製酵素などがフレンドされた"マッコリの素"を入れて混ぜる

コウ:これ(マッコリの素)を入れる?
太一:これがマッコリなんですね。
コウ:(水にマッコリの素を入れていく)
太一:普段、なにしてるんですか、休みの日とか?
コウ:休みの日は、ボーリング行きますね。
太一:えっ!? そんな趣味があるんですか?
コウ:ボーリングにちょっと、かなりハマってるんで。
太一:マイグローブとか、マイボール持って?
コウ:いや、私、マイボール8個持ってます。
太一:えー? ベストスコア、どのくらいですか?
コウ:272やったと思います。
太一:272ぃ?? マジすか? 僕、110ぐらいですね。
コウ:(笑)

3.(通常は炊いたお米を使用しますが、その手間を省くことが出来る)専用の加工米「麹鮮の米」を加えて混ぜる

コウ:(米を加えていく)
太一:ちょっと待ってください、これで、お終いですよ。『日が差し込まない23?25度の室内で発酵させれば終わり』ということですね。(しゃもじを取って)これでかき混ぜます。
コウ:これで出来るなら。。。
太一:簡単ですね。
コウ:これ、うれしいですね。
太一:あ、もうね、4,5日後にはできあがるということで、次週もう試食。。飲めるってことですね。
コウ:マジですか? 手っ取り早いなぁ。
太一:コウさん、持って帰ってもらっていいですか、これ?
コウ:なるほど。。。アタタタ、お腹が痛くなってきた(><)
太一:(笑)ベタな。。。
コウ:ちょっと今日、休んでいいですか?
太一:じゃ、家まで持ってきますんで、僕が。
コウ:(笑) お腹痛いって言ったら、基本なんでも許されると思ってるんでw

ということで、仕込みが完了。次週の試飲をお楽しみに♪

えらく"マッコリ造り"に感激してましたが、"要はどぶろくでしょ?"的な違和感が。。。
それに梅酒どうこうの話も、コウ家は在日だし、母親は料理研究家なんだから。。。みたいなw

それはともかく、7月放映分の収録がそろそろ今週あたりなんじゃないかと思うんですよね。。。
ケンタロウさんが復帰ならニュースになるでしょうから、7月もゲスト回になりそうですね?(ーー;)
で、7月のゲストは誰になりますかね??
最有力は、やっぱり栗原はるみさんあたり?
でも超・大穴で、TOKIO松岡氏なんてどうでしょう? 彼なら1ヵ月ぐらいだったらやれそう(^^

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2