« #443『たこ焼き器を使ったアレンジメニュー』 | 男子ごはんHOME | #444『カツオのなまり節チャーハン&エビ餃子』 »

#443トークタイム『ドキドキ・パーティグッズ』

◇テレビ東京・11月20日放送分

太一:さあ、今回の裏トークはですね、パーティグッズです。
心平:(うなずく)

ということで、今回は年末のパーティシーズンに向けてドキドキ・パーティグッズをご紹介♪
まずは一品目。

太一:なんか、ビリビリきそうじゃない?
心平:くるでしょ。だって、これ、電気マーク。
太一:怖いな。


【SHOCKBALL】
ランダムに電流が流れるドキドキグッズ。山手線ゲームなどを盛り上げてくれる。

太一:いきますか、じゃあ。来年は酉年ということなので、鳥の名前を言っていく。。。
心平:あ、鳥の名前ね。
太一:じゃ、いきますよ。こう(ボールを包むように)触らなきゃいけないんだよね。うわー、俺、ホントやだなぁ。ホントやだよ。(ボールの鍵を取る)押しました。
心平:入ってるの? 入ってる。
太一:クジャク。(心平ちゃんに渡す)
心平:ひゅぇぇぇ、超怖ぇ。ツグミ。(太一くんに渡す)
太一:ハト。(心平ちゃんに渡す)うわー、痛い、痛い(飛び退く)
心平:ああ、痛っ、痛っ(ボールを手放す)
太一:全然くるじゃん。
心平:渡す前に来たよね?
太一:俺、来た、来たのよ。
心平:来たのか。
太一:来た?
心平:来た。
太一:これ、両方来たってこと?
カンペ:(もう一度?)
太一:もう、よくない?
心平:もういいね。もういいね。
太一:もうさ、スーパースローとかで、俺の変な顔とか映してよ。

ということで、スロー再生でもう一度w

二品目。

太一:うわー、なんかやだなぁ。
心平:ドキドキ系じゃん。
太一:ロボットとかの、相撲がしたいよ。これ、どうゆうこと? 僕の嫌いな風船が。。。
心平:風船だよ。


【風船時限爆弾】
セットした時間になると風船が破裂するグッズ。栓を抜くとカウントダウン開始。

今回も山手線ゲーム。お題は。。。

心平:"自分が食べたいもの"でいいですよね。
太一:自分が食べたいものね、いいですか?(栓を回して)僕からでいいですか?(抜く)ラーメン!
心平:(ジリジリ)音がちょー怖ぇ。オムライス!
太一:酢の物!
心平:・・ピザ!
太一:チャーハン!
心平:そば!
太一:(手を伸ばして心平ちゃんの前で受け取り)ゆば!
心平:(笑)豆腐!
太一:れんこん!
心平:あんこ、あんこ。
太一:よもぎ。
心平:餅、餅、餅!
太一:(バンッ)うわー。
心平:(笑)
太一:超面白い。これ、面白いね。
心平:はぁあ・・
太一:ちょっとお題が簡単すぎるからさ、あれだけど。。。
心平:そうね、お題を難しくしたらね。。。
太一:お題を難しくしたら、いけるかもしれない。
心平:もっとドキドキすると思うねw

最後の品。

太一:なに?
心平:ドキドキ?
太一:これはなにが起きるの、これ?
心平:水くせえな、これ。
太一:ああ、"ぬ"って書いてあるよ。ロシアンぬ~れっと。濡れるってことだ。


【ロシアンぬ~れっと】
8本の中からハズレをひくと、びしょ濡れになるドキドキゲーム。

2人とも"ぬーれっと"と合羽を装着。

太一:じゃ、ジャンケンで負けた方から抜いていくのね。最初はグー、じゃんけんポイ(グー)
心平:(チョキ)
太一:よし、心平ちゃんから。自分で抜いてくんだよ。
心平:(一本手を掛ける)
太一:どう水が出るのか、わかんないよw
心平:いきます(抜くも、セーフ)
スタッフ:おお。
太一:どうだった? ドキドキしてんの?
心平:けっこう怖い。
太一:怖い? どう濡れるのか、わかんないもんね。
心平:うん。
太一:正面、正面いこうかな。せーの(バキッ。boxごと外れる)
心平:(笑)そんなこと、ありえるの?
太一:なにが起きたの?w(スタッフに再び取り付けてもらう)
心平:(笑)
太一:(再装着して)これ、どっか押さえててもいいの? ここ押さえてて大丈夫? じゃ、いくよ。
心平:はい。
太一:せーの(抜くもセーフ)イエーイ。

このあと2人はハズレを引かぬまま、残り2本ずつという状態に。

太一:どんな結末が待っている?
心平:これさ、つぎ出なくて、(太一くんも)出なかったとしたら、もう出るやつしか引けないよね?
太一:(笑)そうだね。
心平:そうだよね。(感触を確かめて)あっ(別の方に持ち替える)
太一:え、わかった?
心平:いくよ、せーの(抜いてもセーフ)。
太一:えっ、そんなことある? でも、俺が(無事)取れた時点で、(心平ちゃんは水を)被ることになるからね。
心平:そうだよね。
太一:いくよ、せーの(抜いてもセーフ)。
心平:そんなことあるの、これ!!
太一:じゃ、いこうよ。絶対それなんだもん。
心平:やだよ~~、もう~~~。
太一:せーの。
心平:(抜く)ああぁぁぁ(ヘルメットから水が溢れる)
太一:なに、なに? 全然なにが起きたか、わかってないんだよ。なにが起きたの、心平ちゃん?w 俺らわかんないけど、心平ちゃん抜いた瞬間に、『あああ~』って言ってたけどw
心平:(ヘルメットの)中から出るんだよ、これ。
太一:ああ、中から出るんだ。
心平:中から出るんだよ。
太一:びしょびしょだよw ハハハ(笑)
心平:こんなことある?

太一くんはヘルメットを脱いだうえで、最後の一本を抜いて確認する。メットの中から水がダダ漏れ~。

スタッフ:おおぉ。
太一:これ、すげー戦いだったんだよ、俺らの戦い。
心平:うん。

ちょっと思ったのですが、最後の“ロシアンぬ~れっと”は人数分ないとゲームにならないですよね~。
それとも、1個を回し被りしていくんですかね~?

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2