« #190『和風ミートローフ』 | 男子ごはんHOME | #191『スープカレーと国分家&小林家の母レシピ』 »

#190トークタイム『"俺たちのオリーブオイル"作り』

◇テレビ東京・12月25日放送分

太一:さあ、今日はですね、いきなり、俺たちシリーズをやっちゃおうかな、と。
ケン:あっ、裏トーク?
太一:裏トークです。今回は、オリーブオイル。
ケン:きましたね、大きく、来ましたね。
太一:はい。

ということで、今回の俺たちシリーズは"手作りオリーブオイル"に挑戦。

太一:今回は、オリーブオイルを作ってみようと。。。(キッチンを移動)
ケン:すごい。
太一:(たくさんのオリーブの実を前に)これは、すごいなぁ。
ケン:完熟の。。。
太一:はい。ここまでにするの大変だし、この量だけでもホントにね、大変だと思うんですよ、収穫するのは。
ケン:そうですよね。
太一:では、さっそくやってみましょうか。(この実は)メードインジャパンですよ。

およそ100年前からオリーブを栽培し、国産オリーブオイルの90%を生産している瀬戸内海の小豆島。その中の、2000本以上のオリーブと120種類のハーブを栽培しているという『駅の道 小豆島オリーブ公園』さんから、11月に収穫したばかりというオリーブの実を直送していただいたんだとか。
その実を使って、エクストラバージンオリーブオイル(収穫から72時間以内のオリーブで作られ、味も香りも豊かでフルーティな最上級オイル)作りに取り掛かります。

ケン:では。(マニュアルを広げて)『果実を2重にしたビニール袋に入れる』

1.完熟オリーブを2重にした密閉袋に入れ、指で潰しながら揉む(60分程度)

太一:はい、入れましょうか。(太一くんがビニール袋を広げて、ケンタロウさんがボウルの実を中へ?)ケンタロウさん、どうなんですか、作ったことあるんですか?
ケン:作ったことないです。実際に作ってる現場もちゃんと見たこともないです。
太一:完熟したやつを使うんですね?
ケン:そうですね、油が多いんでしょうね。そして、『その外側から果実を潰す』。
太一:はい、潰す。(袋を握って潰してゆく)
ケン:このね、体温で温めながら、こう潰して揉んでくことが大事、みたいですよ。
太一:へー。
ケン:けっこう力要ります?
太一:要ります、要ります。これは時間かかりますね。
ケン:とにかく粉々に、ペースト状ぐらい。代わりましょうか?
太一:はい。

こうして、ペースト状になるまで揉み続ける2人。。。

太一:(荒い息遣いで)一時間経ちました。。。
一同:(笑)
ケン:(笑)
太一:嘘ですw
ケン:まぁ、一時間も揉むと、やっぱ油が浮いてきてますもんね。
太一:これ、そうですか? あっ、すごーい。
ケン:すごい、すごい。これ(袋の)上から撮ってもらった方がいいな。(潰れた実の下に油がたまってきている)

2.染み出たオイルをスプーンですくい、キッチンペーパーに染み込ませる
3.ペットボトルを上下半分に切る。上半分の口にそのキッチンペーパーを差し込み、口を下にして下半分にセットする(=ろ過装置)
4.潰したオーリブの果肉をペットボトルのろ過装置に入れる

ケン:なるほど。こうしてろ過してゆくと。
太一:ちょっと時間かかるかもしれないですね。
ケン:そうですよね。それで最初に(←料理の前に)やってんのか。
太一:すごい、ほら(手に油で)ボディビルダーみたい。
ケン:好きなネタじゃないですかw
太一:『キレてるっ』
ケン:(笑)すごいですね、この油分が。
太一:こんなに出るんですねー。いやー、びっくり、驚き、うれしい、今日、オリーブオイル作れて。
ケン:おっ、(下半分にろ過されたオイルが)出てきたっ。
太一:あー、キタ、キタ。エキストラバージンオリーブオイルですよ、これ。
ケン:うわー、いい匂い。
太一:いい匂いですね。最高じゃないですか、これ。今日、使えるんじゃないですか、なんかに?
ケン:そうですよね、このまま食べられるってことですよね。これ、ずっと見てて今日終わりでも。
太一:ずーーと見てられるw あと、あの子がいれば(お辞儀の格好をする)
ケン:わかる、"水飲み鳥"ね。

(このあとはミートローフ作りに入り)オリーブオイルがたまったところで。。。

太一:なるほどー。
ケン:けっこう出てます。いま2層に分かれてるじゃないですか。
太一:はい、はい。
ケン:下(の濃い色の部分)は果汁、オイルではないってこと。
太一:はい。じゃ、この上の部分だけ?
ケン:これしか食べられないの?
太一:少ないんだよ、やっぱり、この量。

じつはオリーブ1kgから採れるオリーブオイルはわずか100mlなんだとか。

5.下に沈んだ果汁をスポイトで取り除く

ケン:また地道な作業だな。
太一:地道な作業。大変なんですね、オリーブオイル作るの。
ケン:大変ですよねー。

6.果汁を取り除いたら、容器に残ったオイルをスポイトで採ったら完成

太一:いやー、少ないよー。
ケン:少ない。
太一:きました、"俺たちのオリーブオイル"。(ラベルを貼り)完成。
ケン:使いかけみたいですねw
太一:(笑)ちょっとテイスティングしてみます?
ケン:みましょうよ。
太一:いただきます(パクリ)うわー、おいしい、おいしーい。
ケン:これはおいしいですね。これは(手作りを)やった方がいいかも。
太一:ちょっと舐めただけでも、プワーって。
ケン:これはうまいわ。ちょっとしたソースですよね、もう。
太一:ソースです。ちょっとなんか、使いますか?
ケン:ちょっとブルスケッタに、使いますよ。
太一:いいですねー。

ということで、付合せのブルスケッタ作りに?。

いやー、オリーブオイル作り、大変なんですねー(><)
オリーブの実を手に入れるのも大変そうですし、やっぱ買っちゃうのがお手軽!?w

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2