« #130トークタイム『男子ごはん米』 | 男子ごはんHOME | #131男子ごはん in ハワイ〜前編2 »

#131男子ごはん in ハワイ〜前編1

◇テレビ東京・男子ごはん11月7日放送

秋恒例の海外ロケは、今年はハワイへ〜♪
当ブログも今回はカンタンなレビュー編でお送りします。

ホノルルマラソンのスタート地点にもなるという、アラモアナ・ビーチ・パークにやってきた2人。
今回のハワイでのテーマは。。。

1)ハワイのローカルフードを学ぶ
2)ケンタロウ・オリジナルのハワイ料理を現地でつくる

ここで、男子ごはんの掛け声"ハワイver."を決めて、番組スタート♪

まず2人が向かったのは、ハワイを代表するオフィス街 Nu'uanu(ヌゥアヌ)地区。
ヌゥアヌ・アベニューを歩いていると、ビジネスマンに人気だという「Nu'uanu Okazuya(ヌゥアヌおかず屋)」(住所:1351 Nu'uanuAve.Honolulu Hawaii 96817)というお店を発見☆
日系3世のご主人が経営する、日本食のエッセンスを盛り込んだハワイのローカルメニューが人気のお惣菜屋さんです。
店内へ入った2人は、80種類以上もあるというメニューに迷いながらも、好きなものをオーダー。

太一くんがオーダーしたのは、Squah W/Chicken and Tofu(冬瓜と鶏肉・豆腐の煮物)$1.75に、Furikake Chicken(ふりかけチキンカツ)$3.00。
さっそくFurikake Chickenをいただくと。。。

太一:これ、お母さん、ふりかけですか?
女将:そう。ちょっと甘いです、ソースがね。
太一:甘いタレ。。。(パクリ)うん、おいしい。
ケン:ホントだ、甘い。うまいですね。
太一:ソースはなんですかね?(秘伝のソースだとの説明に)シークレット? そうなんですねw

秘伝の甘辛ソースをチキンカツにたっぷりかけ、日本ならではのふりかけをふったFurikake Chickenに大満足の2人。ちなみに、ふりかけをふった理由は「おいしかったからじゃないですか?」とよくわからない模様w

つづいて、ケンタロウさんがオーダーしたのは、Moi-Steamed(白身魚モイのごま油炒め)$5.50と、醤油とバターを使ったTeri Burger(照り焼き煮込みハンバーグ)$1.25と、Pumpkin slice(カボチャのスライス)$1.50。
Pumpkin sliceをいただくと。。。

ケン:あっ、シナモン味だ!
太一:へー? かぼちゃがシナモン味? めずらしくないですか?
ケン:かぼちゃとシナモンを合わせることはあるんですけど、おかず屋さんではなかなか。。。
太一:ソースみたいのがかかってるんですか?
ケン:ちょっと甘辛ソースな、パンプキンパイみたいな味。しょう油が。。。

Pumpkin sliceは、鶏肉をしょう油でじっくり煮込んだスープをベースに、砂糖とシナモンを加え、素揚げにしたカボチャに絡めたもので、ハワイ料理と日本料理が見事に融合した料理なんだとか。

ここで、ハワイからいつもの"裏トーク"♪
2人がやってきたのは、フルーツ農園の「Frankie's Nursery(フランキーズ ナーセリー)」(住所:41-999 Mahiku Place Waimanalo Hawaii)さん。
こちらは、200種類以上のフルーツを栽培している、ハワイ最大と言われるフルーツ農園だそうです。
そして、テーマはハワイ版変わりダネ・フルーツ(^^

さっそく園内を散策していると、まず見つけたのはザボン。
全体の大きさの50%を占める皮の厚さが特徴のハワイ産ザボンは、日本産と比べて苦味が少なく爽やかな甘さを持つんだそう。
スタッフの方にお願いしてひとついただくことに。

太一:固いんだ、ちょっと実は。食べてみましょうか? うん、美味しい。甘い。
ケン:うーん、甘いですね、でちょっと苦味が。。。これ、美味しい。

さらに園内を奥へ。
すると、スターフルーツやジャックフルーツを発見☆
見慣れたフルーツでも、実際に実ってるところを見るとテンションが上がりますw

そして、いよいよ農園側が用意してくれた、変わりダネ・フルーツを見せてもらうことに。

とここまでで、ちょっと長くなったので、つづきは次回に。

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2