« #378トークタイム『肝試しにも使える、びっくりグッズ』 | 男子ごはんHOME | #379トークタイムなし »

#379『夏に食べたい韓国料理 withケンテツ』

◇テレビ東京・男子ごはん8月23日放送のレシピ

≪ケンテツ・レシピ≫
■夏野菜のチムタック(4人分)
 骨付き鶏ももぶつ切り肉…600g、春雨…50g
 オクラ…5本、きゅうり…1本
 ズッキーニ…1/2本、じゃがいも…2個
 わけぎ…2~3本、玉ねぎ…1/2個
 生唐辛子…2本

<漬けダレ>
 しょうゆ…大さじ4、黒砂糖…大さじ2
 はちみつ…大さじ1、酒…1/4カップ
 おろしにんにく…1片分、おろししょうが…1片分

 ごま油、白いりごま…各大さじ1、水…3カップ

■オイキムチ(5本分)
 きゅうり…5本、塩…適量
(a)
 はちみつ…大さじ1、しょうがのしぼり汁…小さじ1
 粉唐辛子…小さじ1、糸唐辛子…適量
 あみの塩辛(たらこでも可)…30g、おろしにんにく…1片分
 塩…適量

 大根…100g、にんじん…20g
 ニラ…2~3本、りんごのしぼり汁…1個分
 熱湯…500cc

■オイキムチピビン麺(2人分)
 オイキムチ…2切れ、豚しゃぶしゃぶ肉…150g
 そうめん(または冷麺)…2人分、酒…1/4カップ
 塩…少々
(a)
 しょうゆ、酢…各大さじ1、ごま油…小さじ2

≪心平レシピ≫
■鶏肉と冬瓜とトマトの冷製スープ(2~3人分)
 鶏むね肉…150g、冬瓜…100g
 トマト…1個、ほじそ…適量
 きゅうり…20g、塩…小さじ1
 ごま油…大さじ1、レモン汁…大さじ1
 酒…大さじ1、水…500㏄
(a)
 片栗粉…小さじ1、水…小さじ1

 万能ねぎ(小口切り)…適量、白いりごま…適量
 黒こしょう…適量

【作り方】
●夏野菜のチムタック
1.鶏肉は熱湯でさっと茹でてザルにあげて洗う。じゃがいもは皮をむいて幅7~8mmの輪切りにし、水につける。春雨は水に10分ほどつける。わけぎは4~5cmに切る。玉ねぎはくし切りにする。ズッキーニは輪切りにする。きゅうり、生唐辛子は斜め薄切りにする。オクラはガクをむいて斜め半分に切る。

【Kentetsu's Point】
・鶏肉はさっと茹でることで、臭みが取れる
・春雨は水で戻すことで、程よい硬さになる

2.ボウルに漬けダレの調味料を混ぜ、鶏肉に揉み込んだら10分程置く。
3.熱した鍋にごま油を引き、2の鶏肉の汁気を切ってさっと炒める。肉の色が変わったら、水(3カップ)を加えて煮立て、アクを取って弱火で蓋をして30分ほど煮る。残った漬けダレ、玉ねぎ、じゃがいもを加えてさらに煮る。じゃがいもが柔らかくなったら春雨、ズッキーニ、唐辛子、オクラ、きゅうり、わけぎを加えてさっと煮る。いりごまをふる。

●オイキムチ
1.大根、にんじんは細切りにする。ニラは2~3cmの長さに切る。きゅうりは全体に塩をふって板ずりし、さっと洗って水気を拭き、半分に切る。中央に縦に切り目を入れ90度回転させて同様に切り目を入れる。
2.熱湯に塩(大さじ2)を溶かし、バットに並べたきゅうりに回しかける。皿などで重しをして1時間ほど置き、水気を拭く。

【Kentetsu's Point】
塩を加えた熱湯をかけることで、食感が良くなり、かつ味が染み込みやすくなる

3.ボウルに大根、にんじん、ニラを入れて(a)と混ぜ、きゅうりの切り込みに挟み、密閉容器に入れて、残った薬味ダレとりんごのしぼり汁を絡めて、一晩くらい置く。

●オイキムチピビン麺
1.オイキムチは刻む。豚肉は酒、塩を加えた湯でさっと茹でて冷ます。そうめん(冷麺)は表示通りに茹でて流水で洗い、しっかり絞る。

【Kentetsu's Point】
豚肉は少し冷ました湯で茹でることで、柔らかな食感になる

2.ボウルに(a)を混ぜ、オイキムチとそうめん(冷麺)を混ぜ合わせ、皿に盛り、オイキムチの漬けダレをかける。好みで(a)をかける。

●鶏肉と冬瓜とトマトの冷製スープ
1.鶏肉は細切りにする。冬瓜は皮をむいて1㎝角に切る。トマトは5㎜角に切る。
2.鍋に水、鶏肉、冬瓜、酒を入れて火にかける。沸いてきたら火を弱めてアクを取りながら12~13分煮る。

【Shimpei's Point】
鶏肉は水から煮ていくことで、だしが出やすくなり、かつ柔らかく仕上がる

3.塩を加えて混ぜ、よく混ぜた(a)を加える。混ぜながらとろみがつくまで煮る。しっかり冷やす。
4.冷えたらレモン汁、ごま油、軸から外したほじそ、トマト、すりおろしたきゅうりを加えて混ぜる。

【Shimpei's Point】
きゅうりはすりおろして加えることで、スープ全体に爽やかさが広がる

5.器によそって白いりごまと万能ねぎと、黒こしょうを振る。


↑久しぶりにコウケンテツさんが登場♪

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2