« #409トークタイムなし | 男子ごはんHOME | #410トークタイム『変りダネチーズ2016』 »

#410『春の和定食2016』

◇テレビ東京・男子ごはん4月3日放送のレシピ

■とり天(2人分)
 鶏もも肉…300g、タラの芽…6個
 茹でたけのこ…150g
(a)
 しょうゆ…大さじ2、みりん、酒、酢…各大さじ1
 しょうが…1片分

 天ぷら粉…50g、水…大さじ6
 大根おろし…8㎝分、揚げ油、塩…各適量
(b)
 めんつゆ…大さじ2、すし酢…大さじ1

■菜の花の辛子みそ和え(2人分)
 菜の花…1束
(a)
 和辛子…小さじ1/2、白みそ…大さじ2
 薄口しょうゆ…小さじ1、酢、みりん…各大さじ1

 塩…少々

■あおさとあさりのお吸い物(2人分)
 あさり(砂抜き済)…150g、あおさ…3g
 長ねぎ(みじん切り)…適量、塩…小さじ1/3
 酒、薄口しょうゆ…各大さじ1、だし汁(カツオ)…600㏄

【作り方】
●とり天
1.鶏肉は1㎝厚さのそぎ切にする。しょうがはすりおろしてボウルに入れ、その他の(a)を加えて混ぜる。鶏肉を加えてもみこみ30分漬ける。鶏肉をザルに入れて汁気をきり、キッチンペーパーで拭く。
2.タラの芽は茶色い部分を削る。たけのこは長さを半分に切り縦5㎜厚さに切る。
3.別のボウルに天ぷら粉と水を混ぜ合わせる。
4.揚げ油を中温に熱し、2に3の衣をつけて入れ、中火でたまに返しながら揚げる。衣がカリッとしてきたら取り出す。1に3の衣をつけて同様に揚げる。器に盛る。

【Shimpei's Point】
・たけのこを揚げる時は味見をして味が弱かったら、塩で下味をつけるとおいしく仕上がる
・山菜の天ぷらは(葉先など)衣をつけすぎないことで、カラッとさっぱり仕上がる
・鶏もも肉は汁気をしっかり拭くことで、衣が剥がれにくく、きれいに仕上がる

5.取り皿に絞った大根おろしを盛って混ぜ合わせた(b)をかけて添える。

●菜の花の辛子みそ和え
1.菜の花は下の部分は黒ければを少し切り落とす。長さを半分に切る。塩(少々)を加えた熱湯で茎、花の順に入れて固めに茹でる。ざるにあげ流水で冷ます。水気を絞る。

【Shimpei's Point】
茹でたあと、流水で冷ますことで余熱で火が入りすぎるのを防ぎ、程よい食感を楽しめる

2.ボウルに(a)を混ぜ、1を加えて和える。

●あおさとあさりのお吸い物
1.鍋にだし汁、あさりを入れて火にかける。あさりの口が開いてきたら酒を加えてアルコール分を飛ばし薄口しょうゆ、塩を加えて混ぜる。
2.あおさを加えてひと煮する。長ねぎをのせる。

【Shimpei's Point】
あさりを加えて煮詰めすぎないことで、渋味が出ず、あさりの身もくずれない

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2