« #139『ペンネアラビアータ&モッツァレラチーズのフライ&ほうれん草とオリーブのサラダ』 | 男子ごはんHOME | #140『新春おつまみスペシャル』 »

#139トークタイム『手作り豆板醤』

◇テレビ東京・1月9日放送分

太一:さあ、ケンタロウさん、2011年一発目の"俺たちシリーズ"です。
ケン:おっ。
太一:きました。
ケン:長期モノ?
太一:はい。今回ですね、「俺たちの豆板醤」(^^) 聞いてください、♪〜俺たちの豆板醤(ギターを弾く格好)w
ケン:(笑)
太一:作りたいな、と思います。
ケン:バーンとイタリアンでさ、始まったじゃない、今年。。。

ということで、イタリアンとは全く関係ありませんが、手作り豆板醤に挑戦♪

太一:えー、そら豆を使うんですね、知らなかった。
ケン:はい。
太一:さっそく、じゃあ、豆板醤作っていきましょうか。
ケン:うれしいな、豆板醤作れるの。(メモを見ながら)今回は手書きだよw

[材料]
そら豆:1袋(約150g)
米麹:15g
七味唐辛子:10〜20g
塩:20g
俺たちの味噌:大さじ1
お湯(40度以下):大さじ1.5

1.そら豆をサヤから取り出し、皮ごと12分ほど蒸したら、フードプロセッサーへ。

太一:なんか『気持ち粗めにすると、風味が豆豆します』って書いてありますよw
一同:(笑)
太一:俺らの真似してきましたよw
ケン:きたね、風味がまめまめしますってw
太一:どのくらいの量(の豆板醤が)出来るのか、心配ですねー。
ケン:ね? ポン酢の前例があるんでw

2.皮ごとプロセッサーにかける。

ケン:もうちょい(長くかけるべき)ですね。うわー、豆豆しい匂いだw
太一:ホント、すごい。

3.少し粒が残る程度まですり潰したら、ボウルに移す。七味唐辛子を加える。

ケン:これ、全部入れていい? 七味なんだ?
太一:うおー、すごい。

4.塩・米麹・お湯・味噌を加え混ぜる

太一:すごいですねー。
ケン:すごいですねー。
太一:僕らが知ってる色じゃないですね、やっぱり。
ケン:まだね。
太一:まだ、若い。
ケン:楽しみだな。
太一:3ヵ月から半年待つみたいですね。
ケン:大分先ですね。
太一:大分先ですよ。でも(完成したら)麻婆豆腐やりたいですね。
ケン:麻婆豆腐? 第三弾!
太一:あとなにありますかね?
ケン:なにありますかね?
太一:辛いそばってのは?
ケン:あー、いいですね。
太一:半年なんて言ったら、6月か。ちょうど夏に向けてですね。
ケン:辛いそば、やりましょうか?

5.瓶に詰めたら仕込みは完了。

太一:1ヵ月後、一度底からかき混ぜるみたいです。酸素を入れるんですね。
ケン:なるほど。じゃ、これで。
太一:はい。
ケン:ラベルを。すごいなー。
太一:俺たちの豆板醤、出来上がりですよ、これで。
ケン:ねー。
太一:3ヵ月から半年待ちますけども、(ラベルを瓶に張る)とりあえず待ちましょう、これで!
ケン:はい。
太一:いい雰囲気だな。いいですね、これ。

冷蔵庫などで約半年熟成させれば完成!

豆板醤、けっこう簡単ですねー(^^
(太一くんじゃないですが)豆板醤と言うだけに"豆"を使ってるとは思ってましたが、そら豆だとは知りませんでしたw

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2