« #424トークタイム『シューティング・トイ』 | 男子ごはんHOME | #425トークタイムなし »

#425『焼き肉屋のサイドメニュー3品』

◇テレビ東京・男子ごはん7月17日放送のレシピ

≪ケンテツさんレシピ≫
■牛肉ときゅうりのチゲ(3人分)
 きゅうり…2本、しいたけ…2枚
 玉ねぎ…1/4個、牛切り落とし肉…200g
 白菜キムチ…100g
(a)
 しょうが(すりおろしたもの)…1片、にんにく(すりおろしたもの)…1/2片
 みそ…大さじ1.5、酒…大さじ3

 韓国産粉唐辛子…大さじ1/2、白いりごま…大さじ1
 ごま油…大さじ1、白こしょう、塩…各適量
 煮干しだし…2カップ

■韓国の水餃子 マンドゥ(3人分)
 合いびき肉…100g、溶き卵…1個
 木綿豆腐…1/4丁、三つ葉…1株
 白菜キムチ…50g、長ねぎ(みじん切り)…1/4本
 干ししいたけ(水で戻したもの)…2枚
(a)
 しょうゆ、酒、ごま油…各小さじ1、塩、白こしょう…各適量

 白いりごま…適量、青ねぎ(小口切り)…2~3本
 餃子の皮(大判)…約15枚

《スープ》
 煮干しだし…300ml、塩、しょうゆ…各小さじ1/2
 酒、みりん…各大さじ1/2、白こしょう…適量

≪心平ちゃんレシピ≫
■豚肉とのりのチャプチェ(3人分)
 豚肉(しょうが焼き用)…150g、春雨…90g
 れんこん…100g、赤パプリカ…小1個(30g)
 にんにく(みじん切り)…1片、焼きのり(3×6㎝)…5枚
 水…大さじ2
(a)
 酒、コチュジャン…各大さじ1、みりん…大さじ1/2
 しょうゆ…大さじ1.5、砂糖…小さじ2

 ごま油…大さじ1、塩…小さじ1/3
 黒こしょう…適量

【作り方】
●牛肉ときゅうりのチゲ
1.きゅうりはヘタを取り、大きめの乱切りにし、軽く塩を振って揉み込み5分程おく。サッと水洗いし、水気をしっかり拭く。玉ねぎは1cm幅のくし切りにし、しいたけは薄切りにする。
2.鍋にごま油を熱し、キムチを入れてサッと炒める。玉ねぎ、しいたけ、牛肉、(a)、韓国産粉唐辛子をサッと炒める。煮干しだし(2カップ)を加えて煮立て、5分ほど煮る。

【Kentetsu's Point】
・キムチをごま油で炒めることで、コクのあるスープに仕上がる
・コチュジャンではなく、味噌を加えることで、マイルドな辛さに仕上がる

3.きゅうりを加えてさらに5分ほど煮る。白こしょうで味を調える。仕上げに白いりごまをたっぷり散らす。

【Kentetsu's Point】
きゅうりは後から加えることで、食感を活かすことができる

●マンドゥ(水餃子 )
1.豆腐はキッチンペーパーで包んで、水気をしっかりと切っておく。キムチはかるく絞ってから、みじん切りにする。干ししいたけは軸を切ってみじん切りにする。三つ葉は茎の部分をみじん切りにし、葉の部分は長さ2~3㎝に刻む。

【Kentetsu's Point】
豆腐の水分をしっかり切っておくことで、より旨味を残すことができる

2.ボウルに干ししいたけ、合いびき肉、豆腐、キムチ、三つ葉の茎部分、長ねぎ、溶き卵、干ししいたけ戻し汁(分量外:適量)、(a)を入れて手で粘りが出るまで混ぜる。

【Kentetsu's Point】
干ししいたけの戻し汁を加えることで、旨味がアップする

3.小鍋に煮干しだし、塩、しょうゆ、酒、みりん、白こしょうを加えてひと煮する。
4.餃子の皮1枚に2のタネをたっぷりのせ、皮の周囲に水(分量外:適量)塗って半分にとじ、ひっくり返し中心を支点にして両端を重ねて包む。たっぷりのお湯で3分ほど茹でて取り出し、器に盛る。3の煮干しスープをかけて、青ねぎ、三つ葉の葉の部分、白いりごま、白こしょうをちらす。

【Kentetsu's Point】
茹でるときは、鍋底にくっつかない様にすぐ動かすことで、生地が破れずきれいに仕上がる

●豚肉とのりのチャプチェ
1.熱湯に春雨を入れて弱火で2分茹で、ザルにあげて水気を切る。粗熱が取れたら4等分に切る。
2.焼きのりは細かくちぎって水と合わせておく。焼きのりが溶けていなかったら混ぜながら溶かす。

【Shimpei's Point】
のりを水で溶かすことで、チャプチェ全体に広がりやすくなり、のりを加えることで風味が増す

3.豚肉は5㎜幅に切り、塩、黒こしょうを振る。赤パプリカは縦半分に切って縦薄切りにする。れんこんは皮を剥き薄い半月切りにして水にさらす。(a)を混ぜる。
4.フライパンを熱してごま油を引き、豚肉を強火で炒める。色が変わったらにんにくを加えて炒める。香りが出てきたられんこんを加えて炒める。
5.れんこんが透き通ってきたら赤パプリカ、春雨を加えて炒め、油が回ったら(a)、2を加えて炒め合わせる。

↑コウテツさんご愛用、アルマイトの手付マッコリカップ

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2