« #122トークタイム『奄美大島の知られざるドリンク』 | 男子ごはんHOME | #123トークタイム『変わりダネ・ニンニク商品』 »

#123『ヤンソンさんの誘惑&れんこんとチキンのガーリックトマト煮』

◇テレビ東京・男子ごはん9月12日放送のレシピ

■ヤンソンさんの誘惑(3〜4人分)
 じゃがいも:4個、玉ねぎ:1/4個
 アンチョビ:5〜6枚
 a おろしにんにく:少々(BB弾2個分)
   生クリーム:1カップ、塩:2つまみ
 バター:適宜、オリーブオイル:適宜

■れんこんとチキンのガーリックトマト煮(2人分)
 れんこん:1節、鶏モモ肉:1枚
 にんにく:4〜5片、ホールトマト缶:大1缶
 オリーブ油:適宜、バジル(ドライ):小さじ1
 塩・こしょう:各適宜

[作り方]
●ヤンソンさんの誘惑
1、じゃがいもは皮をむいて太めの千切りにする。玉ねぎは縦薄切りにする。
2、aを混ぜる。アンチョビは刻む。
3、グラタン皿をサッとぬらし、じゃがいも、玉ねぎを入れる。アンチョビを全体にちらし、aを回しかける。バターをちぎって全体にちらす。
4、200℃のオーブンで35〜40分くらい様子をみながら焼く。表面が焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて焼く。じゃがいもに竹串が通ったら最後にオリーブオイルをかけて出来上がり。

●れんこんとチキンのガーリックトマト煮
1、レンコンは皮つきのまま一口大の乱切りにし、酢水(分量外)に3分さらす。鶏肉は余分な脂身を取り除いて一口大に切る。にんにくは木べらで潰して皮と芽を取り除く。ホールトマトはキッチンバサミでザクザク切る。
2、フライパンを熱してオリーブ油をひき、にんにくを弱めの中火でじっくり炒める。焼き色がついたら取り出す。

【Kentaro's Point】
1つずつ食材を炒めることで、しっかりと焼き目が付けられる。
また、それにより煮込んだときに風味とコクが増す

3、続いて水気を切ったれんこんを加えて強火で焼く。全体に焼き目がついたら取り出す。
4、続いて鶏肉を入れて強火で焼く。両面にしっかり焼き目をつけたら2、3、ホールトマト、バジルを加えて混ぜる。蓋をして強めの中火で5分煮る。味をみながら塩、こしょうでととのえる。オリーブオイルをかける。

コメント

「れんこんとチキンのガーリックトマト煮」作りました〜簡単〜ラク〜で、美味い。最初はレンコンとトマトの組み合わせにどうも納得がいかなかったので、レンコンを控えめにしたのですが、これは失敗でした。トマト煮のレンコン、美味い。次からはレシピどおりに入れます。ホント、簡単だし、ボリュームあるし、忙しい日にはお勧めですよ。うちの連中は、ご飯にかけて食べてました(^^ゞ。ヤンソンさんには近々挑戦します〜

Susieさん、たびたびありがとうございます。

そうそう、私もこれは挑戦したいなーと思ってるんですよ。
男の一人暮らしで、レンコン料理ってあまりピンとこないから、観たとき「これだー」って思いましたw

ちょうど材料がそろっていたので「ヤンソンさんの誘惑」をつくってみました♪
…これだけで食べるものじゃないですね。クリームだけどさっぱりした味で、なんだか寂しい食卓になりました(^_^;)
「れんこんとチキンのガーリックトマト煮」の濃い〜味と一緒に食べたらお互いの良いところを引き出しあってくれるんだろうな〜と思いました。

ちぃさん、こんにちわー。

>クリームだけどさっぱりした味で…
へー、そうなんですねー。
たしかに、材料だけ見たら、肉か、魚(鮭とか?)が欲しいところではありますねw
「れんこんとチキンのガーリックトマト煮」は付合せじゃなくてメインでもいけそうだなーと思っていたのですが、そういう理由だったのかw

こんにちは。

ヤンソンさんの誘惑で使用していた茶色のグラタン皿を探しています。販売しているところ、ご存知でしょうか?

のかぜさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

あのグラタン皿、よい雰囲気でしたよねー(^^
ちょっと探してみたのですが、やはり見つかりませんでした。
陶磁器系はかなり見つけだすの難しいんですよねー。
お役にたてず、すみません。

私は今日挑戦しようと思います!!
特にレンコンとチキンのガーリックトマト煮です。

youkoさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

>私は今日挑戦しようと思います!!
いかがでしたか?
私も"レンコンとチキンのガーリックトマト煮"はよく作ります。
"ヤンソンさんの誘惑"は、北欧家具のIKEAでも食べられるらしいんですよね。この前、行ったら売り切れでしたがw

コメントを投稿

男子ごはんの本


「その5」以降にはケンタロウ・レシピはありませんので、それをご希望の方は「その4」以前を♪

ケンタロウ


ケンタロウさんの料理は簡単かつガッツリと食べられて、まさに"男子ごはん"(笑)
mbanner_s.jpg

スポンサードリンク

Powered byMovable Type 3.2