« #189『日本で出来る"ケンタロウ流 本格ナシゴレン"』 | 男子ごはんHOME | 文化包丁の買い替え♪ »

#189トークタイム『バリ島土産、公開』

◇テレビ東京・12月18日放送分

先週までのバリ島SPでのお土産をご紹介。
まずはホームセンター「DAPUR PRIMA(ダポールプリマ)」で、それぞれ購入したキッチングッズ。

太一:さっそく用意しました。
ケン:こうやって見るとかわいい。
太一:かわいいですね。

そこには、ヤカン・鍋・青い計量器・お玉・緑色の皿・おろし金・

ケン:日本に持って帰ってみると、またグッとかわいく見える。もっと買っておけばよかったとよく思います。
太一:もっと買った覚えがあるけど、こんなもんなんだ。これ(ヤカン)もかわいいもんな。
ケン:なんで、俺、こんなにお玉買ったのかなーって?w
太一:(笑)いや、一番最初に相当買ってましたよ。(実際に)使いましょうね。
ケン:はい。それ(青い計量器)ホントかわいい。サイコー。

つづいて、2人が伝統的な染物『バティック』で作った"俺たちのランチョンマット"。
果たして、その仕上がり具合は?

太一:さっそくですね、完成されてるんですけども。(目の前には箱2つ)
ケン:ちゃんと届いてて、すごいね。
太一:はい。ただ、様子、見たいじゃないですか、途中の様子?
ケン:途中どうなったのか、ね。
太一:はい。見ていきましょう。(写真が掲示)
ケン:あれ?右の俺の?
太一:龍は?
ケン:え?俺、すっごい描いたよね、えっ?
一同:(笑)
太一:龍がない。
ケン:太一くんの。。。
太一:僕の絵、出てますよね。
ケン:えー??これが、あれでしょ(このあと)きれいになるって話なんでしょ?
太一:いや、そう、そうであって。。。
ケン:えー??
太一:さあ、ということで。。。
ケン:ちょっと不安ですよね。
太一:完成されたものがあります。(ケンタロウさん)不安ですよね。僕のもちょっと薄いんで、心配は心配なんですけど。
ケン:えー、あれ。。。
太一:じゃ、いきましょう。ボックス、オープン。
ケン:あっ。
太一:おー。きれいに出てる。
ケン:出てるっぽい。
太一:じゃ、ちょっと(マットを手にする)。
ケン:いい色。
太一:いい色、柔らかい。触り心地もいいよー。(ケンタロウさん)出てるじゃないですか、龍の部分。
ケン:よかったー。
太一:(自分のを広げて)かわいい。
ケン:おっ、いいじゃん。(自分のも広げて)あ、いいよ。よかったよー。
太一:かわいらしい。
ケン:いいじゃないですか。でも、思ったよりは薄いです(笑)
太一:(笑)いいじゃないですか。
ケン:すごいですねー。
太一:俺たちのランチョンマット。
ケン:いい色。これは大変だったでしょうね、何回も染めないと、この色には。。。
太一:ねえ、これ、使いましょうよ。
ケン:使いましょう。

仕上がりでも"龍"が消えてたら面白かったのに(^^
太一くんが絶対いじりまくりますよね、ケンタロウさんを。
太一くんの"太陽"も、下絵時よりもサマになってましたね♪

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2