« #172『本格ベトナム料理 フォーガー&生春巻き』 | 男子ごはんHOME | #173『スパイシーメキシカンプレート』 »

#172トークタイム『ベトナム・スイーツ』

◇テレビ東京・8月21日放送分

太一:今日の料理がベトナム料理ということで、ベトナムの珍しいお菓子を紹介したいなと思います。
ケン:はい。

ということで、ベトナムで食べられているスイーツをご紹介♪
まずは一品目。

太一:おっ、可愛らしい。羊羹とか。。。?
ケン:ほー。
太一:(匂いを嗅いで)チョーうまそうな匂いしますよ。
ケン:うおー。
太一:なんの匂いですか?
ケン:洋菓子っぽい匂い。
太一:キャラメル? の匂いじゃないですか、違う?
ケン:ちょっと食べてみましょうか。
太一:いきましょうよ。(手に取り)あっ、パサパサ。。(形が崩れる)
ケン:(笑)
太一:そんななのw
ケン:水気ないかんじですよね。
太一:いただきまーす。(パクリ)う〜ん(ー.ー)きな粉?
ケン:粉が集まったもの、みたいな。。。
太一:和菓子みたいな。
ケン:ね、和三盆みたいな。
太一:はい、はい。

banhdau.jpg
【バイン・ダウサン】
蒸した緑豆を裏ごしして、砂糖と一緒に練り上げた伝統的なお菓子。

太一:もったりしてるのは、裏ごししたかんじの。。。
ケン:ちょっとナッツぽい風味もあって。
太一:和服でも合いそうな味ですもんね。
ケン:合いそう。お茶うけにもいい。

つづいて、二品目。

太一:うおー、この色はどうやって出したんですかね?w
ケン:これ、ブラックライトで光りそうだもんねw
太一:あ、ちょっと固い。お餅みたいな。。。
ケン:ちょっとういろうみたいなかんじ。。。
太一:これはアメリカが作りそうな色ですけどねw
ケン:ホントに。(包丁を入れていくと)あ、中から出てきたよ。
太一:(匂いを嗅いで)あー、なんかね。。。こんな匂いの消しゴム持ってました、俺w
ケン:あぁ。
太一:(パクリ)うわー、なんかね、この匂いの味ですよね?
ケン:うん、そうなの。
太一:中はもったりしてる、白い部分が。
ケン:ちょっと白餡みたいな、もったりさですよね。

bahncom.jpg
【バイン・コム】
若い緑色のもち米(緑米)で緑豆の餡を包んだお菓子。若い米を使うことから結婚式などで出される。

太一:紅白饅頭的なかんじなんですかね?
ケン:そういう、めでたいモノなんでしょうね。
太一:天然の、
ケン:色だとしたら、すごい。
太一:すごいですねー。知らないですね、こんなお菓子があるって。
ケン:知らないねー。

最後の品は。。。

太一:うわー、こわいよぅ。(缶が出てくる。缶の絵を見て)あ? なんの豆ですか?
ケン:あーー、これ、なんだっけなぁ?
太一:甘そうには見えないな。
ケン:えーとね、タマリンド?
太一:あ、(TAMARINDと)書いてあります。
ケン:書いてあるしw
太一:(笑)いま、言われたら、書いてあるな、と思ってw 知ってるんですか?
ケン:全く味ってのは想像できてないですね。絶対、これ(スタッフが)最後に持ってきてるわけですから。。。
太一:すごいですよね。。。
ケン:なにか。。。
太一:何色なのか、読めないですね。
ケン:読めないね。
太一:これで、すっげー鮮やかな緑がでてきたらどうします?
ケン:(笑)門出を祝うしかないですねw
太一:なんとなく、茶色のものが出てきそう。(缶を開け、コップに注ぐ)
ケン:あー、おっ、まあね。思ってたよりも濁ってますね。
太一:濁ってますね。おままごとごっこのときの、、、
ケン:うん、うん、ですね。
太一:ジュースみたいですね。(ゴクリ)あーー、美味しい♪
ケン:全然美味しい、プラムジュース(みたい)。
太一:あと、なんかアセロラ感覚でいける。


【タマリンド・ドリンク】
マメ科の植物で果肉は酸味料として用いられるタマリンド。ベトナムではジュースやスープに入れることが多い。

太一:見た目はちょっとどうなのかなって思いましたけど、味はサイコーです。
ケン:よかったですね。今日は割とよかった。
太一:ホントですね。やっぱ、こう東南アジア系の料理を作ったときは、お菓子も紹介するっていいですね。
ケン:それ、いいですね、はい。

タマリンドって聞いたことあるなー。なんでだろ? 前にバンコクに行ったときにでも聞いたのかな!?

今回のベトナム・スイーツ、ナチュラル系中心でなかなか良かったかんじですね(^^

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2